京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】
京都嵐山の料亭旅館『渡月亭』の主人が、不定期に渡月亭はもちろんのこと京都・嵐山の情報を御贈りいたします。京都・嵐山観光やご宿泊、結婚披露宴などのお祝い事や、ご法事などのご会食に最適な料亭旅館 【KYOTO RYOKAN ONSEN】
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お客さまの声 2007年5月分 その③
5月分の『お客さまの声』も三度目になります。

<佐藤さま 3連泊>
サービス、料理、施設すべてとてもよかったです。
京都を満喫させて頂きました。
館内も静かでおちつけました。
ぜひまた来たいです。
スタッフの方々の心のこもったサービス本当によい旅の滞在になりました。
The hotel service is excellent and food is amazing – I tried many different new foods just in one dinner!
I definitely would like to stay here again if I came back to Kyoto.
Thank you!

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 あゆみ・ゆき

<匿名のお客さま>
新婚旅行と予約時にお伝えしたら、ご丁寧なお手紙を頂き、泊まりに来るのがとても楽しみでした。
実際に伺ったら3泊中の2日目のお料理を趣向を変えて下さったり、シャンパンサービスがあったりで、本当に嬉しかったです。又、係の方もご結婚が近いということで、根ほりはほり伺っては、自分たちの準備のことを思い出していました。サービス・お料理・お風呂・景色、どれもとてもすばらしかったです。
ありがとうございました。
ゆきさんもどうもありがとうございました。
どうぞお幸せに!

ご宿泊棟 碧川閣 お部屋係 ゆき 

<中山さま>
若い従業員の方々のしっかりした接客に非常に好印象を受け素晴らしかったです。
渡月亭に来て、ちょっぴり祇園の感じを受けたのは私だけでしょうか。
若い方々の活躍に期待しております。
ここだけは見ておいた方がいいという場所を詳しく教えてくれた宿もありました(一番近い行き方・時間帯等など)

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 まゆこ・せいこ 

<佐藤さま>
とても料理が美味しく大満足でした。また、子供が熱を出して氷枕や布団の準備をして頂き大変親切にありがとうございました。また、ぜひこちらに伺いたいと思います。

ご宿泊棟 碧川閣 お部屋係 れいこ 

<後藤さま>
3泊4日で京都・奈良に来ましたが、妊婦なので温泉も足だけなのですが、お湯の成分について、気づかっていただいたのは、こちらだけだったので、とてもうれしかったです。
夕食・朝食、旦那は「大満足」って言っていました。
本当にありがとうございました。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 ちえみ・ひさえ

<山手さま>
接待の人がとても感じが良いです。
さわやかで言葉づかいがやわらかいですね~。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 あやか

<国納さま 5度目の御来亭>
特に料理の味付、心がこもっておりました。
ごちそう様でした。

ご宿泊棟 碧川閣 露天風呂付特別室 お部屋係 えいこ 

弊亭の自慢のお部屋係のひとりである『ゆき』さんが、ご結婚され弊亭を卒業されました。
とても残念なことですが、うれしいことでもあります!

今回公表させて頂きましたアンケートを見て頂きましたらわかりますように、弊亭のお部屋係はみんな、『お客さま』からの支持をいただいております。
これからも『お客さま』に京都に行くなら渡月亭と思っていただけるようにスタッフ一同力を合わせて参ります。

7月の4・5・6日は設備の工事を行います。
お客さまの目にはつかない裏方の設備・・・できればお客さまに見ていただける所に資金を使いたいと願う若主人でした。

↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
渡月亭HP
スポンサーサイト
安全
先日、某エージェントさんが東京で主催するセミナーに参加させて頂きました。
今回で3度目になるセミナーなのですが、開催するごとに参加者が増え今回は全国から60数名の旅館のトップが一堂に会し、会場は熱気であふれておりました。

私は三度とも出席させていただいておりますが、そのたびに得るものがあり、会社に戻って何かしらフィードバックしております。
もちろん今回得た知識もなにかしら弊亭に生かして行きたいと思っております。

この有意義な2日間、東京に滞在しておりましたが、その間このエージェントさんの研修施設に宿泊させていただいておりました。

そこで気になることがありました・・・。

私が宿泊させていただいていたのは12階、エレベーターから一番奥の端の部屋でした。
商業柄なのか?非常口を確認するのですが、驚きました!
なんとカギがかかっていて開かないのです!
2日間とも!

エレベーターの前の非常口は開いておりましたが、EVと私の部屋まではいくつもの部屋があり、もしどこかの部屋から出火していたなら逃げ場は無く、どうしようもありません。

一応、注意を促してきましたが、その後どう対処されるのかはわかりません。
ホスピタリティーや料金その他もろもろのご指摘をいただいている相手が、これでは少し興ざめです。

安全に対する考えはとても重要なことですので、少々キツイ目のブログになってしまいました。

『人のふり見て我がふり直せ』と改めて感じている若主人でした。

↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
渡月亭HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

アイドリングストップ
『KES』の運動の一環として、昨日と本日こんなチラシをお客さまに配らせて頂きました。
アイドリングストップ

市バスでも実践されているようで時々、信号待ちでエンジンを切って止まっているバスを見ることがあります。
このチラシを配るにあたりまして、自分で運転する時に実践してみましたが、信号のタイミングをはかるのは、かなり難しいと感じました。

また、接客業での送迎の待ち時間にエンジンを切るのはエアコンのことを考えると・・・
でも、信号待ちの時ならできるかも。

営業に出る時と、個人的な運転の時にしか弊亭では実践できないかもしれませんが、できるかぎり実践していこうと思っております。

ドイツではアイドリングストップが一般化していると聞いておりますが、日本もいつかはそうなるのでしょうか・・・。

話は変りますが、本日また幸せなお二人のお手伝いをさせていただくことができました!
本日は雨でございますが、『雨降って地固まる』と言いますように門出にはふさわしいと思っている若主人でした。

↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
渡月亭HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

消防互助会
本日午前、弊亭に於きまして、西京区嵐山旅館・宿泊所消防互助会の訓練が行われました。
この互助会の訓練は6~7年に一度担当が回ってくる訓練でして、私自身は初参加でした。

訓練のたびに消防署の方から厳しいご指摘をいただいてしまうので・・・こころもち緊張いたしておりましたが、今回は寮生も増え人員は豊富になり、一人一人の役割は以前よりは少なくなりました。
前回までの訓練は少人数で対応しており、私自身も消火班とお客さまの誘導班も兼務しておりましたので、役割が多く大変でした。
今回の訓練での私の役割は消火班の指揮者でして、火元の確認と消火行動の指示等をさせて頂きました。
初参加の寮生たちもキビキビと動き、全体的にはいい出来だったのではないかなと感じました。

今回は訓練の内容よりも地域の連携に重きを置いた訓練でしたので、我々の訓練内容に関する指摘はあまりなく、被災されたお客さまを他の宿泊施設に移っていただくまでの動きに重きが置かれておりました。

しかも、いつもの訓練と一番違うのは訓練後に講習会のようなものを消防の方が開いてくださり、今年の京都市内と西京区の火災発生状況・消防法の一部改正について・心肺蘇生法等の改正とAEDについての興味深いお話をしてくださいました。

特に私が一番興味深く伺わせて頂きましたのは『AED』です。
最近は自動販売機や駅構内で良く見かける除細動装置?のことです。
京都中央卸売市場内にもあります。
この『AED』・除細動装置は心臓の痙攣を止める唯一の方法で、この機械が無いと、どんな名医でも、すばらしい薬があっても心肺蘇生は難しいと教えて頂きました。

心臓は膨張→収縮→停止→膨張とサイクルを繰り返すそうですが、何らかの要因で心臓が痙攣してしまうと、本来のポンプの機能を果たしません。(いわゆる心停止状態)
ですから、この『AED』・除細動装置で心臓のサイクルを停止に導き、正常なサイクルに戻すように働きかけるのです。

心停止から5分程度であれば、高い確立で自然にサイクルが戻るそうです。
しかし、心臓が痙攣している状態というのは無酸素運動と同じ状態ですので、この状態が長く続くと除細動を実施しても心筋自体が弱ってしまい蘇生率が低くなってしまうとの事です。

世界的にはまだまだ普及が進んでいない『AED』ですが、日本では徐々に広がりを見せているそうです。
金額もまだまだ高く1台あたり、20万~30万円と高額ですが京都市内に500台、西京区に限りましては40台が設置されているとの事です。

このほかにも、たくさんの興味深いお話を伺わせて頂きましたが、今日はこの辺で・・・

本日の講習を受け、いざという時には、この知識を生かせたらと願う若主人でした。

↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
渡月亭HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

今年度も動き始めました!
以前より微力ながらも協力させていただいている『食育事業』。
今年度の活動方針等を決めるための会議が昨晩、いつもの『近又』さんにて行われました。

この会議では経験豊富な諸先輩方と学識経験豊かな先生方からお話を伺えるまたとない機会で、いつも興味深くお話を伺わせていただいております。

またここにお集まりの方々は皆、アツイ方ばかりでいつも力を分けていただいております。
そんな中、知識も経験も技術も欠けている私を加えていただいている事に本当にありがたく感じております。

今年度は食育授業を行われる小学校は17校に増え、忙しくなってまいりますが、アツイ先輩方と共に頑張ってまいります。

力強い先輩方に囲まれ、いつも心強く精一杯取り組める環境に感謝し、話を聞いてくれる児童たちに何か1つでも伝えられたらと思っている若主人でした。

↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
渡月亭HP
若鮎祭
昨日、毎年恒例の『若鮎祭』が嵐山の中ノ島公園にて行われました。
昨年は所用で参加できませんでしたが、今年は参加させて頂きました。
小雨そぼ降るあいにくのお天気でしたが、雨天決行!
おそらく7年ぶりではないかとの雨の中での『若鮎祭』。

嵐山近辺の旅館・料理屋の各店から数人ずつ調理人を集め総勢十数名が1000匹の鮎を竹串を打ち、焼き上げました。
また、近辺の商売をされている方々が焼きあがった鮎を配るなどの接客をして頂きました。

弊亭からは私+2名で計3名でお手伝いをさせて頂きました。
雨の年にはテントを張りその中で鮎を焼きますが、テントの中は煙が巻き、私を含めそこにいた人たちは、いぶされ涙と鼻水と汗をたらしボロボロになりながらも1000匹の鮎を焼き上げました。

こんなお天気にもかかわらず、鮎の引換券をお持ちのお客さまが長蛇の列を作って頂き、これでこそ我々も焼きがいがあるものだと思いながら焼いておりました。

また、この様子を地元の京都新聞・KBS京都・NHK京都の方々が取材に来てくだいました。

私は確認できませんでしたが、夕方のニュースに鮎を焼いている私のドアップが写っていたとか!?涙と鼻水でドロドロの顔で写っていなかったか心配です!?

昨日は、汗と涙と鼻水でドロドロ・・・雨に打たれて濡れ鼠の若主人でした!?

↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
渡月亭HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

お客様の声 2007年5月分 その②
それでは今回も報告させて頂きます!

<山下さま>
お部屋の露天風呂には感激致しまして、朝風呂まで、入ってしまいました。
玄関から、お部屋までのお庭も大変素敵に造られていて、又、目かくし等も、「ああ、こういうふうにやるのだ」と勉強になりました。
ふとん、枕もきめ細かくととのえられ、気持ちのよい一日となりました。
お世話様でした。

ご宿泊棟 碧川閣 露天風呂付特別室 お部屋係 えいこ

<匿名のお客さま>
仲居さんがよくして下さいました。
お世話様でした。
ありがとうございました。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 れいこ

<匿名のお客さま>
お料理の種類、盛付けの美しさ、もちろん味の良さ・・・最高でした。
また、違う季節にぜひ来たいと思います。
担当のあつ子さん。お世話になりました。
ありがとうございました。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 あつこ 

<阿部さま>
お部屋の担当のゆき様へ「有難うございました。」

ご宿泊棟 碧川閣 露天風呂付特別室 お部屋係 ゆき
 
<齋藤さま>
到着時に名前を呼ばれて、応対してくれたのにはうれしく、又驚きました。
水がよいためか、ご飯も料理もよかったです。
お酒も美味しくいただけました。
部屋担当者もテキパキしてよかったです。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 ちえみ 

弊亭の建物は老朽化が進んできておりますが、アンケートを拝見するかぎりでは、お客さまの満足度は料理と接客がカギであると改めて感じます。
この2つを更に強化し、ゆくゆく建物も美しくなれば、まさに鬼に金棒!
そうなれるように日々精進・・・若主人でした。

↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
渡月亭HP
お客様の声 2007年5月分 その①
先月、お客さまにお書きいただきましたアンケートを公開させて頂きます。

<橋本さま>
ともえさん、ゆきさんの接客が大変すばらしかった。
ともえさんは、就寝時に非常口の説明を再度していただきました。とても大事なことです。
ゆきさんは、お若いのにしっかりしていらっしゃいます。
接客の物腰に京都らしさを感じました。
又、日本旅館ではコーヒーのサービスはめったに頂けないので食後のコーヒーにも満足、熱くて美味でした。

ご宿泊棟 碧川閣 お部屋係 ともえ・ゆき


<匿名のお客さま>
担当の女性と楽しい会話が出来た事が印象的でした。
足のサイズが25.5の中村さん、ありがとうございました!

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 中村


<匿名のお客さま>
接客係のお姉さんがとても感じがよく、くつろげた。

ご宿泊棟 碧川閣 お部屋係 せいこ

<塚本さま>
朝食後、飲み物がでたところは初めてだった。うれしかった。
接客してくれた人が、いつも笑顔でかんじよかった。
前泊まった所で、オフロの後、フルーツの盛り合わせがでてきた所があってそういうサービスもいいと思う。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 のりか


<匿名のお客さま>
料理景色共に満足できましたが、布団がやや厚く寝苦しかったです。
係の方が親切で良い思い出となりました。
ありがとうございました。

ご宿泊棟 碧川閣 お部屋係 えいこ

↑夜、寝苦しかったとのことで申し訳ございませんでした。
弊亭では毎年6月中に冬布団と夏布団を入れ替えますが、季節の変わり目には暑い日もあれば寒い日もあり、我々も難儀しております。
係に声をかけていただけましたら、別のお布団に交換させて頂いておりますので、気軽にお声かけくださいませ。

先月も沢山のアンケートをお書き頂き本当に嬉しく拝見させていただいております。
お書き頂きましたアンケートのすべてを紹介させて頂きたいところですが、なにぶん膨大な量でございますので・・・

弊亭のお部屋係をお褒めていただいているアンケートを読みますと自分のことのように嬉しくなる若主人でした。

↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
渡月亭HP
能楽(つづき)
先日の『能楽』の続きを少し・・・

合間合間にお話いただいた興味深いお話を聞かせていただいた内容を覚えている限り、お伝えしたいと思います。

まず、囃子方について・・・
囃子方は『笛』『小鼓』『大鼓』『太鼓』の4種類があり、四拍子と言われます。また、『笛』を除いた3種が三拍子と呼ばれ、野球などで走攻守三拍子揃っているなど今も使われる言葉の元であるということです。

雛祭りの歌に「♪五人囃子の笛、太鼓~♪」とありますが、五人囃子とはシテ方と四拍子のことです。
雛人形の並べ方がわからない方へ?右からシテ・笛・小鼓・大鼓・太鼓です。参考にしてみてください。

語源としては・・・
【太鼓持ち】
宴席にはべって客の機嫌をとり、芸などを見せて座を盛り上げることを職業にする男性。幇間(ほうかん)。
人にこびへつらってひたすら気に入られようとする人のたとえにも使う。
<明鏡国語辞典より>
と言うことなんですが、これがなぜ『能』からきているのかといいますと、昔は今のように太鼓を据える台が無く、太鼓方は叩く人と太鼓を叩きやすいように持っている人がいたので、こういった意味につながっていったとか。

【はねる】
劇場・映画館などで、その日の営業を終了する。
芝居小屋の外囲いの蓆(むしろ)を上にはねあげたところからいう。
<明鏡国語辞典より>
まさしく『能』の舞台が終わった時に幕を跳ね上げたところからきているそうです。

【桧舞台】
ヒノキの板を張った立派な舞台。
自分の腕前を披露するのにふさわしい晴れの舞台。
<明鏡国語辞典より>
その昔、地方興行では間に合わせの舞台しかなく、ヒノキで作られた立派な舞台にはなかなか当たらなかったところからきているそうです。

【板につく】
能面をつけると、目にあいた小さな穴と面と顔との隙間から自分の位置を確認するらしのですが、このようにほとんどの視界が遮られた状態ですので、足の裏も重要な情報源で板と板の継ぎ目でも自分の位置を確認します。それがスムーズにできるようになると【板につく】の状態であるということ。ここから転じて今の意味になったとか・・・。

この他にも沢山のお話を聞かせていただきました。
これを読んで興味をお持ちになられた方は先日紹介させていただきました『能にしたしむ会』・『囃子堂』に足を運んで頂きまして貴方の耳で心ですべてを吸収して頂きたく思っている若主人でした。

↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
渡月亭HP
能楽
先日、私が所属させていただいております『京都料理芽生会』の研修会におきまして『能』を体験させていただきました。

「能楽の世界と食」と題しまして、次代を担う若手7名が我々の職業に合わせて、『能』にはあまり出てこない食を織り込み、舞囃子『賀茂』・独調『杜若(かきつばた)』・舞囃子『放下僧(ほうかそう)』・舞囃子『紅葉狩』・居囃子『石橋』のハイライトを解説を加えながら約2時間、迫力あるライブを見せていただきました。

若手7名の紹介(敬称略)

観世流シテ方 片山伸吾 田茂井廣道 橋本忠樹

森田流笛方 左鴻泰弘

幸流小鼓方 曽和尚靖

石井流大鼓方 井林久登

金春流太鼓方 前川光範

また、合間合間のお話がとても興味深く聞かせていただきました。
それはまた後日・・・。

それでは、少しお知らせを。
『能にしたしむ会』 6月9日(土) 13:30 京都観世会館
B席 3000円より
お問合せ 観世会館 075-771-6114

もうひとつ
『囃子堂』 8月5日(日) 14:00 京都コンサートホール(小ホール)
前売券 3000円
お問合せ エラート音楽事務所 075-751-0617

『狂言』は2回ほど観させていただきましたが『能』は初体験でした。
間近で観る伝統を守る男たちの熱い想いと迫力に感動せずにはいられない若主人でした。

↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
渡月亭HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

copyright © 2005 京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。