京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】
京都嵐山の料亭旅館『渡月亭』の主人が、不定期に渡月亭はもちろんのこと京都・嵐山の情報を御贈りいたします。京都・嵐山観光やご宿泊、結婚披露宴などのお祝い事や、ご法事などのご会食に最適な料亭旅館 【KYOTO RYOKAN ONSEN】
新人営業課長・初めての化野念仏寺
沢山の石仏がある事だけしか知識がなく今回初めて化野念仏寺千灯供養へ行かせて頂きました。
8月23日・24日の両日、当亭より念仏寺へお送りを行っており、行きは便乗させてもらいました。
車内では営業部長の説明に耳をかたむけ『なるほどなるほど!!』とききいっている内にあかりが見えてきました。
ほんの10分程で到着。

看板 ちょうちん

念仏寺への通路でまず目についたのは地元の小学生他・地域の方々が作った灯篭が多数並べてあり、京の夏を代表する五山送り火を描いてあったり、『ありがとうと言えますか、ごめんなさいと言えますか』などの言葉が描かれてたり、とても上手に作られてました。
ふと昔の地蔵盆を思い出してなつかしい感じがしました。

02 04

05 18

そして念仏寺へと続く階段をのぼり協力金を払って寺内へと進みました。

06 07

そのうち、お墓がずらりと並んでいて、その横を通る時は少し恐怖を感じましたが周りに多数の方がおられ助かりました。(一人だったら無理だったかも?)
通路を進んでいくと蝋燭の灯りが見えてきました。

08 09

『千灯供養』まさに千の灯です。
スタッフの方から『火のついた蝋燭から火を受け継ぎ、なるべく灯のない所へ置いて下さい。』とアドバイスを受け無縁仏の石仏に手を合わせてきました。

無縁仏の一帯に入る手前に貼り紙があり思わず足が止まってしまいました。

10 11

何げない日々の行動の中で気付かぬ内に出ている自分の姿を教えてもらった感じがしました。

帰路はバスに乗るつもりでしたが少し時間があったので散策している内にバスの時刻がすぎてしまい結局歩いて帰る事にしました。
お盆もすぎて夜の風が気持ちよく全く苦に思わずに歩けました。
帰り道もずらりと並ぶ灯篭が続き、大きな亀と龍の灯篭も迫力がありました。

14 17

15 16


残念ながら暗く有名所のお寺が全くわからず再度涼しくなったら昼間にチャレンジしてみたいです。

所要時間は約45分の道のりでした。

嵐山・嵯峨野地区は若葉マークの初心者ですが、どんどん自分でまわってみて、今後のインフォメーションに役立てていきます。
今まで行った事がないのに知っているかのように説明していて大変申し訳ございません。
まずはご質問の多い所ですが足を運びしっかりした案内ができるよう務めてまいります。

営業課長

去年の化野念仏寺・千灯供養の様子

↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
  渡月亭HP
スポンサーサイト

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

copyright © 2005 京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.