京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】
京都嵐山の料亭旅館『渡月亭』の主人が、不定期に渡月亭はもちろんのこと京都・嵐山の情報を御贈りいたします。京都・嵐山観光やご宿泊、結婚披露宴などのお祝い事や、ご法事などのご会食に最適な料亭旅館 【KYOTO RYOKAN ONSEN】
雪化粧
今日の嵐山は時折晴れ間もある一日でした。
しかし、昨日から前の3日間はチラチラ小雪舞う冬らしい天候で昨今あちこちで叫ばれている『地球温暖化』も忘れるほどでした。

私が小さい頃には嵐山でも10センチ程の積雪があった事もありましたが、今では降っても地面にかぶさる程度のものしか記憶にありません。

チラチラとはいえ、3日続けて雪が降ったのは非常にめずらしく、ひょっとしたら少しは積るかなと思いましたが、積らないところを見るとやはり『温暖化』なのでしょうか!?

2 6

7 8

10 12

13

今回の写真は、営業部長が撮ったものですので美しく撮れております!

寒いのはおっくうですが、やはり冬は冬らしくあって欲しいと願う若主人でした。

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
バナー にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

スポンサーサイト

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

今年初めての・・・
昨日、私が所属させていただいております『日本料理アカデミー』の重要な事業の一つである食育授業のお手伝いをさせていただくべく、竹の里小学校へ行ってまいりました。

昨年は、嵐山東小学校のお手伝いに行き、今年は竹の里小学校へ。
弊亭がある嵐山から洛西へ・・・内心、離れた所の担当になったなぁ~と思っておりましたが、竹の里小学校の食育授業の担当の先生が私が中学時代にお世話になった先生の奥さんであることがわかりビックリ仰天!?
何かの縁があり、竹の里小学校の担当になったのかな?と感じました。

今回の講師(ゲストティーチャーと呼ばれます)は、京都調理師専門学校大和学園の先生とその助手の方と私でまいりました。

打ち合わせや段取りは、竹の里小学校の先生方と大和学園の先生がして下さっていて、私はほんの少しだけお手伝いをさせていただきました。

大和学園の先生は流石教育のプロ、私も児童にまじりながらなるほどと思いながらコソコソとメモを取っておりました。

日本料理の根幹を支える昆布とかつお節が出来るまでの説明や出汁を引く実習と試食。
みんな楽しそうに取り組んでくれて私も一安心!

小雨そぼ降る中ではございましたが、児童より私自身の方が考えさせられる有意義な時間になりました。

2月の中頃には、嵐山東小学校にも伺う予定です!

年々規模を広げながら進化する食育授業。
たくさんの尊敬できる先輩方と共に活動できることに感謝をしております。
期待と不安をあわせ持ちながらも、児童たちの歓声がとても嬉しく、私自身にとってもとても重要な時間です。

これからも出来る限りはお手伝いをさせていただきたいと思っている若主人でした。

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
バナー にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

お客さまの声 2007年12月分 その2
今回もいつも通りアンケートを紹介させて頂きます。

<佐々木さま>
到着時から親切な対応をして頂き、(○○○・タオルなどのそろった備品)最初から、気持ち良く思いました。
お料理からお味もスムーズな準備、盛り付けも最高でした。
それより何より仲居さんの笑顔がとても良い思い出となりました。
本当にありがとうございました。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 のりか

☆弊亭自慢のスタッフをお褒め頂き光栄です!
そんな心のおもてなしが佐々木さまの思い出に残ることができれば、私共も役目を果たせたと感じることができます。

<石垣さま>
30数年前、父の退職記念旅行に来た思い出をたどってこの宿にしました。
母も感慨深く、喜んでくれて、とてもよい旅になりました。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 ともこ

☆30数年前ですか・・・私が生まれた頃です・・・
『感慨深く喜んでくれて・・・』とのお言葉に商売を長く続けることの意味を感じます。
道を外さずこれからも、お客さまの思い出に残る宿を目指しがんばります。

<細矢さま>
担当していただいた係のあやかさんの笑顔と心のこもったおもてなしにとてもリラックスさせていただきました。
お料理もとてもおいしくいただきました。
ありがとうございました。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 あやか

☆細矢さまのお部屋を担当させていただきましたスタッフは年末をもって、新たな道に進んでゆきました。
お客さまはもちろん、スタッフの評価も高かった彼女でしたが、自分の夢に向かい歩んでゆきます。
とても残念ですが、頑張ってほしくもあります。
そんな彼女の前途を祈念し『がんばれ~』♪

<匿名のお客さま>
料理がとてもおいしかった。
お風呂も気持ちよかった。
ゆっくりするには、とてもよかったです。

ご宿泊棟 碧川閣 お部屋係 みすず・まゆこ

☆ご満足頂けたようで、嬉しく思います。
碧川閣は大堰川に面した館で、特に3階のお部屋からの眺めは、嵐山で一番だと自負しております。
またのご来亭を心よりお待ちいたしております。

<伊藤さま>
日本のほこる京都の風情にひたる事が出来てうれしかったです。
みな様のお心ずくしいつまでも残ると思います。
孫が京都の大学を来春卒業予定。
その後も京都で就職と(京都にご縁がいただけました。ありがとう)

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 さきこ・れいこ

☆お孫さんがご卒業ですか!おめでとうございます!
お孫さんにとっては、京都が第二の故郷になるかもしれませんね!?
そんな京都にまたお越しくださることを心待ちにいたしております。

<木村さま>
温泉は循環式のうえ、浴室に入った瞬間に塩素の匂いがした。
浴槽に浸かるとヌルヌルでかなり気持ちが悪い温泉である。
なんとか塩素の量を減らすなりできるか。
このレベルで温泉を謳うのは・・・まだ普通の湯の方がマシである。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 ともえ

☆とてもきびしいご指摘をいただきました。
私共、清掃や管理には気を配っているつもりではございますが、これからはより一層力を入れてまいります。
まず循環式について説明をさせて頂きます。
あまり知られてはいないと思いますが、業務用の循環式のお湯は、一般家庭の廻し湯のお風呂よりもずっとキレイであると濾過機のメーカーの方から伺っております。
またそのご指導により維持管理をしております。
塩素臭につきましては、日々試行錯誤を繰り返しながら別の薬も視野に入れながら考えております。
まだまだ、至らないところばかりですがスタッフ一同日々向上できるように頑張っておりますので、これからも宜しくお願いいたします。

<匿名のお客さま>
夕食、朝食の食事に非常に満足しました。
旅行代理店の食事◎の印にひかれて渡月亭さんに決めたのですが、その通りにおいしくいただけて大満足でした。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 ゆみ

☆弊亭の料理がお口に合いなによりです!
料亭旅館の名に恥じぬよう日々修行を続けております。
弊亭、碧川閣のお料理は秀山閣のお料理よりももっともっと自信のあるものに仕上げてございますので機会がございましたらお試しいただきたく思っております!

<新藤さま>
料理、雰囲気VERY GOOD.
京都はいつもホテル利用だったが、温泉の良さを再認識した。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 ちえみ

☆世界的には『日本料理』が、国内では『和』が見直されつつある今日この頃。
畳の『いぐさ』の香りや『ふすま』や、『らんま』に風情を感じていただきたく思っております。
最近では、『RYOKAN』という単語が海外でも認識され始め、ホテルではなく旅館に泊まりたいという海外のお客さまも増えてきております。
日本国内で薄れつつある『和』をもっともっとアピールし、古き良き日本、日本人の何たるかを日本人にも感じていただけるように頑張って行きたいと思っております。

<匿名のお客さま>
御部屋のご担当の方“せいこさん”も到着の時の方も人柄が素晴しく海外一流HOTEL(RitzやFour Season,Wなど)より良かった。

ご宿泊棟 碧川閣 露天風呂付特別室 お部屋係 せいこ

☆弊亭のスタッフをおほめいただきほんとうにありがとうございます!
彼女は異色の経歴を持ちながら縁があり弊亭に力を貸してくれるようになりました。
体には接客の血がながれているのか、はんなりとしてほんとうに京都人らしい接客をしてくれております。

<匿名のお客さま>
皆さんの接客態度(特に客室担当の方)。
料理の味と心くばり。
出かけた時に寒さと車に気をつけての一言が印象に残りました。(最近は当り前の事が当り前でない世の中で)
(特に印象に残り大変良い思い出をいただきました)

ご宿泊棟 碧川閣 露天風呂付特別室 お部屋係 えいこ

☆嬉しい事にたくさんの良いスタッフが集まってくれております。
若いスタッフも多く、まだまだ至らないところがたくさんありますが、現在でもサービスは一定のレベルに達していると思っております。
この先、5年・10年と月日を重ねればさらに向上できるのではっと感じております。
また、料理も『年々レベルが上がっている』と総料理長自身が申しております!?
若い人たちは知らない事も多いですが、吸収も早くどんどん力をつけております。

お客さま以上に5年・10年後の『渡月亭』が楽しみな私です!?
今日は自慢が多い!?若主人でした。

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
バナー にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

お酒
本日、ちょっとした事で伏見の酒蔵の方が弊亭に来てくださり、お話を聞かせて頂きました。

その中で、興味深いお話を伺うことができましたので少し・・・。

以前、どなたかとお話させて頂いていた時に、日本酒は肌によく、アトピーにも良いと聞いたことがありましたので、そのことをお聞きしましたら『恐らくお肌に良いだろう。日本酒に含まれるアミノ酸の中に抗酸化作用をもつものがあり、お相撲さんも日本酒を飲むと肌のハリが出ると聞いたことがあります。』とのことでした。
また、余談ではありましたが、どこかの大学の先生に成分を調べていただいたこともあるそうです。

また、これもどこぞで聞いた精米歩合についてなのですが、一時期過当競争で精米をやりすぎ本道を見失っていたことがある・・・との話を確認させていただいたのですが、『そうなんです。50%ぐらいまでは確かに味わいが良くなるのですが、30%ぐらいまでいってしまうと香りは良くなるが、日本酒としての味わいが無くなってしまいます。』と聞かせて頂きました。

その他にも大変興味深いお話を聞かせていただき、ありがとうございました。

アルコールは飲めないのですが、お酒の話は興味深々!?の若主人でした。

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
バナー にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

早くも夏のプランのお知らせです!
ちょこっと出張に出ておりましたので、更新間隔がだいぶとあいてしまいましたが、本日は早くも夏の『特別プラン』をご紹介させていただきます!

その名もっ

愛宕山千日詣り・三歳詣りプラン

お札を求めて お札
↑とは言っても、なんのことだかわからないので説明をさせて頂きます。

京都の愛宕神社は全国にあまたある愛宕神社の総本宮で大変由緒ある社で、火と関係の深い神社でもあります。

7月の31日から8月の1日にかけて京都の愛宕神社では『千日通夜際』、通称『千日詣り』が行われます。
この31日夜から1日の未明にかけて参拝しますと千日分の火伏・防火のご利益があると云われております。
また、三歳までのお子さまを連れて参拝なさると、その子は一生、火の災害には遭わないとも云われております。

昔の人たちは『愛宕参りは、月参り』と言い参っておりました。
交通機関など無い頃、家から愛宕山山頂まで歩いて登頂しました。
私も含め現代人には考えられないことが、当り前のように行われておりました。

渡月亭の前身『きくや』はそんな愛宕参りの方々の為の旅籠屋でした。
弊亭にとっては原点回帰という意味と、お客さまには大昔から続く伝統行事の体験をっ!

愛宕山の標高は924メートルですから、そこそこ大変です。
頂上は、夏でも寒いです。
ですので、軽登山の用意は必要です。

3年に一度くらいは霊験あらたかな愛宕山に登り、『お登りやす』『お下りやす』と声をかけながら山頂の社を目指し、火の災難から守っていただける『火廼要慎』のお札をお買い上げ頂き、お家の火の元に貼る。
そんな大昔から続く大衆行事を肌で感じていただきます。

愛宕山には、私をはじめ渡月亭山岳部が(運動不足の面々ですが・・・)随行させていただきます。
ゆっくり、ゆっくり時間をかけて登れば、大概の方はお登りいただけると思います。

ただ、『三歳詣り』につきましては、お子さまをおぶって登らなくてはいけませんので、体力に自信のあるお父さん・お母さんで無いと厳しいです。
でも毎年何人も、おひとりでお子さんをおぶって登っているお母さんの姿を見かけます。
私のような運動不足の者には自分ひとりで精一杯なので・・・ほんと、スゴイの一言です!

ではだいぶと前置きが長くなってしまいましたが、細かい内容をお知らせいたします。

宿泊日は7月31日から8月1日の2日間

☆愛宕山千日詣りは7月31日の22:30分出発予定です。
(できるだけ早くお食事を済ませておかれる方が体は楽だと思います。)

☆渡月橋を渡った先から臨時バスに乗り、登山口へ。

☆休憩をはさみながら、山頂を目指しひたすら登ります。
山頂の社で、お札を購入。(任意)
午前2時の神事を拝観し下山します。
(神事までのあいだに体が冷えますので防寒具も忘れずに)

☆登山口まで下りてきてタクシーで渡月亭に。
下りのペースで変わりますが、明け方には帰亭いたしました。

☆汗だくでお戻りですから、嵐山温泉で汗を流していただき、疲れを癒してください。

☆朝は、いつも通りに起きて朝食を食べて出かけても良し、朝食を食べて2度寝も良し、お昼までゆっくりお休み頂き朝昼兼用の軽食を弊亭のお食事処『松風閣』にておとり頂いても良し、自由にお過ごし下さい。
(松風閣での軽食をご希望の場合は予約時にお知らせ下さい)

秀山閣ご宿泊の場合お一人さま(2泊4食付)36750円から
碧川閣ご宿泊の場合お一人さま(2泊4食付)57750円から
いずれもお二人さまからの承りとさせて頂きます。


ご予約は・・・

弊亭予約係 075-871-1310


2007年『愛宕山千日詣り・三歳詣りプラン』にお申込頂きました藤田さまのお言葉

2007年の千日詣での様子

2006年の千日詣での様子

今年もお客さまと登りたい若主人でした!

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
バナー にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

お客さまの声 2007年12月分
年は明けましたが、去年の12月にお書き頂きましたアンケートの一部を紹介させて頂きます。

<匿名のお客さま>
細やかで、温かい、それでいてさり気なくサービスしていただきました。
ありがとうございました。
温泉にも何度も入りました。
肌がつるつるすべすべになり気もちよかったです。
骨折した手首をよく温めることができました。
京都の温泉もいいものですね。
また、来たいです。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 せいこ

☆心も体も癒していただけたなら、本望でございます。
『また、来たいです。』とのこと、本当に嬉しく思います。
もちろんお待ち申し上げておりますのでっ!

<匿名のお客さま>
相手を考えた心配りが素晴しかったと思います。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 のりか

☆もう少しで弊亭に来てくれるようになり丸2年を迎えるスタッフです。
素質は十分、もっともっと伸びるのではと期待をしております。
今年は一皮むけるかな!?

<津上さま>
接客係の方が大変親切で印象的でした。
今まで宿泊した旅館の中で一番良かったです。
食事では炭を使っていたところ、御飯を卓上で炊いていただくところがとてもいいと思います。
(提案)
鏡台の付近にゴミ入れとティッシュを備え付けてはどうでしょうか。

ご宿泊棟 碧川閣 お部屋係 まゆこ

☆総料理長のアイデアにお喜び頂けたようで総料理長も喜んでおります。
また、ご指摘頂きました件につきましては、時々ではございますが同じようなご意見を頂戴いたしますので検討をさせていただこうと思っております。

<CREAさま ペンネーム>
朝食を運んでくださった女の子の笑顔がとっても素敵でした。
とってもやさしくて、いたれりつくせりで、感じが良くて、いやされました。
予約なしで、とめていただき、接客の女の子にいやしをもらえて、幸せでした。
何から何まで、ありがとうございました。
天竜の間の担当してくれた女の子にまた出会えたら、うれしいです。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 あやか

☆ご予約を頂いていなくても当日のお部屋に余裕があれば、ご宿泊いただいております。
しかし、せっかく来て頂いても満室ではどうしようもありませんので事前にご予約を頂くに越したことはございません。
またお待ちいたしておりますのでっ!

<匿名のお客さま 2連泊して頂きました>
担当の方がいつも笑顔で接客してくださったので、とても気持ち良くすごすことができました。
また、フロントの方や売店の方もとても丁寧に接して頂きました。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 ちえみ

☆まだまだ至らないところも沢山ございますが、スタッフ一同お客さまをお迎えする喜びを感じながら、毎日を過ごしております。
気持ち良くお過ごし頂けましたようで、これまた嬉しく感じております。

<井さま 2連泊して頂きました>
係の方の対応がよろしかった。
機会が有れば次回もれい子さんに。

ご宿泊棟 碧川閣 お部屋係 れいこ

☆ご指名頂けましたら、できるかぎり調整をさせて頂きます。
『ご指名』って書きますとなんだか、お酒を飲むところみたいでちょっとへんですね・・・。
なにかいい言葉を考えなければ・・・。

<匿名のお客さま>
あやこ様の説明が丁寧で、とてもわかりやすく、京の観光行事についても興味深かった。
ありがとうございました。
館外への出入り時のフロントの対応の方々が、にこやかで、心地よく出かけることができました。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 あやこ・みさこ

☆京都の行事(特に嵐山周辺の行事)については、このブログでも取り上げていくつもりでおりますので時々チェックをしていただけたらと思っております。

<立野さま>
もう少しお部屋が広いとよかった。(値段がねだんなのでしかたがありませんが)
仲居さんの応対がすばらしくさすが京都の老舗旅館でした。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 みさこ

☆このブログにて何度か申し上げてはおりますが、あらためて・・・嵐山という地域は『風致地区』と呼ばれ建築物に対して厳しい規制がございます。
また、地価もそれほど安いわけでもありませんので市内にある旅館の多くは同じ悩みをかかえているのではないでしょうか?
我々のような旅館と広大な敷地を持つ宿泊施設とを比較されると少々つろうございます。
交通の便などもお含み頂きご判断して頂けますと、少しは判断基準になるのではないでしょうか?
いつものように言い訳ばかりの文になってしまいました。

・・・弊亭は、部屋や建物ではよそさんにひけをとってしまいますが、料理とサービスは負けないと勝手に信じながら商売をさせていただいております!
また、徐々にではございますが設備の改装なども計画しております。
かわりゆく弊亭の姿もお楽しみ頂きたく思っております。

<匿名のお客さま>
ごはんがおいしかったです。
担当の方の対応がとても親切でよかったです。
ぜひ、また来たいと思います。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 あずさ

☆彼女はお部屋係の中で最年少の元気あふれるスタッフなのですが、この春には先輩になってしまいます!?
少し大人になり、一回り大きくなった彼女の姿をまた見に来てくださいね!

<匿名のお客さま>
部屋に備えてある風呂のシャワー口と換気扇に汚れがあったのが気になりました。
ですが、露天風呂はすごく気持ちよく入れました。
あと、部屋担当のえい子さんはすごく気さくで丁寧な接客で満足でした。
お世話になりました。

ご宿泊棟 碧川閣 露天風呂付特別室 お部屋係 えいこ

☆弊亭に2部屋しかない露天風呂付特別室・・・なのに・・・お恥ずかしい限りです。
ご指摘を頂き直ぐに対処させて頂きました。
ありがとうございました。

また、特別室のお部屋係は弊亭の中でも選りすぐりのスタッフが担当をさせていただいております。
これからも日々向上を目指し、精進をしてまいりますので宜しくお願いいたします。

このブログもつれづれと書き始めてから気づくと1年半が過ぎ、ネタ不足に苦しむ毎日ではございますが、本日何とブログを訪問していただいた方は50000人を超え自分でも驚いております。

いつまで続けられるかはまったくもってわかりませんが、続けていく以上は『京都』の『嵐山』の、そして『渡月亭』の魅力を少しでも伝えられるように頑張りますので、今年も1年宜しくお願いいたします。
↑締めの文がいまだにお正月風になってしまう若主人でした。

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
バナー にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

あらためまして・・・
あけまして
 おめでとう
  ございます

本年も
 よろしく
  お願いいたします


なにかとあわただしく過ぎ去った年末年始。
気が付くともう3日・・・
お正月気分も今日でおしまいですね・・・

そんなお正月の名残をどうぞっ!?

碧川閣 玄関① 碧川閣 玄関②
↑まずは碧川閣の玄関先です。

秀山閣 玄関 松風閣 玄関
↑こちらは秀山閣。     ↑そして松風閣。

そしてこれが弊亭自慢の門松です!
碧川閣 門松 秀山閣 門松 松風閣 門松
↑左から碧川閣・秀山閣・松風閣の門松です。

この門松は、小島庭園工務所さんにお願いしている特注の門松です!

門松の下をクヌギで固めております。
そしてっお気づきでしょうか?めずらしい白南天!

南天 白南天 紅白
↑南天です。     ↑これが白南天。  ↑紅白です!

葉牡丹① 葉牡丹②
↑美しい紅白の葉牡丹です!
昨年は、お猿さんにかじられてしまいました・・・
昨年の記事

寒牡丹① 寒牡丹②
↑こちらも美しい寒牡丹  ↑こちらの寒牡丹は、いまだお眠り中です!?

生花① 生花②
↑碧川閣玄関の生花です。松とフリージア・葉牡丹・南天です。

鏡餅① 鏡餅②
↑鏡餅・・・3日にもなるとひび割れが・・・

鏡餅③ 餅花
↑このように飾っております。 ↑餅花の向こうの鏡餅、自己満足の1枚です!

注連縄① 注連縄②
↑そして最後に注連縄・・・注:だじゃれではございません。

数年前、年末に飾り付けた注連縄が盗まれてしまいビックリしました。
それ以降は31日に付けるようにしました。

こんな物まで取っていくのかとビックリしましたが、別のものがお正月に間に合いホッとした記憶が残っております。

年明け以降、底冷えのする日が続きましたが、今日はお天気も良く昼間は本当に過しやすい一日でした。
さすがに夕方になると冷えてはきましたが・・・

ではでは、そんな嵐山から・・・この年が皆様にとって良い年になりますように・・・
若主人新年ば~じょんでした!?←意味不明・・・

↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
  渡月亭HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

大番頭のひとり言 その二十四

あけまして

おめでとうございます

旧年中は格別のご厚情をたまわり有難く厚く御礼を申しあげます。

本年も何卒よろしくお願い申しあげます。


さて、弊亭では毎年元日の朝、大広間に全従業員が集まり、年賀式を行います。

その年賀式の場でお越し下さるお客様には従業員の一人一人が我が家に大切なお客様をお迎えする気持ちでおもてなしをさせていただくことを誓い合いました。

昨年の販売計画は奮戦するも一歩及ばず涙のむ。
でも前年対比は大きく上回ることができました。

秋の紅葉のもみじ葉が『がんばれ、がんばれ』と言って長持ちしてくれたことや嵐山花灯路が盛況であったことも要因の一つです。

今年は源氏物語千年紀
料理内容も充分意識したものにしたいと料理長と相談を重ねております。

昨晩除夜の鐘を6ツ数えた頃
大番頭の役目は何かと自問した。
(ビール片手であったことはご海容下さい)

大番頭の使命 三ヶ条

一、 お越し下さるお客様には安全と安心とご満足をお約束する。
一、 従業員さん達には満足感のある職場環境を約束する。
一、 経営者には利益を約束する。

本年すべてに対して熱意と情熱と執念を持って望みます。

大番頭

↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
  渡月亭HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

copyright © 2005 京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.