京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】
京都嵐山の料亭旅館『渡月亭』の主人が、不定期に渡月亭はもちろんのこと京都・嵐山の情報を御贈りいたします。京都・嵐山観光やご宿泊、結婚披露宴などのお祝い事や、ご法事などのご会食に最適な料亭旅館 【KYOTO RYOKAN ONSEN】
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新緑の宝厳院
新緑映える初夏の嵐山から・・・

天龍寺塔頭『宝厳院』にて、期間限定の青もみじ鑑賞企画のお知らせです。

宝厳院

拝観日時:6月10日(日)~22日(金)
拝観時間:午前9:00~午後5:00(午後4:30受付終了)
 拝観料:大人500円 小・中学生300円

お問合せ:宝厳院(075)-861-0091

この秋に嵐山に来られる、または、以前秋の嵐山に来られた方におすすめしたく紹介させていただきました。

あふれる生命力を持つ新緑、秋に衣をかえる青もみじ。
秋に紅葉するもみじ、そのまま愛でても充分に美しいのですが、紅葉する前の青もみじを体感していれば更に感慨深く目に映るはず。

もみじに限らず、物・事は見たままではなく、その背景や経緯を知ってこそ味わいあるものに変るはずです。

そして、その経験を積み重ねれば、おのずと今まで見えていなかったものが見えてくるはずです。

数ある京都の見所に次々と訪れるのも楽しみの一つですが、一度訪れた場所にもう一度・・・以前とは違う感覚で貴方の目に映るはずです。

都人の心の機微や、過ぎ去った時間の中に埋もれてしまった歴史の息吹。
それを楽しめるようになれば貴方の京都探索の奥が広がることは間違いありません。

京都・嵐山の風を感じ、耳を澄ます。新しい発見はそこから始まります・・・若主人でした。

↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
渡月亭HP
スポンサーサイト

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

お客様の声 2007年4月分 その③
お客様の声 4月分の3度目の掲載です。

<匿名のお客さま>
大浴場にあるシャンプーがよかった。
くつ下が用意されてあり、心配りがいいなと思いました。
静かな所でゆっくりでき満足です。
仲居さんが話しやすく上品な感じの方でよかったです。
新婚旅行のいい思い出になってよかったです。
1泊だけでしたがありがとうございました。
部屋に生花があり入った時の雰囲気がとてもよかったです。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 ともこ 

<後藤さま>
夕食がとてもおいしく満足しました。
20年前と変らぬサービスでした。
ありがとうございました。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 ともこ

<匿名のお客さま>
誕生日ケーキをお願いした所、とてもおいしいケーキを用意して頂きました!!
楽しく思い出深い旅になりました。
本当にありがとうございました!

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 あつこ

<匿名のお客さま>
母の誕生日のお祝いにと招待しました。しにせのよさがでていて料理・接客すべて大満足です。母も、とても喜んでくれ、うれしかったです。
又、紅葉の頃来たいと思います。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 ひさえ

<深野さま>
おちついていて良かったと思います。
秋に母親と京都旅行を予定しているので、また来たいと思います。
直指(お部屋名)から外のながめがいいです。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 れいこ

<喜反名さま>
孫が発熱し皆様に親切にしていただき感謝申しあげます。
機会がありましたら、また伺います。
その節はよろしくお願いします。
ありがとうございました。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 あゆみ 

2007年4月分の『お客さまの声』はこれで最終でございます。
6月に入りましたら5月分の『お客さまの声』を掲載しようと思っています!
アンケートにご協力いただきましたすべてのお客さまにっ!
ありがとうございました!

本日、棚卸の表も完成し一安心の若主人でした!

↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
渡月亭HP
たびえーる
だいぶと報告が遅れてしまいましたが、『まっぷる』さんが創刊されている『たびえーる』6・7月合併号の東海版と関西版に弊亭を取り上げていただきました!

表紙
↑これが東海版と関西版の表紙です。

記事内容
↑記事内容はどちらも同じで、1ページを割いていただいております。

今年に入って早くも8度目のメディア掲載です!
『たびえーる』のスタッフの皆様、本当にありがとうございました。

これに奢ることなく地道に頑張って行こうと兜の緒を締めなおす!?若主人でした。

↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
渡月亭HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

初夏の日差しに・・・
弊亭はちかじか『KES』の更新を迎えます。
KESがなにかわからない方はこちら

そんな中、新年度のKESの課題の1つであります地域の清掃を行いました。
当初は弊亭の目の前にある『中ノ島公園』のゴミ拾いを行う予定でございましたが、松風閣の前に行きますと草が気になりだし、結局のところ地域の清掃というよりは、弊亭『松風閣』前の草むしりと相成りました。
01 02
↑営業部長と営繕さん。 ↑手前から大番頭・総務次長・調理部副部長・調理部長と弊亭で二番目の永年勤続者であります女性です。

03 04
↑奥の方のアップです。 ↑接客部の若いスタッフと中番のベテランのスタッフです。

思いのほか根が強く手こずりましたが、約1時間でゴミ袋4袋ほどを引き抜きました。
天気も良く、尚且つキレイになり清々しい気持ちでした。

嵐山の地域清掃におきましては『えびす屋』さんが毎朝して下さっていて、いつも本当に感謝しております。

我々も毎日とは行きませんが、せめて1ヶ月に1回はするようにしていきたいと思っております。

その心意気でしょうか『BESTPLAY』さんに渡月亭Tシャツを発注しちゃいました!
来月の掃除の時には、みんなTシャツで登場予定です!
ちょっと宣伝です!『(有)ベストプレイ』さんは安価でオリジナルのシャツや帽子などを制作してくださいます。

最初の写真以外は草むしりに夢中になり、撮るのを忘れてしまっている若主人でした。

↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
渡月亭HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

夕刊
昨日少しだけお伝えいたしました大番頭の講習会が24日の京都新聞の夕刊に載せていただきました!
大番頭の講習会
↑写真左に写っているのが弊亭の大番頭でございます。

京都新聞のスタッフの皆様ありがとうございました!

テレながら新聞を見つめている大番頭を見てニヤニヤしていた若主人でした。

↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
渡月亭HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

『赤い霊柩車』と『水戸黄門』
昨日は大変暑い一日で初夏を感じさせる陽気でした。
そんななか嵐山では『赤い霊柩車 21』と『水戸黄門』の撮影が行われました。

諸事情にて写真等は掲載できませんがお知らせまで・・・。

放映日は未定ですが、9月か10月ごろの予定だそうです。
また、情報が入り次第お伝えいたします。

本日、おそれながら弊亭大番頭は西京警察署にて講演をさせていただきました。
ですので、京都新聞の夕刊に載るかも!?楽しみな若主人でした。

↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
渡月亭HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

三船祭
昨日、『三船祭』が行われました。

『三船祭』は平安時代、白河天皇が主催して公卿らが和歌・漢詩・管弦の3つの船(三船)を嵐山大堰川に浮かべて才を競ったという故事の復元だそうです。
※京都暮らしの大百科より

現代では正午に芸能の神様として有名な『車折神社』にての神幸式から始まり、嵐山までは牛車などの行列で1時間半ほどかけて来られます。

嵐山に到着の様子。
牛車前 牛車前
↑残念ながら牛は本物ではありません・・・。

牛車横 牛車後
↑大きな車輪です。    ↑後ろから。

すごい人込で途中の写真を撮り損ねました。
御座船① 御座船②
↑神儀が牛車から御座船に移られるところです。

そのすぐ脇には・・・
供奉船 対岸の人だかり
↑三船の出船を今か今かと待っている供奉船と対岸の人だかりです。

渡月橋 細道
↑渡月橋も脇道も見物のお客さまでいっぱいです。

神儀が御乗船され出船します。
御座船出船① 御座船②
↑これが『三船祭』の先頭の御座船です。

龍頭船① 龍頭船②
↑御座船に続いて龍頭船が出船です。

鵜首船① 鵜首船②
↑さらに続いて鵜首船が出船します。

続いて 次々に
↑三船が出船しますと次々と。

お天気① お天気②
↑当日は風もありどんよりしておりましたが、不思議なもので三船が出船しますと同時に日差し差し込んでまいりました!

このあと『三船祭』は、船上で雅楽や舞いなど披露し、船から扇を流し『車折神社』戻られます。

こんな様子を見ていますと、はるか昔もこのように舟遊びをされていたのかと悠久の時間の流れを感じずにはいられない若主人でした。

↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
渡月亭HP
アフリカ生まれの佐賀育ち!?
先日から市場で気になっていた物があります。
バラフ 全体図
↑これです。

その名は『バラフ』
海草かと思いましたが、サボテンの1種?だそうです。
ちぎって味見してみると、ほのかな塩味とさわやかな酸味、そして心地の良い歯ごたえ。
食材としては興味深い。
しかし、和食の食材となると・・・むずかしい。
総料理長も頭をかかえておりますが、興味津々でもあり来月の献立に載ってくるかもしれません。
弊亭総料理長の腕の見せ所です。
私自身も楽しみです!

バラフ
↑珍しくキレイに撮れました。非常に美しく朝露を身にまとったようです。
『バラフ』とはスワヒリ語で氷・結晶といった意味だそうです。
まさにその通りといった感じです。

近年は京都中央卸売市場にも変った品物が入ってきます。
この『バラフ』をはじめ、先日紹介させていただきました『ヤーコン』・『ソバージュ』・『クリーパー』・『グラパラリーフ』・『ポルチーニ』などなど、枚挙にいとまがありません。

そんな中、新しい食材を使うことに葛藤もありますが、伝統を守っていくことと新しいことへの挑戦は、どちらも必要不可欠であると考えております。

伝統を守るだけでは飽きられる。斬新すぎても受け入れてはもらえない。
このバランスがむずかしいのです。

また正式に献立に採用いたしましたら報告をさせて頂きます。

本日は『クイズ京都NO.1決定戦』の放送日です!仕事中で見ることができませんが、しっかりビデオに撮って見ようと思っている若主人でした。

↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
渡月亭HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

まぐろ
まぐろ』が大好きな日本人。その一面が、かいまみえる面白い話を伺いました。

まず、見て頂きたいのは・・・
日本製 日本製 全体図
↑これが日本製の『やじり』です。キレイで鋭く、丈夫なワイヤーでつながれております。

一方・・・
外国製 比較
↑これがボストンやカナダから入ってくる『まぐろ』に刺さっている『やじり』です。日本製のものと比べると一目瞭然ですが、こんなに大きさが違います。
しかも、こんなに大きな『やじり』が、『まぐろ』のド真ん中に突き刺さっていることもあるとか・・・

日本のものは、必ず頭や尾びれに刺さっていると伺いました。
これも『まぐろ』に対する日本人の気持ちの表れではないでしょうか。
大事な身にできるだけ傷をつけないようにする、その気持ちが道具や腕を磨くことにつながっていったのではないでしょうか?

消費者のことがわかっている生産者、おもてなしはこんなところから始まっています。
我々、宿泊業の役割も、そのおもてなしの繋がりの一部分。
こんな心の積み重ねがお客さまの満足を引き出してくれるのだと思います。

やじり』の提供は、いつもおいしい『まぐろ』を頂いている<五勇水産>さんでした。
ありがとうございました。

市場にて食材ならぬブログネタを仕入れてきた若主人でした。

↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
渡月亭HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

葵祭よりも・・・
本日は葵祭!お天気も良くお祭り日和・・・なのですが、忙しくて見に行けませんでした。
でも、忙しいのは本当にありがたいことです。感謝感謝。

葵祭は京都の中心部がメインですので、京都の西の端の嵐山はひっそりとしておりましたが、今日は弊亭松風閣にて貸切の昼食会がございましたので、私もお出迎えの為に松風閣に向かいました。
松風閣の前まで来ますと誰かに声をかけられ振り向くと、そこには懐かしい顔がありました。
数年前まで弊亭のお部屋係として活躍してくれていた女性が小さな男の子を連れておりました。
話を聞くと、これまた数年前までフロント係として活躍してくれていた女性と待ち合わせているとのことでした。
ほどなく待ち人も到着し、二人と男の子の元気な姿にとても嬉しくなりました。

意外なお客さまに遭遇し驚いているのも束の間,本当のお客さまが到着です。

お出迎えしているさなか、お客さまの中のお1人が私に話しかけてこられました。
なんと昭和47年に新婚旅行で弊亭にお越し頂いたとのことでした。
また、今年のお正月には弊亭のおせちをお買い上げ頂いたと聞かせていただきました。

最近はフロントや玄関に立つことが少なくなりましたのに、このようなお話を聞かせて頂く事が多々あります。
本当に私は運が強いのだと我ながら感心感心!?
なんだか楽しい一日でした。

お客さまから色々なお話を聞かせて頂いて喜んでいる若主人でした。
↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
渡月亭HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

copyright © 2005 京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。