京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】
京都嵐山の料亭旅館『渡月亭』の主人が、不定期に渡月亭はもちろんのこと京都・嵐山の情報を御贈りいたします。京都・嵐山観光やご宿泊、結婚披露宴などのお祝い事や、ご法事などのご会食に最適な料亭旅館 【KYOTO RYOKAN ONSEN】
KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI is a traditional Japanese-style hotel near TOGETSU-bridge which is famous for it beauty in Arasiyama.

TOGETSUTEI was named after TOGETU-Bridge by the first owner.

Arasiyama is known for its scenery than change with season,
cherry blossoms in spring, fresh green in summer, red leaves in autumn and snow-scape in winter.

There are many historical places around Arasiyama.
TENRUUJI with garden of the world cultural heritage.
DAIKAKUJI was an imperial Place in old times.
MATSUOTAISYA is the oldest Shinto shrine in Kyoto.
SEIRYOUJI, NONOMIYA, GIOUJI, etc・・・

We are pleased to serve a course dinner of beautiful Kyoto Kaiseki cuisine.

We are looking forward to serving you the same veritable.
Dishes as Japanese guests even if you know only SUSI or
TENPURA.

We are sure that you will enjoy the night drinking SAKE Kyoto made in as well.

After dinner please relax and get warm in our hot spring.

What you need to do after taking the hot spring-bath is just to sleep on a soft futon.

We hope that you will enjoy experiencing Japanese culture and feel the spirit of Japanese hospitality while staying with us.

When you visit Japan, make sure to experience and enjoy this classic Japanese inn.

KYOTO RYOKAN TOGETSUTEI HOMEPAGE

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


スポンサーサイト

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

お客さまの声 2008年3月分 その3
さあ、いよいよゴールデンウィークが近づいてまいりました。
ここ、京都・嵐山も新緑映える行楽日和が続き、昼間は半袖でもいいぐらいです。
ただ朝夕は、とても冷えるので、風邪を引きそうですが・・・

では、本題にっ

<岩永さま>
・嵐山と一体感のある旅館で、料理がとてもおいしく満足しています。
さしみが苦手な私のために火を通していただきおいしくいただきました。
手間をかけていただいて感謝しています。
質問にもすぐに対応していただき2日目も楽しみです。
ありがとうございました。
ただトイレが狭いのが気になりました。
でも25周年(結婚)で渡月亭に泊まりよい思い出になりました。
また30年目に来たいです。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 のりか

☆ご結婚25周年おめでとうございます!
また弊亭自慢の京料理と、サービスにもご満足いただけたようで、私共も幸せいっぱいです!
ご指摘頂きました設備につきましては、すぐにとはまいりませんが、改装・改築等を行う際の参考にさせて頂きます。
岩永さまのご結婚30周年も楽しみにお待ちいたしております!?
ご宿泊ありがとうございました。

<匿名のお客さま>
すごく京都っぽさが味わえてよかったです。
フロントの人もいい人だったし、担当してくれたせいこサンもとても親切で、かわいくてありがとうございました。
私も京都弁しゃべりたいです!
予約の時パンフレットをお願いしたのに届かなかったのは残念でしたが、とーっても良い時間を過ごせました。
明日からまたがんばろう!って気持ちになりました。
友だちや両親にもすすめたいです。
これからもステキな旅館でいてください。
お世話になりました。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 せいこ フロント 山田・前道

☆京都という場所で商売をさせて頂いている我々の意義でもある『京都らしさ』を感じていただけ、嬉しく感じております。
ただ、京都に生まれ京都で育っておりますと、全てがあたりまえに感じてしまい、何が『京都らしい』のか我々自身、見失いがちになってしまいますが、これからもお客さまに『京都』を好きになって頂けるように精一杯頑張りたいと思っております。
また、パンフレットの件なのですが、送付記録をノートに残しておりますので、確認をさせて頂きましたところ、弊亭のミスでリストにございませんでした。
申し訳ございませんでした。
以後、こういうことが無いようにより注意してまいります。
ありがとうございました。

<平山さま 2度目のご来亭です>
夕食はもちろん美味しく頂きましたが、朝の梅ぞうすいを娘に食べさせたく参りました。
京都風に言うなら「はんなり」と言うのでしょうか、フロントも接客もキカイ的でない所が(渡月亭さん)好きです。
次はまた主人と参ります。
おいしかったです。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 あずさ フロント 伊藤

☆なんと嬉しいお言葉でしょう!
弊亭自慢の料理長が作る、弊亭自慢の京料理。
はんなりと楽しんでいただけたようで、料理長も喜んでおります!
またいつか、平山さまの大切な方とのひと時を弊亭でお過ごし頂けたらと願っております。
ありがとうございました。

<匿名のお客さま>
担当の人が美人で良かった。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 あつこ

☆本人も照れ笑いをしておりましたが、彼女はもちろん弊亭のお部屋係は皆美しい女性ばかりです!
どうぞ、その目でお確かめ頂きたく思っております!?
弊亭の係りをお褒め頂き、ありがとうございます。

<原田さま 2度目のご来亭です>
昭和53年3月22日に新婚旅行の2日目の宿にこの旅館を訪ねたと思います。
今回、結婚30周年として再び来館しました。
大変楽しかったです。

ご宿泊棟 碧川閣 露天風呂付特別室 お部屋係 えいこ

☆ご結婚30周年おめでとうございます!
また長い間、弊亭のことを憶えていて頂いていたことが何よりも嬉しく拝見をいたしました。
もしかして、30年前の旅の足跡をなぞってられたのでしょうか?
弊亭では経営理念のひとつとして、『お客様への「おもてなし」は、一期一会の思いに徹する。』としておりますが、その思いが通じてか、原田さまのように何度もお越し頂くお客さまが増えてきております。
ほんとうにうれしいことです!
これからも、二度・三度とお越し頂けるよう、気を抜かず頑張って行きたいと思っております。

月に一度旅行に行かられる方も、何十年に一度の旅行の方にも楽しい旅の想い出作りのお手伝いが出来ればと願っている若主人でした。

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
バナー にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

ボヤ騒ぎ!
またまた久方ぶりの更新です・・・。

昨日の出来事なのですが・・・。
私は月末恒例のお給料祭に巻き込まれ!?PCとにらめっこ・・・。
目もくたびれてきたので、15時頃に遅めの昼食を取ろうと休憩を取った時のこと・・・。

どこからかサイレンの音が聞こえてきて、なにやらどんどん近づいてくるではありませんかっ!?

そして通り過ぎたと思いましたが、何か違和感がありましたので、もう少し様子を伺っておりますと、またあちこちからサイレンが近づいてきて今度は確実に弊亭の近くに止まったのがわかり、あわてて表に出ました。

あたりを少し見回しただけで消防車3台と指令車と言うんでしょうか?赤いワゴンが1台止まっているのが目に入りました!!!

人が集まっている方に向かっていくと、弊亭総務のキーマン(女性なのでキーウーマンですかね?)も同じ方向へ向かっておりました。

彼女に話を聞いてみると、どうやら近くのアパートから煙が出ているらしいとのこと。
なるほど、風向きが変わるとビニールの焼けたような嫌な臭いが鼻につきます。

『出火場所は?』と訊ねると、ナントなんと弊亭が男子寮として借りている部屋が入っているアパートらしい!?

しかも、そのアパートに入っているのは、つい先日九州から来たばかりの若者で、今日は休み。
問題なのは、その若者は『昼頃会社に寄ります。』と言っていたのに、まだ来ていなかった!!!

私、心拍数を上げながら総務のキーマン(キーウーマン!?・・・しつこいですね)に、『彼の携帯に電話してみてっ!』とお願いし、彼女は走って会社に戻りました。

依然詳しい情報がわからないまま、火災元とされるアパートをながめておりますと、どうやら火元は203号室らしい。
あ~うちの子は、303号やから良かった・・・って、真下っ!?
煙に巻かれていないかっ!
無事なのかっ!

ヤキモキしながら、その場でひとごみに巻かれていると、消防の指揮官とおぼしき方が、別の隊員に『どうやら火元の部屋は、渡月亭が寮として借りているらしいから、スペアキーがあるかもしれんから借りてきて』と話しているのが聞こえてきたので、『渡月亭の者ですけど、うちが借りてるのは303号!上の部屋です!』と私ずうずうしくも、その話に割り込みました。

消防署の方は、『あ~わかりました。』←正直ちゃんとは憶えておりませんが、『了解』と言った意味のことをおっしゃったように記憶しております。

その時、ひとごみから意気込んで前に出てしまっていたので、後に戻ろうと振り向いた瞬間っ!?
なにやら見覚えのある顔がっ!

なんとひとごみの中にウワサの303号の彼がっ!?
『だっ大丈夫か?』と、とりあえず訊ねて無事確認。
ほっと一息です・・・。

どうやら総務からの電話もつながり、会社も彼の無事を確認していたようです。

しかしまあ、こんなに近くにいるとは・・・。

その後、彼は消防隊員から『名前は?住所は?』等、質問攻め?に合い、ボヤの鎮火が確認されたようで、その隊員と一緒に彼の部屋の状況を確認に行きました。

幸い、臭いがこもっていたぐらいで、被害は無いようでした。

本当にビックリした・・・。

結局、昼食は16時を回った頃に・・・。

その後、日もどっぷり暮れたころ、営業部長と私で彼の部屋を訊ねました。

どうやら、本人も元気そうで何よりでした・・・。

出火元の部屋の住人も無事のようでしたし、ほんと不幸中の幸いです。

今回は、このボヤ程度で済みましたが、近くでこのような騒ぎがあるとやはり身も心も引き締まります。
いつも言っておりますが、『お客さまの生命と財産をお預かりする』というのは、大変なことだと改めて認識した若主人でした。

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
バナー にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

目には青葉・・・
今日の嵐山は、晴天に恵まれ早くも初夏を感じる一日でした。
鼻も目も少しはムズムズしておりますが、花粉もずいぶんと落ち着きをみせ行楽日和。
桜の花も散り、静かになった嵐山では今、山々の新緑が驚くほど美しく思わずカメラを手に自転車をコギコギ。

弊亭から自転車で、10分程走りますと阪急電車の一駅分、阪急松尾駅に到着です。

渡月橋の下流にかかる松尾橋を渡り、罧原堤(ふしはらつつみ)と呼ばれている堤防の道を走り、嵐山へ向かうのですが、その間の景色が素晴しいので紹介させて頂きます!

渡月橋方面を望む
↑松尾橋を渡りきったところから嵯峨嵐山方面をパチリッ!
遠くに見える山々の一番左が小倉山、嵐山は写真に入っておりません・・・。

松尾橋
↑少し進んだところから、松尾橋を振り返ったところです。

小倉山
↑また少し進んで行きますと、小倉山を正面に見る事ができます。
この写真の左の山が嵐山です。

京都嵯峨美術大学
↑上流に目を戻しますと、写真右端に写っておりますのは、京都嵯峨美術大学です。

嵯峨美前より
↑さらに進んで先ほどの写真の京都嵯峨美術大学の辺りから・・・。
右手に小倉山、左手に嵐山。
だいぶ近づいてまいりました。

渡月橋を臨む 岩田山と嵐山
↑ここまで来ると、ようやく渡月橋が正面に見えるようになりました。
右の写真の中央のこんもりした小さい山が岩田山、その後の大きな山が嵐山です。

渡月橋のたもと
↑所要時間30分程でしょうか、ようやく渡月橋まで戻ってまいりました。
この写真は渡月橋、渡月橋の脇に渡月小橋があり、その渡月小橋の脇に弊亭がございます。

逆光の影響もございますが、やはり私の写真技術では嵐山の新緑の美しさを表現することは・・・。
目に映り広がる景色と空は、直に見て頂かないと10分の1も伝わりません。

生命力溢れる木々の息吹を感じるのはやはり、この時期が一番です。
今の静かな嵐山で新緑に身も心も癒していただきたい若主人でした。

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
バナー にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

お客さまの声 2008年3月分 その2
先日に続きまして、アンケートの発表をさせて頂きます!

<匿名のお客さま>
接客係の方がとてもいい方で子供もお気に入りのようで話しかけたり、部屋に来られるのを楽しみにしていたようです。
料理がとても美味しくて、京野菜・漬物・湯豆腐等、京都を感じてうれしくなりました。
いい思い出が出来ました。
お世話になりました。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 あつこ

☆京都を楽しんでいただけ、良い思い出に関われたことに本当に嬉しく思います!
もっともっと京都を好きになっていただけるように我々も頑張ります!

お部屋を担当させていただきましたのは、とても人間味にあふれる接客業にピッタリの女性です!
人としての力が仕事に直接出てしまうサービス業において、素晴しい力を発揮してくれるスタッフです。
それがお子さまにも伝わったのではないでしょうか?

<北田 伸光さま>
特に料理が気に入りました。
盛り付け、素材、味、どれをとっても「京都」を感じる事が出来ました。
又、仲居さんの接客も「いたれり つくせり」とは、この事だと思い二人で感心しました。
今迄の宿泊施設と比べワンランク上を満喫できました。
ありがとうございました。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 あゆみ

☆弊亭料理長の京料理がお口に合い何よりでございます!
また、その中に『京都』を感じていただき、そのうえ、『ワンランク上』などともったいないお言葉まで・・・嬉しいかぎりでございます!
本当にありがとうございました。

北田さまのお部屋を担当させていただきましたスタッフは、日は浅うございますが、もうすでに京女の雰囲気を漂わせている大変力のある女性で英語も堪能!頼もしいかぎりです!
※力持ちってことではありません・・・念の為・・・!?

<矢野 京子さま>
初めての本当の京料理を堪能させていただきました。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 ともえ

☆このようなお言葉を頂戴いたしますと、コワイ顔の料理長も思わずほころんでしまいます!?

弊亭の料理長は、10代で弊亭に修行に入り、その後別のお店の料理長を何軒か勤めて渡月亭に戻ってきてくれました。
ゴツイ体と太い指・・・ですが、仕事は繊細です。
大男が『ああでもない、こうでもない』とつぶやきながら八寸を盛っている姿はなんとも不釣合いな感じが・・・
職人気質でありながら、お客さまのことを第一に考えている頼もしい料理長です!
また、矢野さまのお部屋を担当させて頂きましたのは弊亭接客部一の大ベテランです。
まだまだ頑張ってくれております!

<荒井さま>
頼んだことに対してすぐ対応して頂いたので良かったと思います。
お料理も、とてもおいしくて、親子共々、満足しています。
又、こちらに来た際は、宿泊させて頂きます。(主人も同伴で)
その時は、宜しくお願いします。
今回は、長男の中学受験合格祝いで参りました。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 まゆこ

☆弊亭での一日を楽しんで頂けたようで嬉しく思っております。
ご子息も無事合格をされ、そんな記念の旅行に弊亭がお手伝いできたことに喜びを感じます!

荒井さまのお部屋を担当させていただきましたスタッフは、一見もの静かな女性ですが、お客さまからの評価も上々な若いスタッフです!
次回お越しくださる時は、ぜひご主人もご一緒にっ!!!
お待ちいたしております!

<小嶋 正史さま 2度目のご来亭です>
今年も三泊四日の京都の旅が出来ました。
昨年と同じ最後に渡月亭さんに決めていました。
○○○の○○○○○良い部屋でとても感激致しました。
昨年とはまた違った創作料理にも感動しました。
仲居さんの優しさ対応の良さ旅の疲れを忘れさせられ癒されました。
すばらしい旅館とても勉強になりました。
また良い思い出が出来ました。
また来年も健康でお寄り出来ればと思って居ります。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 れいこ

☆弊亭自慢の京料理とサービスにご満足頂けたようで、とても嬉しく読ませていただきました!
また来年も良き思い出のお手伝いが出来ることを心より願っております。

小嶋さまのお部屋を担当させて頂きましたのは弊亭では数少ない経験豊富なスタッフですので、安心して全てを任せております。
サービスの根本はやっぱり『人』ですので、頼もしいかぎりです!

なんとか弊亭も無事に創業110年をむかえることができました。
京都では、100年でようやく一人前ともいわれますが、これで我々も一人前の仲間入りをする事ができるのでしょうか?
そんななか暗くて辛く、そして長い不況からやっと抜け出せそうな予感がしてまいりましたが、よくよく考えると今までマイナスであったものがようやくゼロになりつつあるだけ・・・。
もっともっと頑張らないと、たくさんのスタッフとそのご家族を支えることが出来ません。

手の届く範囲の商売なら、自分と周りの人の心配だけしていればいいのですが、弊亭の規模(25部屋)になるとなかなかそうもいきません。
ひとりひとりの少しづつの我慢が会社を支え、会社が存続するからこそスタッフとそのご家族の生活を守ることが出来る。

この思いを全スタッフが共有することが出来れば、渡月亭は100年後も続けてお商売をさせていただけるのかもしれません。

お客さまにはもちろんのこと、弊亭を支える全スタッフに熱い思いを伝えて行きたい若主人でした!

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
バナー にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

お客さまの声 2008年3月分
ほんとうに久々の更新です。
桜とともに私もしばらく散っておりましたが!?なんとか復活!!

恒例の先月分のアンケート公開させていただきます!

<野口さま 2度目のご来亭です>
前回(2年前)に初めて来て、大変満足し、今回又ぜひ来たくて再度の宿泊でした。
立地条件はもちろん、宿もとてもすばらしく大変満足しております。
なにより料理は大変おいしく、感動いたしました。
大人数の宿にもかかわらず料理の内容、タイミング等大変な心づかいを感じています。
とてもリラックスでき、日常から離れたひとときをすごすことができました。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 のりか

☆2年前にご来亭頂いたのですか!?
その時にご満足頂け、再度ご来亭ですか!?
ほんとうに嬉しいお言葉です!
ありがとうございます!

野口さまのお部屋を担当させていただきましたスタッフは弊亭一押しのスタッフの1人です!
これからは、彼女が中心となって弊亭の接客部がまとまっていくものと期待をしております!

<森さま 2連泊して頂きました>
全ての面でこまやかな心づかいを感じました。

ご宿泊棟 碧川閣 お部屋係 みさこ

☆調理場も接客部も、今必死で頑張っております。
それがこうしてお客さまに伝わっていることが、とても嬉しく明日への活力になっております。
ありがとうございます!

森さまのお部屋を担当させていただきましたスタッフは、弊亭に力をかしてくれるようになって今年で3年目をむかえております。
はたから見るとどういう風に見えているのか、当事者の我々にはわからないのですが、旅館業というものは決して楽なお仕事ではありません。
お客さまの生命と財産をお預かりするという重責を担い、良い事も辛い事も経験を重ね今がある。
彼女の最初を知っているだけに『あ~成長したなぁ~』としみじみ感じます!
とても楽しみなスタッフの1人です!

<J・Aさま>
客室係のせいこさんが京都らしい話し方でゆったりしていてそれでいて細かいところまで気が付いてとてもいいかんじでした。
ありがとうございました。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 せいこ

☆京都でお商売をさせていただいている我々が一番気にしなくてはならないのは『京都らしさ』だと思っております。
しかしながら京都に生まれ暮らしておりますと、なにが『京都らしい』のかわからない部分も多く、大きな悩みのひとつになっております。

J・Aさまのお部屋の担当をさせて頂きましたスタッフは、見た目も話し方も『はんなり』していて、まさしく弊亭1の京女!
しかも、内面はとてもしっかりしていて、性格も積極的、とても前向きな女性です!
そんな彼女に京都を感じていただけたのでしょうね。
私、彼女はサービス業をするために生まれてきたんだと勝手に信じております!?

<柴田 真紀さま 2連泊して頂きました>
お部屋の係の方がとてもがんばって下さり、とても対応、雰囲気が良かった為気持ち良く宿泊させて頂けました。
ありがとうございました。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 ちえみ・あずさ

☆弊亭自慢のスタッフをお褒め頂き、ほんとうにありがとうございます!

柴田さまのお部屋を担当させていただきました二人は、とても若いスタッフです。
経験が浅い分、汗をブリブリかきながら必死で頑張っております!
その姿に『とても良い』と評価を頂けたのだと感じております。
この一生懸命さに、さまざまな経験が加わればまさに『鬼に金棒』!?
ほんとうに楽しみな二人です!

<篠田さま>
日常のあわただしい生活から、一転、ゆったりとした時間をすごさせて頂きました。
ありがとうございました。
いつも、つかれた時は温泉に行きますが、食事がどうしても、大味になる、傾向があり、今回は、京都を、選びました。
又、来たいと思います。

ご宿泊棟 碧川閣 露天風呂付特別室 お部屋係 えいこ

☆まさしく京都の旅館の良さを感じていただけたのではと嬉しく拝見させて頂きました。
弊亭自慢の京料理にはじまり、温泉、お部屋の露天風呂と嵐山の一日を満喫していただけたのではないでしょうか?

また篠田さまの部屋を担当させて頂きましたスタッフはキビキビてきぱき無駄な動きが無く、またおせっかいすぎず、もちろんほったらかしでもない大人のサービスを実践してくれております。
『つかずはなれず』これは人生経験が豊富で無いとできないことです。
このようなスタッフに支えられ『渡月亭』の評価があるのだとしみじみ感じます。

弊亭では、今若い力があちこちから芽吹いてきております。
頼もしい限りではございますが、私自身も負けないように頑張りたい若主人でした!
こんな風に書いてはおりますが、弊亭ではオールドパワーも、モチロン健在で欠く事のできない力です!

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
バナー にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

2008年 嵐山桜情報 Ⅴ
昨日中、降り続いた雨により、嵐山の桜たちは・・・
雨さえ降らなければ、今週末も桜が楽しめたはずなのに、こんな無残な姿にっ!?

渡月小橋より
↑渡月小橋からはこんな感じです。

松風閣前の枝垂桜① 松風閣前の枝垂桜②
↑松風閣前の2本の枝垂桜は若いからなのでしょうか?
雨にも風にも負けずに咲いております。

中ノ島公園① 中ノ島公園②
↑しかしながら、中ノ島公園はこのように無残な姿になってしまいました。

中ノ島公園③ 中ノ島公園④
↑少ないながらも、花びらを保っている桜もございます。

中ノ島公園⑤
↑少なくなった桜に注目が集まっております!?

八重桜① 八重桜②
↑おそらくこの株は、八重桜だと思われます。
満開までには後4・5日かかりそうです。

太鼓橋左側 太鼓橋右側
↑いつものように公園を抜け、太鼓橋へ。
橋からの眺めもずいぶん寂しくなってしまいました。

増水
↑橋から目を落とすと・・・
だいぶと水かさが増しております。

一番桜
↑公園内で一番に咲いた一番桜。
早くも春の装いから、初夏へ向け変身しております!?

花の命は儚くも短く、潔く散るさまも美しいのに今年は見ることができませんでした。
自然の力の前にはどうする事も出来ません。

これぐらいのことであれば、他愛ないことではありますが、阪神大震災以降、大きな自然災害が日本列島を度々襲っております。

自然の力が穏やかに働くように人間の経済活動も少し穏やかにしなければならないのかもしれません。

なんとなくそんな気がする若主人でした。

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
バナー にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

2008年 嵐山桜情報 Ⅳ
嵐山の桜たちは、ちょうど先週末から見頃を迎え、人出も多く渡月橋付近の道路は夕方過ぎまで渋滞でつながっておりました。

月曜日は雨でしたが、なかなかの人出があり、今日火曜日は晴天という事もあり、やはり沢山のお花見のお客さまが来られておりました。

お昼のお客さまが、一段落した頃・・・コソコソと現場を抜け出し!?ブログ用の写真を撮りに外へでました。

今が見頃と咲き誇る嵐山の桜たちをご覧下さい!

渡月小橋より 松風閣へさき
↑渡月小橋からの眺めです。 ↑弊亭、松風閣の前の公園の桜も満開です。

松風閣前の桜① 松風閣前の桜②
↑松風閣のまん前に咲いている枝垂桜です。
薄ピンクの可愛らしい花が印象的です。
私の腕にしてはなかなか良い出来で自己満足!?

松風閣前の桜③ 松風閣前の桜④
↑こちらも松風閣の前の枝垂桜です。
先ほどの桜も、こちらの桜もまだまだ若い桜ではございますが、美しく咲いております。

中ノ島公園の枝垂桜① 中ノ島公園の枝垂桜②
↑何度も紹介いたしております、中ノ島公園1の枝垂桜です。
この桜は少し早くに満開になっておりましたので、今は寂しくこの通り・・・。

川べりの桜① 川べりの桜②
↑しかし、その枝垂桜のむこうに並んだ桜たちは、今が見頃と咲き誇っております。

太鼓橋① 太鼓橋②
↑おなじみの太鼓橋です!? ↑左側を見ますとこの通り。

太鼓橋③ 太鼓橋④
↑そして右側を見ますと、山桜もご覧いただけます!

屋台 駐車場
↑橋をこえると屋台がでております。 ↑こちらは駐車場なのですが、駐車場にしておくにはもったいないくらい桜が咲いております。

駐車場の入り口の桜 駐車場から見える山桜
↑駐車場の入口もこの通り ↑駐車場からも山桜がご覧いただけます。

花びら① 花びら②
↑駐車場の奥に咲く美しい桜に心を奪われ!?思わずパチリ!
写真では良くわからないのですが、この桜の足元にいると、風が吹くたびにサワサワと枝が揺れ、花びらが降りかかってきます。

桜絨毯
↑この桜の絨毯を踏みしめ歩いていると、忙しい日常を忘れさせてくれます。

穏やかな春のひと時、満開の桜を愛でるのも、もちろん素晴しいのですが、私個人的には、風に揺れハラハラと花びらが舞う時期の桜が1番好きです。

散りゆく花びらが川面に浮かび、流れゆくさまに儚さと切なさの入り混じった複雑な『美』を感じます。

商売柄!?いつも夜の葉桜での『お花見』しかできないので、一度くらいはポカポカ陽気の春を感じながらのお花見がしたい若主人でした。
まあ私の場合、お花見とはいっても、お酒は飲めないので、ウーロン茶ではありますが・・・

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
バナー にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

2008年 嵐山桜情報 Ⅲ
ここ数日、嵐山は暖かい日と、肌寒い日が交互に訪れ季節の変わり目を感じます。

私はと言いますと体調管理不足で花粉症の鼻水なのか?風邪のせいの鼻水なのか?とりあえず鼻水が止まりません!?

下品なお話はこのぐらいにいたしまして・・・
本題の京都・嵐山の桜の開花情報をお伝えいたします!

本日お届けいたしますのは、嵐山にある『中ノ島公園』の桜の開花情報です。
各々木により違いはございますが、全体的には5分~7分咲きといったところでございます。
今週末には見頃をむかえるのではと期待をしております!
百聞は一見にしかず!
写真をご覧下さいませ!

渡月小橋より
↑まずは弊亭のすぐ脇にございます『渡月小橋』からの眺めでございます。

松風閣① 松風閣②
↑中ノ島公園の中にございます『渡月亭 松風閣』の周りの桜の様子です。
川の冷たい風を直接受けるからか、他の桜より少し開花が遅いように思います。

中ノ島公園入口 中ノ島公園入口桜アップ
↑今度は、松風閣の向かい側の中ノ島公園へ。

公園内 枝垂桜前
↑公園内の大きな枝垂桜に向かいます。

枝垂桜 枝垂桜の向こう
↑公園の主ともいえる!?この枝垂桜には多くの方が目を奪われておりました。

太鼓橋 屋台
↑今度は太鼓橋に向かいます。
この時期には、屋台も出ております。

アップ① アップ②
アップ③ アップ④
↑いつもの手ブレがあまり出ず、なかなか綺麗に撮れました!←自己満足!!

太鼓橋より① 太鼓橋②
↑時代劇の撮影に良く使われた通称『太鼓橋』です。
時代劇自体が少なくなってきましたので、当然撮影も少なくなってしまいました。

ちなみに25・6年前でしたでしょうか?私の実家の隣のマンションには『M平 K』さんが住んでおられました!
当時は、まさかあの人が『サンバ』を踊るなど思いもしませんでしたが・・・!?

お花見場所① お花見場所②
↑ここは地元の方々が訪れる有名なお花見場所になってしまいました。

以前はお花見時期が終わると猛烈な生ゴミ臭が辺りを覆う事もありましたが、ここ数年は、状況がよくなってきました。
長く続いた不況の影響でお花見をする方が減っているのか?
お花見をされる方のマナーが良くなってきたのか?

当然、後者と思いたい若主人でした!

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
バナー にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

大番頭のひとり言 その二十七 『雪月花』
嵐山の桜は五分咲き、月は満月に近く気温は12度。
桜咲く頃は、このような日が何日かある。
これを先人は『雪月花』と粋な言葉で表現した。

今日4月1日は新入社員の入社日。
今年の定期採用は7名。

男子社員1名は調理部で調理人見習としてつらい厳しい修行をすることになる。
何時の日か花板さんになることを夢見て・・・

女子社員6名は試行期間の後、各々適所と思う場所へ配属となる。
一人一人が我が家に大切なお客様をお迎えする気持でお客様に接して欲しいと願っている。

昨年4月1日に入社した社員さん達も今日から先輩として指導する立場になるので新入社員より緊張しているようにみうけられる。

新しい仲間と共に『安心と安全とご満足』の宿になれるよう『日々改善』・『日々実践』を繰り返し、お客様に『温かい心』・『おもいやりの心』を大切にしたおもてなしを心掛け、小さな感動をお土産にお帰りいただき日本の旅館文化の継承をして参りたいと思っている。

新入社員さん達を心から歓迎し今後に期待しております。

渡月亭 大番頭

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
バナー にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

京都嵐山温泉 渡月亭 HP


テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

copyright © 2005 京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.