京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】
京都嵐山の料亭旅館『渡月亭』の主人が、不定期に渡月亭はもちろんのこと京都・嵐山の情報を御贈りいたします。京都・嵐山観光やご宿泊、結婚披露宴などのお祝い事や、ご法事などのご会食に最適な料亭旅館 【KYOTO RYOKAN ONSEN】
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お客さまの声 2009年3月分
一昨日は1日シトシト、雨の嵐山でした。

ここのところ晴天続きで観光にはもってこいでしたが、あまり雨が降らないので農作物は大丈夫かな?と心配しておりましたので、まさに恵みの雨・・・かな?
観光業の我々にとって土曜日の雨は・・・シトシト涙雨・・・です。

それでは、3月分のアンケートを少し紹介させて頂きます!

<尾坂 先さま>
■非常に満足に印をつけて下さいました。
手の込んだ御料理味よし、量よし、夕食・朝食ともに完食しました。
旅行してはじめてのことです。
○○○○○・○○○○の設置してある部屋が多い中、枕元に置いてくれる気遣い、感心しました。
仲居(接客係)さんのごく自然な接待、快適な時間を過ごすことが出来ました。
心こもる『おもてなし』本当にありがとうございました。
良い想出が一つ増えました。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 りか

☆弊亭は、施設が古いぶん『お料理』と『おもてなし』でしか頑張れませんので、その『京料理』と『おもてなし』にご満足頂けましたようで嬉しい限りでございます。
また、尾坂さまの京都の想い出の1ページに弊亭が加われた事に無上の喜びを感じます!
また、いつの日か良い想い出を創りに京都へいらして下さいね。
ご宿泊、ありがとうございました。



<匿名のお客さま>
■満足に印をつけて下さいました。
ほぼ満足ですが、1点だけ気になりました。
チェックイン時間より少し早く(30分くらい)到着したのですが、入れてもらえませんでした。
ホテルに宿泊することが多いのですが、こういうことはあまりないので、少し驚きました。
旅館だとこういうものなのかなと思いました。
女性ものの浴衣が2種類選べて良かった。
きれいな柄で満足しました。

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 ゆみこ

☆ご不便をおかけし申し訳ございませんでした。
チェックイン時間前のご到着でもお客さまのお部屋の清掃が完了しておりましたらご案内させて頂いておりますが、弊亭は25部屋しかなく、またそれぞれが少しづつ誂えが違いますので、先に着かれたお客さまから順々にお入り頂くホテルさんのようには出来ていないのが現状でございます。
しかし、出来うる限り時間短縮を目指し、出来るだけ早くご案内できますように努力して参りますので、何卒ご理解頂きますようお願い申し上げます。
末筆になりましたが、ご宿泊ありがとうございました。



<青木さま>
■非常に満足に印をつけて下さいました。
駐車場にまで迎えにきていただき、まるで“大切な人を迎える”あたたかさに、感動いたしました。
ゆったりとしたひとときを過ごさせていただきました。
まゆこさんの笑顔、応対にいやされました。

ご宿泊棟 碧川閣 お部屋係 まゆこ・えいこ・あずさ

☆弊亭では、『大切な人を我が家にお迎えする気持ちでお客さまをお迎えする』という基本理念を持って、日々営業をさせて頂いております。
それが、青木さまに感じて頂けたのなら、こんなに嬉しい事はございません!
おごることなく、誠実にお客さまとの関係を築けたらと思っております。
青木さま、ご宿泊ありがとうございました。



<工藤さま>
■満足に印をつけて下さいました。
のりかちゃんの笑顔が素晴しかったです!!

ご宿泊棟 秀山閣 お部屋係 のりか

☆工藤さまのお部屋を担当させて頂きましたのは、弊亭の接客部の主任でございます。
彼女は、若いながらも、スタッフをまとめ日々頑張ってくれております。
弊亭の中でも評価の高い係のうちの1人でございますので、安心して任せております。
工藤さまも係の応対にご満足頂けたようで、嬉しく感じております!
また、いつの日か、彼女の顔を見にいらして頂ければ光栄です。
ご宿泊ありがとうございました。



<森本 月子さま 3度目のご来亭です>
■非常に満足に印をつけて下さいました。
いつもお邪魔するたび、変わらぬ御親切をしていただき感謝致します。
皆様の御親切と笑顔それに心のこもった料理にと満足致しました。
又御邪魔しますのでよろしく、お願い致します。
ゆかりさま、有難うございました。

ご宿泊棟 碧川閣 露天風呂付き特別室 お部屋係 ゆかり

☆森本さま、いつもご贔屓にして頂き誠にありがとうございます!
次回、お越し頂けました時にも森本さまのご期待を裏切らないようスタッフ一同精いっぱい頑張りますので、宜しくお願い致します。
またのお越しを心よりお待ち申し上げております。
ご宿泊ありがとうございました。

毎年・毎月・毎日、色々な問題を抱えながら過ごしておりますが、数年前を振り返った時、今本当に素晴らしいスタッフがそろって来たなぁ~としみじみ感じます。また、それがお客さまの評価に結びついている事も実感しております。

不況であろうが何だろうが、こんなスタッフの生活を守る為に頑張ろうと気持ちが高ぶる若主人でした!
気持ちだけじゃなく、業績もね・・・。

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

お食事処 渡月亭・松風閣 HP

スポンサーサイト

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

周恩来首相と嵐山
ここ嵐山には、中国系の観光のお客さまがたくさん来られます。
なぜ、嵐山に?と思われる方も多いでしょうが、それにはワケがあるのです!

皆さん、周恩来元首相をご存知でしょうか?
言わずと知れた中国の偉人のおひとりです!
彼は、学生の頃日本に留学をしておりました。
そして嵐山を訪れた時に『雨中嵐山』という詩を書かれたそうです。

その詩を刻んだ石碑が嵐山公園の一角にあります。
この石碑は、今や日本と中国をつなぐ友好のシンボルとなっており、観光のお客さまは周恩来元首相の詩の石碑を見に来られるのです。

それでは、弊亭から周恩来元首相の石碑のある嵐山公園までの道のりを写真でお伝えします。

渡月小橋
↑弊亭からすぐの渡月小橋を渡ります。

小倉山と大堰川
↑渡月小橋を越えすぐの所から、小倉山と大堰川が臨めます。

渡月橋
↑そして渡月橋も渡ります。

渡月橋角
↑渡月橋を渡り切ってすぐ、左に曲がります。

ボート乗り場
↑この看板が見えましたら、石畳の道を進んで下さい。

石畳
↑さらに奥へと進んで行きます。

公園前の風景
↑左手には美しい景色が広がっております。
夏にはこの大堰川で鵜飼も楽しめます!

石柱 石階段
↑嵐山公園を示す石柱が見えれば、すぐ石段です。

中程のサイン 石段②
↑石段の中程にはこんな看板がありもう少しです。

看板群
↑石段を登り切った所に案内板がたくさんありますが、肝心の周恩来元首相の文字が見えません!?

直前サイン 直前サインズーム
↑でもご心配なく!
すぐ右をむけば・・・。

裏面全体図
↑ようやく石碑に巡り合えました!?
でも裏面ですよね。

全体図 アップ
↑そしてこちらが、正面です!
これを見にたくさんの方が来られるのです。

数年前には、温家宝首相もこの石碑を見に来られました。
その時は、ビックリするくらいの警備の人の数に圧倒されたのを覚えております。

弊亭からは15分程の道程ですので、嵐山の景色を楽しみながら歩いて頂ければと思っております。

詩の意味は・・・漢字をなぞりおぼろげにしか理解できない若主人でした。
トホホ・・・。

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

お食事処 渡月亭・松風閣 HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

松尾大社の山吹
桜が終わり少しさびしい嵐山ですが、日に日に新緑が芽吹いて、嵐山は桜の淡い桃色から生命力漲る緑へと衣替えをしている最中でございます!

そんな合間の時期ではありますが、見どころは他にもあります。
今日のブログの題名にもしております松尾大社の山吹(ヤマブキ)です!

松尾大社は山吹のまぶしいオレンジ色に満ち満ちております!
その様子をご覧下さい。
山吹① 山吹②
山吹④ 山吹③
山吹⑤ 山吹⑥
山吹⑦ 山吹⑧
↑山吹にも色々種類があるそうですが、松尾大社さんの山吹は八重のようです。

今回は、山吹だけの紹介になってしまいましたが、松尾大社さんは京都最古の社で、お酒の神様としても有名です。
また、神前式も行われ、このあたりはみんな松尾さんの氏子です。
私も小さい頃は、松尾さんのお御輿を担がせて頂きました。

松尾大社へは嵐山から徒歩25分。
阪急をご利用であれば、嵐山駅から一駅の松尾駅下車。
改札を出ますと、目の前に大きな鳥居がむかえてくれます。

今日のブログの写真は、弊亭副支配人の撮影ですので、安心して公開できる若主人でした!?

ちなみに、山吹の花言葉は、『気品』・『崇高』・『待ちかねる』だそうです。

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
バナー にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

お食事処 渡月亭・松風閣 HP


テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

茂山千五郎家狂言 イン 清水寺
もう少し前の話になってしまいましたが、4月1日に清水寺さんで茂山千五郎家狂言が行われました。
これは是非にと、私も少し早めに仕事を切り上げ清水さんへ向いました。

ちょうどこの期間は夜の特別拝観をされていたようで、夕暮れにもかかわらずたくさんの人出に少しおどろきながらも、人の波をかき分けかき分け!?清水さんに向います。

門 入口の桜
↑さすが夜間の特別拝観です。係の方も大勢おられます。
もちろんお客さまもたくさん!
右写真の巨人の帽子をかぶっているのは白人男性です!
日本の野球通なのでしょうか?

団体
↑団体のお客さまのようです。
添乗員さんが説明をしておられます。

京都タワー① 京都タワー②
↑ここからなら京都タワーも良くご覧頂けます!

高所恐怖症
↑高所恐怖症ながら恐る恐る・・・。

舞台
↑振り向くと舞台が整えられております。
運良く最前列に座ることが出来ました!

いよいよ始まります。
清水寺御開帳記念・清水奉納檜舞台・坂上田村麻呂公1200年御遠忌

茂山 千三郎さん
↑まずは、茂山千三郎さんによる『田村 間語』です。
これは、大変難しく(私にとってはですが・・・)全くもって理解が出来ませんでした・・・。
修行が足りませんでした!?

続きましては、茂山千五郎さん・七五三(シメ)さん・正邦さんという超~豪華な顔触れによる『武悪』です。

正邦さん
↑まずは茂山正邦さん。

千五郎さんと正邦さん
↑茂山千五郎さんと正邦さんの一場面です。
このあたりは、かなりシリアスで、笑うところなどなく、このまま物語はどないなってしまうのだろうと心配になっておりました。
(あくまで私観ですので、読み取れずそう感じただけかもわかりませんが・・・)

七五三さんと正邦さん
↑茂山七五三さんの登場ですが、あいかわらずシリアスな展開に緊張して見守っております!?

この後、ようやく笑える場面が押し寄せて来て、徐々に緊張もほぐれて参りました。
前半がシリアスな分、そのギャップで余計に笑えるのか?楽しく見させて頂きました!

もちろん私もですが、観客は興奮冷めやらぬといった感じで、終演の際にはたくさんの拍手が鳴りやまないくらいで、大変な反響でした!

そして帰りの道すがら、せっかくの夜間特別拝観ですので、あちこち見て回りました。

京都タワー③
↑暗闇に京都タワーが輝いておりますが、いつも通りの手ぶれ写真で恐縮です・・・。

奇跡の一枚
↑そんな手ぶれ常習犯の私ですが、この日はなぜか奇跡の一枚が撮れました!!!
自画自賛の一枚です!

清水の舞台
↑最後に暗くてよくわかりませんが、清水寺の代名詞でもある清水の舞台を下から写してみました。

今、清水さんでは5月末日までご本尊の特別公開をされております。
24年振りの公開だそうです。
ご説明頂いたご住職が『次回はまた24年後ですので、あぶないなぁ~と思われる方は是非今回拝んで帰って下さい』と爆笑を取っておられました!

24年後・・・一応生きているかとは思いますが、なんとか5月末日までに御本尊を拝んでおきたい若主人でした。
当日は、参拝者が多く断念致しましたので・・・。

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
バナー にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

お食事処 渡月亭・松風閣 HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

2009年 嵐山桜情報 Ⅳ
今年は天候に恵まれたこともあり、嵐山の桜はとても長持ちし、観光でお越しになられたお客さまも充分に楽しんで頂けたのではと感じております。

日曜日には散り際の桜吹雪に、『わ~雪みたい!』との歓声も聞かれました。

散り際が良いのも桜。
昨日の雨で、ほぼ桜は終了してしまいました。

ただ、先日の嵐山桜情報Ⅲでお伝え致しました法輪寺の法輪寺桜は今、満開です!

法輪寺表参道
法輪寺さんの表参道の石段です。
とても趣があるでしょう?

法輪寺よりの眺め
↑石段を登り切り、見晴らし台から送り火で有名な鳥居形の曼荼羅山を見ております。

見晴らし台から振り向き、多宝塔の横を見ますと・・・
法輪寺桜① 法輪寺桜②
↑今、満開の時をむかえております。

新緑① 新緑②
↑嵐山は春から初夏へと衣替えを始めております。
この美しく生命力溢れる嵐山の新緑も楽しんで頂きたい気持でいっぱいです!!!

世界同時不況と言われておりますが、嵐山はなぜか海外からのお客さまでいっぱいです!?
本当に世界は不況なのでしょうか?
なんだか不思議なこころもちの若主人でした!?

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
バナー にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

お食事処 渡月亭・松風閣 HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

2009年 嵐山桜情報 Ⅲ
ありがたい事になかなか忙しく、ブログの更新もほったらかしでしたが、今日は少し人出もひかえめで!?お昼過ぎには手も空きブログ更新の為にカメラを片手に嵐山をプラプラ!?
今が盛りと咲き誇る嵐山の桜たちを撮って参りました!!!

中ノ島公園に向かう道
↑嵐山の花見といえばこの場所!中ノ島公園へ向います。

中ノ島公園① 中ノ島公園②
中ノ島公園③ 中ノ島公園④
↑中ノ島公園内は満開の桜でいっぱいです!!!

一番桜
↑ただ一番先に咲いた一番桜はこの通り・・・

花筏
↑桜のシーズンが終わる頃には、花びらでいっぱいの川面もまだまだ花筏と呼べるほどではありませんので、今が桜の盛りであることがお分かり頂けるのではないでしょうか?

太鼓橋を越え渡月橋へ向います。
桜色々① 桜色々②
↑橋を越えたところに色々な種類の桜が並べて植えてあります。
私の写真技術では表現しきれませんが壮観な眺めです!
桜の嵐山と渡月橋、そして着物の女性!京都らしいひとコマです!(写真右)

渡月橋と小倉山 渡月橋と山桜
↑そして公園から見える渡月橋、そして小倉山と山桜(写真右)。
山桜は早くに咲いていたので、盛りは過ぎているようです。

そして次に向うは法輪寺さん。
渡月小橋を渡り、弊亭脇にある裏参道へ。
法輪寺裏参道① 法輪寺裏参道②
↑石段を登り進むと小さな門があり、その門の上には桜が向かえてくれております。
足もとには桜の花びらの絨毯、踏むのが勿体ない。

なぜ、法輪寺さんに向かったかといいますと、法輪寺さんの境内の多宝塔の横に法輪寺桜と呼ばれるめずらしい桜があるからなのです!
法輪寺桜① 法輪寺桜②
↑これが法輪寺桜です!
一見すると若葉が見えているので終わりかけかと思いましたが、近づいて見てみますと、なんのなんのまだまだ蕾がたくさんあり満開はこれからの様子。

昔は嵐山一帯の桜は、この法輪寺桜だったとか。
しかし、いつのころからか桜を植樹するとなると、『ソメイヨシノ』が主になり、いつのまにか見られなくなり、この法輪寺でさえも見る事が出来なくなりました。

法輪寺の現副住職が文献でこの事実をお知りになり、探すに探しなんと『オランダ』で法輪寺桜を発見され、境内に植樹されたと伺っております。

その昔、大宮人達が愛でた嵐山の桜は、この法輪寺桜だったのではないでしょうか?
長い年月を経て法輪寺に帰って来たこの法輪寺桜を見にぜひ嵐山へお越し下さい!

法輪寺表参道① 法輪寺表参道②
↑順序は逆になりましたが表参道へと向い、門の前まできますと、桜が美しく参拝者を迎えてくれております!

あたりを見て回った感じではお天気にも恵まれておりますので、今週末も桜を楽しめそうな感じがします。

まだ、嵐山の桜をご覧になられていない方はぜひ!嵐山へ!

早咲き桜にヤキモキさせられましたが、なんとかいつも通りの桜に一安心。
しかし、温暖化の影響は間違いなく嵐山にも及んでいる事をヒシヒシと体感してしまう若主人でした。
そら、さくらも早よ咲きますわな・・・

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
バナー にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

お食事処 渡月亭・松風閣 HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

新入社員研修会 2009
朝夕はまだまだ肌寒い日が続いておりますが、日中は汗ばむような日もあり、嵐山の桜も日に日に蕾から花開き始めております。

おそらく、この週末から週明けにかけて嵐山の桜たちは満開を迎えるのではないかと思われます。

しかし、今日のブログは『嵐山桜情報』ではなく、4月1日に入社して参りました新入社員の記事を書かせて頂きます。

弊亭では、昨年より新入社員の一斉消防訓練を行っており、もちろん今年も西京消防署の皆さまのご協力を得ることが出来、研修2日目の行事として行いました!
整列
↑訓練前に整列し、注意事項を伺っております。
当日は風が強かったので、肌寒かったようです。

消火中 消火成功
↑まずは消火器による訓練です。
見事消火出来たようです!?

操法① 操法②
↑そして本格的な屋内消火栓の訓練です!
元気良く声を出しながらの訓練模様です。

我々旅館業は、お客さまの生命と財産をお預かりするという大変重大な任務を負いながら日々営業をさせて頂いております。
この4月1日に入社した新入社員8名にも、その事を理解し、いざとなればお客さまの生命を守る為に活躍してもらわねばなりません。

もちろん1度だけの訓練で身に付くはずもありませんが、年に数回の消防訓練を重ねるうちに先輩たちのように活躍出来るようになるでしょう。

決してあってはならない事ではありますが、絶対ということはありえませんので、万が一!万が一に備え、訓練をして、万が一の時に備えております。

今日で新人研修も3日目、いよいよ明日から週末の忙しい現場へと向います。
もう、学生ではなく社会人!これからは人間力が試されます!
仕事はもちろんのこと、人間としても成長してくれることを願っております!

大変お忙しい中、弊亭の消防訓練にご協力をして下さいました西京消防署の皆さま!いつも本当にありがとうございます!
また、通常の訓練の時にも宜しくお願い致します!

消防訓練に限らず、定期的な行事をむかえるたびに、『あ~もう1年経ったのか・・・』と感じてしまいます。
『光陰矢のごとし』とはまさにこのこと。
個人的には課題山積のままではありますが、焦らず自分の出来る事からコツコツやっていきたい若主人でした。
でも、本当はちょっと焦ってます・・・!?

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
バナー にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

お食事処 渡月亭・松風閣 HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

大番頭のひとり言 その四十二 『京の桜』
京の桜は四月いっぱい楽しめる!

天下の名勝嵐山の桜はそろそろ見頃を迎えます。
弊亭の『松風閣』のある中ノ島公園内は染井吉野や枝垂れ桜が咲きはじめ華やかさに満ち溢れている。

天龍寺へと足を伸ばすと華麗な枝垂れ桜が見事、旧嵯峨御所大覚寺の大沢池を巡るように桜並木が続き、朱塗りの多宝塔を飾る八重桜の美しさは格別。

仁和寺の遅咲き桜が咲くのは4月の中旬で御室桜の名がある。

京都嵯峨二尊院の名桜『二尊院普賢象』と呼ばれる桜が咲くのは20日頃から。

そして大取りは『黒田の100年桜』でありましょう。(京都市右京区京北地域)
一重と八重の混じり咲く珍しい種で桜博士で有名な植藤造園15代目当主・佐野藤右衛門氏がこの桜をはじめてご覧になった時、驚愕されたそうです。

15代当主と16代目が30年に及ぶ執念で苗づくりに成功、大阪造幣局の通り抜け百年記念に記念植樹され『黒田の百年桜』と命名されたそうです。

余談になりますが弊亭の『松風閣』のある中ノ島公園に植藤造園16代目当主の枝垂れ桜など今までに5本寄贈しましたがいずれも立派に成長しております。

渡月亭 大番頭

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
バナー にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

お食事処 渡月亭・松風閣 HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

copyright © 2005 京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。