京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】
京都嵐山の料亭旅館『渡月亭』の主人が、不定期に渡月亭はもちろんのこと京都・嵐山の情報を御贈りいたします。京都・嵐山観光やご宿泊、結婚披露宴などのお祝い事や、ご法事などのご会食に最適な料亭旅館 【KYOTO RYOKAN ONSEN】
嵯峨嵐山おもてなしビジョン
ホントにひさびさの更新です。

来る6月11日に嵯峨嵐山地域の5商業団体がこれからの嵯峨嵐山のあるべき姿を標した『嵯峨嵐山おもてなしビジョン』を基軸に据えて、10年後・50年後・100年後も日本人はもちろんのこと世界中の人達から愛される『嵐山』の自然歴史文化を守る為に調印式を行い新しい団体を立ち上げます!

今、その為の準備を水面下で着々と進めております。
とはいいましても私に関しましては、頼りになる先輩方のうしろを金魚のフンのようについてまわっているだけではありますが・・・。

先日は、この次に立ち上げる団体の会則を揉む会議に参加させて頂いておりましたが、先輩方の鋭い洞察力と見識に感心しきりでおりました!
こんな頼りになる先輩方にまじり最年少の私は時折チャチャをいれながら、充実した時間を過ごさせて頂きました。

モノを一から立ち上げるということは大変難しくわからないことの連続ではありますが、熱い思いを持った方々のそばにいれる喜びを感じつつ、少しでもこの経験が自分の力にできるように・・・。

また数日後には、最終の詰めにするべく集まります。
落とし穴があれば、また集まらなくてはなりませんが・・・。

私達が住み、たくさんの観光のお客さまが訪れて下さるこの『嵐山』をより良き地にし、後世にも伝えて行けるように少しでも何かが出来ればと強く願っております!!!

立ち上げを目前に思いますのは、準備期間に2年(もっとかな?)を費やし、その間紆余曲折あり、偶然にも私もこの輪に加えて頂きましたが、今はその偶然と熱い先輩方との熱い議論の中に加えて頂けることに感謝しております!

しかし、団体を立ち上げるのが目的ではなく、どう実現していくかがさらに難しいことも認識している若主人でした!
少しでも先輩方の助けになれるようがんばるぞぉ~!!!

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

お食事処 渡月亭・松風閣 HP

スポンサーサイト

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

京都嵐山 三船祭 2010
一昨日は、京都三大祭のひとつ『葵祭』が行われましたが、昨日はここ嵐山で、『三船祭』が行われました。
この『三船祭』は車折神社さんの行事で昭和3年から行われており、車折神社の御祭神の清原頼業公らの平安の舟遊びの再現なのだそうです。

ところで『車折』って読めますか?
『車折』と書いて『くるまざき』と読みます。
地元の人間でないと読めないかもしれませんね・・・。

この『車折』という名前の由来は、後嵯峨天皇が大堰川へ行かれる際に、神社前を通られた時、なんと牛車の轅(ながえ・下の写真の長い柄の部分)が折れてしまい、それから『車折神社』と呼ばれるようになったとか・・・!?

ながえ
↑これは牛車ではありませんが、長い柄の部分を轅(ながえ)と呼ぶそうです。

晴天① 晴天②
晴天③ 晴天④
↑晴天に恵まれ暑いくらいの日差しの中、またたくさんの観光のお客さまに見守られながら『三船祭』は盛大に行われました。

それでは、その様子をご覧下さい!

正午に『車折神社』を出発され、ゆっくりゆっくり嵐山へ・・・。

出船前 出船前の人だかり
↑到着を待っております。

いよいよ① いよいよ②
↑人だかりで到着時の写真は撮れませんでしたが、いよいよ出船です。

対岸で人だかり
↑対岸も大変な人だかりです!

ボート①
↑川の上も人だかりならぬボートだかり!?

ボート②
↑しかしそんな中を上手にすり抜け保津川下りの船が下ってきます!
職人技です!

牛車① 牛車②
↑これが牛車です。かすかに移っている牛さんはハリボテです!?(失礼なっ!って怒られそうです・・・)

帰って行く牛車① 帰って行く牛車②
↑そして渡月橋を渡り戻って行きます。

龍頭鷁首船① 龍頭鷁首船②
↑御座(ござ)船・龍頭(りゅうとう)船・鷁首(げきす)船とあるのですが、この船は鷁首船です。他の船は撮り損ねました・・・。

そんなこんなで、人混みを抜け会社に戻ってまいりました。
お祭りも確かに良いのですが、お天気が素晴らしく嵐山の良さを実感して頂くのには本当に最適な1日でした!
空は澄み、風清き、新緑が目に眩しい嵐山に惚れ直した若主人でした!

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

お食事処 渡月亭・松風閣 HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

洛西の筍の佃煮
京都の春の代名詞といえば桜と筍です!

しかし、桜も散り筍も終わりをむかえた今、弊亭では筍の佃煮を作っております。

ひょんなことでお知り合いになれた藪の持ち主の方から分けて頂いた洛西の筍です。

ぬか
↑ぬかで湯がいております。

むきむき
↑むきむきしております!?

さらし中
↑刻んで水にさらしております。

アク取り
↑鍋にかけアクを取っております。

本番
↑ここからが本番なのですが、秘密の味付けを・・・

湯気
↑湯気がわかりますか?

もうすぐ
↑もうすぐ出来あがりです!

出来あがり
↑出来あがりました!

箱詰め
↑こんな感じで箱詰めです。

美味しそうでしょ?
↑美味しそうでしょ?

350箱ほど作り、ご贔屓にして頂いております方やお世話になっている方々に送らせて頂きました!
どうです?美味しそうでしょ?

密かに・・・販売するなら3,000円くらいかな?と取らぬ狸の皮算用の若主人でした!?

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

お食事処 渡月亭・松風閣 HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

旧嵯峨御所大覚寺夜間特別拝観と茂山千五郎家狂言の夕べ 2010
昨日、旧嵯峨御所大覚寺夜間特別拝観と茂山千五郎家狂言の夕べ2010を無事終える事ができました!

普段はやっておられない大覚寺さんの夜間特別拝観とご法話と、今年は新たな試みと致しまして、高木洋子女史による京都弁で語る嵯峨野の昔話も加え、パワーアップしてお届けしました!
そして取りは、これまた目玉の茂山千五郎家の皆様による狂言!
今年も七五三(しめ)さん・正邦さん・逸平さんと山下守之さんという超豪華なお顔ぶれによる『蝸牛』(かぎゅう)を演じて頂き、とてもわかりやすい内容に会場からは笑い声がそこかしこから聞こえておりました。

日本の伝統芸能の狂言ではありますが、なかなか目にする機会は無いように思います。
また、来年も催行できればと強く願っておりますので、大本山大覚寺の高僧のご法話と京都弁の昔話、そして狂言を少しでも多くの方に体験をして頂ければと思っております!

少しだけですが、高木女史のお話と茂山千五郎家の皆様による狂言の模様を写真でご覧下さい。

京都弁の昔話① 京都弁の昔話②
↑高木洋子さんによる京都弁の昔話の様子です。
私、高木さんのお話を伺うのはこれで2度目なのですが、今回も大変興味深く、またはんなりとした京都弁が心地良く引き込まれました!
他にもたくさんレパートリーをお持ちだと伺っておりますので、またいつかコラボ出来ればと思わずにはいられませんでした!
ちなみに2枚目の写真は高木さんのお顔をと思い撮りましたが、必殺ピンぼけ写真になってしまいました・・・。
高木さん・・・申し訳ございません。
ユーチューブで『高木洋子』と検索して頂ければ動画が見られます!

茂山狂言① 茂山狂言②
茂山狂言③ 茂山狂言④
↑今回も超豪華な出演者で、迫力の演技と素晴らしいお声に目も耳も奪われ見入ってしまいました!
お話の内容もとてもわかりやすく、笑わす部分については『そうくるか!?』とクスクス笑ってしまいました!

我々素人によるイベントでは集客に苦労し、良い企画だ思っていても失敗する事が多々あります。
しかし、この企画はなんとか続けて、たくさんの方に見て感じて頂きたいと願っております!
そんな気持ちで来年も続けたいと思っておりますので、是非ともご参加頂きたいと『存ずる』!
一夜明けても『狂言かぶれ』が抜けない若主人でした!?

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

お食事処 渡月亭・松風閣 HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

大番頭のひとり言 その五十四 愛宕詣と狂言と
愛宕詣と狂言と

明治30年、今から113年前、渡月亭創業の地は『嵯峨釈迦堂清凉寺』門前に位置し火の用心の火難防除の護符を受けるために愛宕詣をするお客様が宿泊する宿屋であった・・・・・。

このことから今年の新入社員さんに愛宕詣を体験してもらうことにしたのです。愛宕山は標高約1000メートルで京都では一番高い山です。

好天に恵まれた先月26日、おにぎりとお茶を持って皆が嬉々として出掛け、全員が無事怪我もなく、一人の落後者もなく帰って来ることができました。

四月に入社した社員さんは、この一ヶ月間は各部署で色々な仕事体験を重ね、本日1日より正式に各部署にそれぞれが配属となりました。
今日までは職場体験的なところもあり甘いところ、大目に見るところなどがありましたが、これからは現場での教育となります。

時には厳しく指導され、つらく感じることもあるでしょうが登山を終えたときの達成感や爽快感を思い出して頑張ってほしいと思っています。
そんな皆に心から期待をしています。

ゴールデンウィーク最後の5日(こどもの日)は弊亭のオリジナル特別企画旧嵯峨御所大覚寺夜間特別拝観と茂山千五郎家狂言の夕べの開催日です。

閉門後、特別に大門を開けていただき寺内をご説明付きで拝観し、高僧の方のご法話を拝聴します。
その後、大覚寺辺りの昔話を高木洋子さんに京都弁で語っていただきます。
又、茂山千五郎家の狂言は超豪華なお顔ぶれでご期待に添える事と思います。

現在受付中ですが、当日の受付も致しておりますので是非お越し下さいませ。

演 目 蝸牛

出演者 山伏 茂山正邦
     主人 茂山七五三
     太郎冠者 茂山逸平
     後見 山下守之

受付 16:00より
集合 16:50 大覚寺大門前
料金 3,150円

お問い合わせは・・・
075-871-1310
渡月亭イベント係まで(9:00-18:00)『茂山狂言の』とお伝え頂きますお話がスムーズに進みます。

渡月亭 大番頭

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

お食事処 渡月亭・松風閣 HP

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

copyright © 2005 京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.