京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】
京都嵐山の料亭旅館『渡月亭』の主人が、不定期に渡月亭はもちろんのこと京都・嵐山の情報を御贈りいたします。京都・嵐山観光やご宿泊、結婚披露宴などのお祝い事や、ご法事などのご会食に最適な料亭旅館 【KYOTO RYOKAN ONSEN】
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年 桜情報 Ⅳ
本日より嵐山では桜のライトアップがおこなわれております。

夕闇の中に浮かび上がる桜の花に心はすでに春爛漫、夜風はいまだ肌寒く春を体感するには、あともう少し・・・。

そんな夜の嵐山の今をお伝えいたします。

枝垂桜 枝垂桜アップ
↑毎回お伝えしております中ノ島公園の枝垂桜です。現在7分咲き、週明けぐらいからが見頃になりそうです。

松風閣前
↑弊亭の松風閣の前の桜の様子です。いつもながら手の震えが・・・。

松風閣桜全景
↑HPでも使用しております松風閣の桜の頃の写真です。この様子はぜひとも生で見て頂きたく思っております。あと少しでこのような景色の中でお食事を楽しんでいただけます!

また、ご宿泊につきましても直前でキャンセルが出ている日がございますので075-871-1310もしくはe-mailでお問合わせ下さいませ。

明日から4月!春本番を前に胸が高鳴る若主人でした。

↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
渡月亭HP
スポンサーサイト

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

届いたものは・・・
待ちに待った見本誌が届きました!
さてさて、中身の方はと・・・
表紙 記事
↑表紙はこちら! ↑1/2ページ分とって頂きました!上のほうにこっそり総料理長の顔が・・・本人は大変恥ずかしがっておりますが雑誌に載っちゃいましたのでブログにも載せちゃいました!

こうして取材をしていただいて掲載していただけるということは本当にありがたく感じております。
弊亭に力をかしてくれている一人一人のスタッフの努力が報われてきていることにうれしく感じ入っております。
また、本や雑誌を見て来てくださったお客様のご期待を裏切らぬように気合を入れ直してがんばろうと思っております。

月末は事務仕事が多くて連日PCと睨めっこでクタクタですが、見本誌を見て元気が出てきた若主人でした。

↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
渡月亭HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

2007年 桜情報 Ⅲ
昨日の冷たい雨もどこへやら、今日はとても暖かい日差しで桜も目覚めそうな嵐山から3度目の桜情報をお伝えいたします。

中ノ島公園の枝垂桜の情報から・・・
枝垂桜全景 枝垂桜アップ
↑逆光で見ずらいのですが、いつものアングルで撮りました。つぼみも膨らみはじめておりますが見ごろまでにはもう少しかかりそうです。


公園内桜 公園内桜アップ
↑中ノ島公園内の通称たいこ橋と呼ばれる橋の近くの桜が一本だけ咲いております。この桜だけは、ほぼ見ごろに近い状態です。


公園外 公園外アップ 公園外 土筆
↑中ノ島公園の近くの桜も咲き始めました。 ↑そして土筆も!


市場
↑こちらは嵐山ではなく京都中央卸売市場の中の桜です。見事に咲いております。携帯電話の写真ですので・・・あしからず。

日ごとに嵐山にも春の足音が聞こえてまいりました!今週末には見ごろを迎えるのではないでしょうか?また週の中ごろにも報告させていただきますので、待っていてくださいね。

ようやく花粉症も落ち着き春の陽気と桜に惚けたい若主人でした。

↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
渡月亭HP
安土桃山の香り
昨晩は食育事業の集まりがあり21時から街中の近又さんにおじゃましました。
近又さんのご主人は私が尊敬する大先輩のお1人です!
こんな時間にもかかわらずお茶とお茶菓子まで出していただいて、ありがとうございました。
10名ほどが集まり2時間半ほどアツく語り合われ私のような若輩者には会話の内容を追うだけで必死でした。

そして今朝は以前報告させていただいておりました嵐山楽市楽座の初日でございました。
急遽、私もかりだされ安土桃山時代の庶民の衣装をまとい舟に乗り弊亭の昆布と蕗の佃煮を販売させていただきました。

天気予報は芳しくなかったので気をもんでおりましたが、そんな杞憂も何処へやら、晴天に恵まれました!

今年で2年目になるイベントですが、やはり1年目よりは2年目!お客様も、催し物も増えて内容の濃い物に仕上がっておりました!

しかも偶然に取材に来ておられたTV局(KBS京都かな?)にも取材をしていただき縁起の良い始まりとなりました。そのTVのタレントさんは京都が誇る地元出身タレント森脇健二さんでした。

それでは楽市楽座の模様を写真で紹介させていただきます。
準備風景① 準備風景② 準備風景③
↑朝の準備風景です。          ↑弊亭のお土産船です。

船内より① 船内より②
↑船に乗り込み岸の様子を・・・船がたくさん係留してあります。


水面 船内より眺める渡月橋
↑日差しはとても暖かいのですが、水面をすべる風は、いまだ冬の面影が残っております。船尾の向こうには渡月橋が・・・。


田楽船 大番頭
↑本日の目玉!?の田楽船です!真ん中に居られる方が車折神社の宮司さんです。その右脇には役者に転向した!?弊亭の大番頭が・・・。大番頭のたっての願いで写真公開です!似合っているでしょ?

若主人
↑私は恥ずかしいのでこの距離で!?右の方は弊亭のお隣の旅館『花筏』さんの営業部長さんです。勝手に載せちゃって怒られるかも・・・?

明日は天候が怪しく心配な若主人でした。

↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
渡月亭HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

実感
去年の7月にブログを開設いたしまして、出来るだけ2~3日に1回の更新を目標にやってまいりましたが、いつも一方通行の報告ですので本当に読んでいただいているのか実感が持てずに空しくなったりもしていたのですが、つい先日、アンケートに『ブログ読んでますよ』と書いていただいたお客様がおられ、なんだかうれしくなってしまいました!!
そのうえ『フロントのカウンターにいた若い男性は若主人でしたか?』とも書いていただいておりましたが、残念ながら、その時のフロント係は私ではございませんでした・・・。申し訳ございません・・・。

こういう一言をいただきますと俄然更新意欲がわいてまいります!
本当に嬉しいお言葉でした!!!ありがとうございます!

ちなみに、その時のカウンターの男性は3月10日の保津川下りの川開き 2007を投稿してくれたフロント係のN.M君でした。
※よくがんばってくれる弊亭自慢の男の子です!

また次回!?お目にかかれることを期待して、お待ち申しあげている若主人でした。

↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
渡月亭HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

2007年 桜情報 Ⅱ
暖冬かと思えば、このところは寒の戻り!?なのか底冷えのする京都は嵐山からの桜情報第2弾です!

最近は、日差し自体はとても暖かく車に乗って日差しを浴びますと、とても心地の良い日が多いですが、愛宕おろしの吹きつけを体感させられるのと本当に寒い・・・その一言です。

前回もお伝えいたしましたが、ほんの少し前までは小春日和が続いておりましたので勘違いして早咲きした桜と河津桜を紹介させていただきました。
知人曰く、この桜たちも咲いた後の気候を考えると『先走った!』と後悔しているに違いない!
同感同感と聞いておりましたが、こんな寒い中、早咲きの桜がっ!
01 02
↑この桜は嵐山のお隣の松尾にあります松尾大社さんの脇で見つけました。

03
↑いつもながら手ブレがひどくちゃんと撮れませんでした・・・。

それでは本題の嵐山の桜の開花状況です。
01 02
↑渡月橋脇の中ノ島公園内の一番きれいな枝垂桜の様子です。つぼみは色づき始めておりますが、開花にはもう少しかかりそうです。

01 02
↑枝垂桜のすぐ脇には梅の花が咲いております。
梅もなかなかのものですよ!

毎日愛宕おろしに吹きつけられながら、春を心待ちにしている若主人でした。

↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
渡月亭HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

大番頭のひとり言 その九
大本山大覚寺 大沢池の古代蓮

水緩む頃、心もほんのりほころんで思わず出掛けてみたくなるようなことがある。
一昨日はそんな暖かい日だった。

京の洛西随一の名刹、旧嵯峨御所大覚寺の大沢池に昨年の夏『古代蓮』の花が咲き参拝の観光客の人々を楽しませてと聞いて大覚寺へ。

『古代蓮』がよみがえった大覚寺の大沢池は嵯峨天皇が中国の洞庭湖を模して造った日本最古の人造湖である。

池には天神島・菊が島と庭湖があり、この『二島一石』の配置は華道『嵯峨御流』の基本形となっているのだそうです。

昔、大沢池には『古代蓮』が沢山あったようですが、生態系のバランスが崩れたのか『古代蓮』は絶滅したと思われていた。
大沢池に中国から移植された草魚が増えて、古代蓮が土より芽を出すと草魚が食べてしまうのも原因の一つであったようです。

大沢池の整備が研究家を交えて本格的に行われ草魚も間引かれた結果、『古代蓮』の球根は残っていて芽を出し花を咲かせた。

長き年月、土の中でじっと耐えてきた『古代蓮』にたまらないほど愛しさを感じる。
今年の夏は、その花が見られると待ち遠しくてワクワクしてしまうのは私だけでしょうか。

大番頭

↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
渡月亭HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

器供養
先日、器供養を行いました。

近くのお寺の老師にお越し頂いて、お経を上げて頂き、従業員一同祭壇に向かいました。

器も人の人生と同じで大活躍してくれて大往生するもの、志半ばで使えなくしてしまったものなど、色々です。
そんなすべての器に感謝。

看板 祭壇
↑こんな感じで毎年供養をさせていただいております。

たくさんの人、物に支えられ自分たちが存在していることを日々感じております。
本日はニセ小坊主!?若主人でした。

↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
渡月亭HP
WaSaBi
ご報告が遅れましたが、3月の7日に発売になりました『WaSaBi』の4月号に弊亭の松風閣を取り上げていただきました!

01 02
↑表紙です     ↑ここに載せていただきました。

WaSaBiのスタッフのみなさん本当にありがとうございました!
WaSaBi(和沙美)HP

今の暮らしをもう少しだけ楽しみたい、毎日の暮らしにアクセントを、と考えるアクティブな女性にむけたライフスタイル誌が『WaSaBi』・・・男でアクティブでもありませんが僕も読ませていただきました。恐縮です!?内容は男でも楽しめた若主人でした。

↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
渡月亭HP
保津川下りの川開き 2007
本日、保津川下りの川開きが行われました。

保津川下りは亀岡から嵐山までの約2時間、船頭さんが巧みに船を操る姿や、嵐峡の大自然を体験できる嵐山の観光のひとつです。
保津川は材木の運搬を主目的に慶長11年に角倉了以によって水路として整備されました。
道路整備が進むと共に水運としての役目は終え、明治28年頃から遊船として現在に至っております。(保津川下りHPより抜粋)

毎年、川開きの日には弊亭にも声をかけていただき、乗船させていただいており、今年はフロント係の僕と接客係の2人で行かせていただきました。

船の上から見る嵐峡の渓谷はとても雄大でその間をゆっくり、そして時に急流をすり抜けていくスリルは『保津川下り』でないと体験できないと感じました。
ただ、今日の川の風はいまだ冷たく上着を着込まないといけませんでした。
しかし、これからの暖かい桜の頃の季節にはオススメです。

去年の夏には不幸な落石事故があり、その回避策として途中で下船し危険場所を迂回して再度乗船といった方法をとられておりましたが、その対策も出来たようで、面倒な上下船もなくスムーズに楽しむことができました。

最後になりましたが今日から東山の花灯路も始まっております。ご興味のある方はぜひ!

保津川下りHP
京都・東山花灯路2007

フロント係 N・M

↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
渡月亭HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

copyright © 2005 京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。