京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】
京都嵐山の料亭旅館『渡月亭』の主人が、不定期に渡月亭はもちろんのこと京都・嵐山の情報を御贈りいたします。京都・嵐山観光やご宿泊、結婚披露宴などのお祝い事や、ご法事などのご会食に最適な料亭旅館 【KYOTO RYOKAN ONSEN】
お客さまの声 2008年12月分
ここ嵐山も京都ならではの底冷えが続き、事務所のドアが開くたびに冷風が差し込み、身体が芯から冷えて凍えてしまいそうです。

全国的にインフルエンザも流行してきているようですので、お気を付け下さいませ。

ではでは昨年の末にお書き頂きました弊亭のアンケートを公開させて頂きます!

<きよちゃんさま>
■非常に満足に印をつけて下さいました。
部屋が○○○の目の前でとても良かったです。
お茶はもちろんですが、○○の○○○○が美味しくてチェックアウトまでゆっくりできました。
花灯路もステキでした。
準備で大変な思いをした甲斐がありましたね!
お世話になりました。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 ともえ

☆きよちゃんさま!たびたび弊亭ブログにもコメントを頂き、本当にありがとうございます!
また、嵐山花灯路もご堪能頂けたようで、嬉しい限りでございます!
朝早くからのご準備、大変でしたでしょうが、またいつか京都に遊びに来て頂けたらと思っております。
旦那さまにもよろしくお伝えくださいませ。
ご宿泊ありがとうございました!


<橋さま>
■非常に満足に印をつけて下さいました。
前回、こちらで予約をとりたかったのですが、とれなかったので今回が利用初めてになります。
今まで京都でとった宿の中で一番満足できました。
ぜひ又利用したいです。
係のれい子さんは、とても親切でした。
ありがとうございました。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 れいこ

☆春の桜のシーズンと秋の紅葉のシーズンは需要が多く、お部屋数に限りがある弊亭ではご予約が取りにくい場合もございます・・・申し訳ございません。
そんな中、何度もお問合せ頂き本当にありがとうございました。
またいろいろとお手数をおかけしてしまったにもかかわらず、弊亭にご宿泊頂き、嬉しい限りでございます。
京都は、季節季節で様々な表情を持つ町ですので、違う季節にお越し頂ければ、また違った京都をお楽しみ頂けると思います。
またいつかお目にかかれることを楽しみにしております。
ご宿泊ありがとうございました。


<匿名のお客さま>
■普通に印をつけて下さいました。
(夕)食事が非常にまずかった。数をへらしてもっと新しくおいしいものを少なくていいので出して欲しい。
時間がかかった(夕食)はこぶのが大変だと思う。
風呂のお湯の出が悪い。
温度はきもちよかった。
お世話になりました。
ありがとうございました。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 ちえみ

☆全てのお客さまにご満足頂けますように努めているつもりではございますが、お食事がお口に合わなかったとのこと・・・本当に申し訳ございませんでした。
その他の点につきましても弊亭の力不足を認識し、京都の良さ・旅館の良さ・京料理の良さをすべてのお客さまに感じて頂けますように、見直すべきところは見直し、評価して頂ける宿になれるよう頑張りたいと思っております。
ご宿泊ありがとうございました。


<黒田さま>
■非常に満足に印をつけて下さいました。
あたたかい雰囲気といきとどいたサービスで新婚旅行のすてきな思い出の1つとなりました。
お食事の味付けともりつけがすばらしくて感激しました。
『紅雲』は露天風呂とひのき風呂があって最高のぜいたくを味わいました。
紅葉の朝の風呂は忘れません。
ありがとうございました。

ご宿泊棟 碧川閣 露天風呂付特別室 お部屋係 てるみ・えいこ

☆人生の最も大切な機会のひとつである『新婚旅行』のお宿に、弊亭をお選び頂き誠に光栄に感じております!
弊亭自慢の京料理と接客、特別室の部屋付きの露天風呂にもご満足頂けましたようで嬉しくアンケートを拝見させて頂きました!
また、お二人の人生の節目やご家族との記念日に京都にお越し頂ければと願っております。
黒田さま、ご結婚おめでとうございます!


<鷲山 次男さま 15度目のご来亭です>
■非常に満足に印をつけて下さいました。
京都は何回来ても心が大変安らかになりますね。
特に嵐山は何度来ても何度来ても日本人の心の『フルサト』という気がします。
嵐山と渡月橋と嵯峨野の竹林の景観はスバラシイですね。
大変すばらしいお料理を食して大満足です。
又来年もお世話に成りたいと思います。
『ありがとうございました』

ご宿泊棟 碧川閣 露天風呂付特別室 お部屋係 あやこ・ともよ

☆鷲山 次男さま、いつもいつもご贔屓にして頂き誠にありがとうございます。
京都を、嵐山をこよなく愛して下さる方がおられることは、我々にとってもとても嬉しい事で、その嵐山でも弊亭にご宿泊頂ける事に誇りを感じております。
我々は美しい京都を、そして嵐山を守り続け鷲山さまのご期待に少しでも添えるように頑張って行きたいと思っております!
今後とも弊亭を宜しくお願い致します。


京都に生まれ、京都で育ち、すぐ身近にあるが故なのか、京都の良さに気づいたのは随分と時間が経ってからでした。

文化と歴史にあふれる京都。
この京都を守っていく為に自分には何ができるのか・・・。
日々考えながら過ごしております。

最近では、同じ思いの仲間とも知り合うことができ、これから少しづつそんな活動ができればと思っております。

ちっぽけな力でも何もしないよりは良いと信じている若主人でした!

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
バナー にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

スポンサーサイト

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

めざせ!会社の星
2週間ほど前の事ですが、夜何気なしにテレビを見ておりました。
番組のタイトルは『めざせ!会社の星』というNHK名古屋放送局の番組です。

この番組は、アンジャッシュのお二人と、橋本菜穂子アナウンサーと、神奈川大学の講師をされている唐沢明先生が主になり、敬語・丁寧語・謙譲語など使い分けの難しい言葉を、クイズ形式などにして、とっつきやすくした番組なのです。

この出演者の他に、まさしく会社の星と呼ばれるような方が4名出演されております。
はじめは何気なく見ていたのですが、『あれっ!?』と感じマジマジとテレビ画面に目を奪われておりました。

一般の会社から精鋭として送りこまれた4名のうちの1人の女の子に見覚えがあり、頼りない私の記憶を遡っておりました。

苗字は記憶に残っていなかったので、Nさんと聞いてもピンとこなかったのですが、お名前は少し珍しいお名前だったので覚えており、愛くるしい笑顔とその名前でおそらくっ!と感じました。

今から遡ること数年前、当時大学生だった彼女は、弊亭のお食事処『渡月亭・松風閣』にてアルバイトをしてくれておりました。
ほんの短い期間でしたが、本当に人柄の良い子で、すぐに周りにとけこみ、スタッフの一員として頑張ってくれておりました。
もっと続けてほしかったのですが、彼女はもうすぐ卒業・・・卒業後は地元名古屋に帰り、信金さんに就職が決まっていたのです。

テレビの中の彼女とおぼしき人物・・・は信金さんにお勤めで、電話の対応のコンテスト?か何かで数千人の中からトップ10に入ったとの紹介を受けておりました!
当時からとても人柄も良く、丁寧で、勤勉な彼女はさらに努力を重ね、会社が星として押すほどに成長されたのだと、感心と懐かしさが入り混じる心持ちで、番組を見ておりました。

ひょっとして勘違いだったら、失礼千万なので、お名前は伏せさせて頂きますが、Sちゃん見てますよ~!

また京都に遊びにおいでや~!

みんなそれぞれ人生を歩んで行きますが、こうして遠く離れたところにまで活躍している事が伝わってくるのは本当にスゴイことだと感じております!

私も、Sちゃんに負けないように頑張ろうと心新たにしている若主人でした。
でも、足元にも及びませんが・・・。

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
バナー にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP


テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

若手のスタッフ
弊亭では顧客満足度の向上とコストの削減という相反する目的を課題に会議を開きます。

この会議では、これからの渡月亭を担ってくれそうな若手を中心に、ほぼ毎月喧々諤々の討論を行います。

今日も9名が集まり約2時間の会議を行いましたが、このうち2名は休みにもかかわらず会議の為だけに出社してくれておりました!
また休みではなくても貴重な休憩時間を会議のために費やしてくれたりと、嬉しいやら申し訳ないやら不思議な感情が生まれてきますが、本当はうれしくてたまりません!

しかも何よりもうれしかったのは、この会議の中では、『それはムリです』『あれはダメです』など会議ではつきものの様な否定的な言葉がほとんど出なかったこと!

会議が終わって議事録を作成しながら、このことに気付き自分自身の他の会議に臨む姿勢を反省しました・・・。

熱い気持ちを持つスタッフがいることに感謝し、この人たちの生活を守る為に利益率の低い旅館という業種をなんとかしていきたいと改めて感じました!

今日は自己の反省とスタッフ自慢の若主人でした!

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
バナー にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

雪の嵐山
ここ数日冷え込みが厳しく、今日も朝から小雪がチラチラ舞っておりました。

小倉山
↑渡月小橋より小倉山を望む。

玄関先
↑渡月亭・碧川閣の玄関先もこの通り。

坪庭
↑弊亭・碧川閣の坪庭にひっそりと咲くサザンカにチラチラと小雪が舞う様子はまるで油絵を見ているような錯覚を覚えました。
あまりの美しさにカメラを取り、映してみましたが、見ていた風景とは全く違う写真にガッカリです・・・というか私の写真技術では当然ですけど・・・。

このあと、お客さまのお出迎えで玄関先に立ってそうこうしているうちに玄関先の注連縄が傾いていることに気付きました!?
『えっ』、そんなに風きつかったかな?といぶかしがりながら直しに行くと・・・あら大変!?
注連縄
↑お気づきになられますでしょうか?
そうです!まんなかのダイダイが無くなっております!!!
昨年は葉牡丹をかじられ、今年はダイダイを・・・恐るべしお猿さん!

昨年の葉牡丹があまり美味しくなかったので、今年はダイダイにしたのだろうか?とひそかに考えている若主人でした!?

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
バナー にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

今まさに!昇ってゆく凛とした京の月!!
満月② 満月①

寒い今日の夕刻、東方の山の稜線から今まさに昇ってゆく満月が、嵐山の渡月橋の上から綺麗に見えました。
空気がことのほか澄んでいたのでしょう。その月は、とても大きく見事な満月でした。写真では、ちゃんとお伝えできないのが残念です。
京都の寒い冬、また世界的な不況と言われるこのごろ、それらを吹き飛ばすような見事な希望の光のように見えました。
自然に溶け込んだ四季折々に移ろい行く嵐山の風情には、とても素晴しいものがあります。
是非、嵐山にお出かけくださいませ。

営業部長

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
バナー にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

今後の展望
連日暗いニュースばかりの日本。
外気だけではなく心まで寒くなってしまいそうですが、そんな中、事態の打開に向け!?勉強会に行かせて頂きました。

その勉強会の講師の先生はといいますと、同業者の方から、旅行業者の方、そして日本経済を研究されている方など様々な立場の面々。
様々な方面から様々な考えや取り組みをされている方々のお話は説得力があり、長い長い講義時間でしたが、眠気が襲ってくるどころか、聞いているだけで汗をかいてしまうような会場の雰囲気でした。

その中で、とても衝撃的なお話を伺いました。
『日本は景気が悪いのではなく、こんなものなのだ!』
『一番消費をする労働人口(15歳~64歳)が減っているのだから物が売れなくて当然・・・云々・・・』

現状を正しく認識し、その為の方策を練る。
簡単に見えて難しい事です。

当然今までのやり方は通用しなくなってくるのでしょうし、新しいビジネスモデルを構築しなければ生き残るのは難しい。

同じ業種であっても業績はそれぞれ違う。
まさに努力と戦略の違いが、そこに表れています。

前々から考えていたことを改めて伺いうなずいたり、思いもしない考えに目から鱗が落ちたり・・・それぞれの立場から伺えば納得でき、また総合的に考えると相反する考えでもあったり・・・。

この日本という国でどう生き抜いていくのか・・・考えさせられ、いくつものヒントを与えて頂いたように感じております。

何から手をつければいいのかまだまだ混乱中の若主人でした。

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
バナー にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

お正月
慌ただしい年末から、年が明けて 元旦の年賀式(お客さまのチャックアウトのあと、ほぼ全社員が揃っての年頭の挨拶)ではしみじみと『あ~新しい年になったんだなぁ~』と感じましたが、それ以外ではなかなかお正月を感じることが出来ておりませんので、自分自身のお正月感を取り戻すためにも!?写真を撮ってみました!

ではでは玄関から・・・
玄関 碧川閣 玄関 秀山閣
↑門松に注連縄に葉牡丹。ん~お正月らしい!

鏡餅 餅花
↑鏡餅と餅花を見て、もうお正月満喫です!?

毎年思いますが、鏡餅は1日経っただけでもうひび割れ・・・館内は想像以上に乾燥しているということなのでしょうか?
それとも・・・素行が悪い私への戒めなのでしょうか?

弊亭は今年で113年目を迎えております!
私自身は『113年っ!?』と感じますが、ここ京都では創業100年ぐらいはまったく驚かれません・・・なんせ天保やら享保やら、そういえば日本史で聞いたことあるなぁ~というような時代の創業のお店がたくさんあるからです。

私達の働くこの渡月亭はまだまだひよっ子ではありますが、1年1年の重みを感じながら日々営業を続けさせて頂いております。

どうか今年も宜しくお願い申し上げます!

いろんな意味で新年から身が引きしまる若主人でした!?

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
バナー にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

大番頭のひとり言 その三十九
本年創業113年目を迎えます。

明治・大正・昭和・平成と長き年月をお客様のお陰で商いをつづけさせていただいておりますこと心より感謝申しあげております。

小生も二代目・三代目・四代目(若主人)と三代に渡りお仕えさせてもらっております。

二代目(現会長102才)から入社して2年目頃だったと思いますが『商いには商道(あきないどう)という道がある』と教えられました。
お泊まりやお料理で私共渡月亭が底を浚うような商売をすると成り立たない店がでてくるというのだ。
高い料金を希望されたら他店を紹介し、安い料金を希望されたら他店を紹介し互いに商いをつづけられるようにする。
自分のところさえ良ければという考えはしてはならないと。
また同業者は商売敵ではなく商売仲間であり互いに協力するようにとも教えていただいた。

三代目(現社長)には22年間お仕えしています。
『接客業とは』・『おもてなしの心とは』・『感謝と奉仕の心とは』など入社した頃夜遅くまで個人教授をしていただきました。
社長の教育期間中にパンチパーマに白いスーツで出勤して叱られたことがあった、まるで『安物の地上げ屋のようだ』と・・・。

若主人からは年に似合わず『行け行けどんどん』を時にたしなめられることもある。

今秘かに自分の愛車の車高を3cmほど低くしようかと真剣に考えている、66才のちょい悪じいさんですが今年は若の後見役に恥じない行動をしなければと心から思っております。

安全と安心とご満足をお約束できる宿になれますよう一層の精進を重ねて参る所存でございますので何卒本年もよろしくお願い申し上げます。

平成二十一年元日
渡月亭 大番頭

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
バナー にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

copyright © 2005 京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.