京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】
京都嵐山の料亭旅館『渡月亭』の主人が、不定期に渡月亭はもちろんのこと京都・嵐山の情報を御贈りいたします。京都・嵐山観光やご宿泊、結婚披露宴などのお祝い事や、ご法事などのご会食に最適な料亭旅館 【KYOTO RYOKAN ONSEN】
渡月橋で月を愛でる
渡月橋で月を愛でる
と題しまして、昨日より嵐山で夜のイベントをしております。

本当ならもっと早くに告知をしなければならないことなのですが、後手後手になりこのありさまです・・・。

とりあえずポスターをご覧下さい!
お月見会① お月見会②
↑きれいに出来ているでしょ?

昨年は、新型インフルエンザの影響で大打撃を受けた関西の経済を立て直す為に、色々と補助金を出して頂けましたので、地域の先輩方が中心となって【お月見会】を初めて行いました。このお月見会は、お月見船に乗ってお月見をして頂くのがメインのイベントでした。
我々の思い以上にお客さまには喜んで頂け、我々自身が【嵐山の月】というものを見直した次第でした。

昨年の様子はコチラ⇒クリック!

今年は補助金が無く催行不可能かと思われましたが、嵐山の各交通機関の皆さんのご協力のもとなんとかなんとか催行にこぎつけました・・・というより各交通機関さんの主導に地元がのっかったような感じですが・・・。

そんなこんなでバタバタ感は否めませんが、少しでも嵐山の月を楽しんで頂ければと思っております!

期間 9月18日~26日
時間 18:00~21:00
会場 法輪寺 月見舞台と万華鏡
    中之島公園内 ムーンシアター
    渡月橋北詰西 LEDの灯りのオブジェ等の展示
    渡月橋北詰西奥 観月船
※いずれも雨天中止

観月船以外は無料ですのでお気軽にお越しくださいませ!

連日夜は会場をウロウロする(遊んでいるのではなく案内ですよ)つもりの若主人でした。

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

お食事処 渡月亭・松風閣 HP

若主人の個人的なツイッター

スポンサーサイト

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

中秋の名月 2010
まだまだ日中は油断ならない暑さの京都ではありますが、確実に秋が近付いていることを肌で感じる今日この頃です。

そんな秋のシンボル『中秋の名月』は、旧暦の8月15日ですが、新暦では9月22日、満月は9月23日だそうです。

嵐山の代名詞の渡月橋(トゲツバシ)にも『月』の文字が入っておりますが、この渡月橋、昔は呼び名が違ったのだそうです。
はるか昔、嵯峨嵐山地域は法輪寺(ホウリンジ)さんが大きな力を持っておられ、法輪寺さんのふもとにあるこの橋は法輪寺橋と呼ばれておりました。

その法輪寺橋が渡月橋と呼ばれるようになったのは、時の権力者・亀山上皇が、この嵐山で月を見ておられると、美しいまんまるの月がゆっくりゆっくり橋を渡って行くように見えたのだとか。
その美しい月に心奪われた亀山上皇は、こんな詩を詠まれました。

隈なき月の渡るに似る
(くまなきつきのわたるににる)

この詩が広まり、いつしか人はこの橋を『渡月橋』と呼ぶようになったのだとか・・・。

創業114年目をむかえた私共、渡月亭は『渡月橋』から名前を頂きましたので、当然と言いますか、『月』には並々ならぬ思いを持っております。
亀山上皇が詩を詠まれたこの地で、また心奪った美しい月を、ゆっくりとご覧頂きたいと思っております。

歴史溢れる嵐山で、今も変わらぬ自然と、悠久の時の流れを肌で感じて頂きたい若主人でした!

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

お食事処 渡月亭・松風閣 HP

若主人の個人的なツイッター

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

重陽の節句 イン 法輪寺
今日は9月9日。
陰陽の陽(奇数)の最大である9が重なる重要な節句なのですが、3月3日の桃の節句や5月5日の端午の節句、そして7月7日の七夕と比べますと知名度が低いように感じております。

そんな重陽の節句ですが、弊亭のすぐ後ろの山にある法輪寺というお寺で法要が行われました。

法要直前
↑法要が行われる13:00前の写真なのですが、すでに本堂は人でいっぱいです。
150人は来られていたのでしょうか?

私、法要が始まる時間のギリギリにうかがいましたので、本堂に入ることが出来きず、脇から除くように参拝させて頂きました。

雅楽から始まり、読経とのコラボレーションといいますか、お寺で雅楽を聞くことがあまりないので不思議な感覚で聞いておりました。
読経のなかで重陽の節句の説明などもあり、重陽の節句への理解も深まります!

そうこうするうち、菊の献花も始まりましたが、本堂の外にあぶれた私まではまわって来ませんでした・・・。

法要が終わった後には、菊地蔵(だったと思いますが・・・)という能が奉納されたくさんの参拝者も見入っておりました。

『能』は閉鎖的な世界だと勝手な思い込んでおりましたが、囃子の中に女性と西洋人と思われる青年も混在していて、ちょっと驚きました!

約一時間ほどの時間でしたが、法要と能という中身の濃い一時間でした。


本堂の撮影はご遠慮下さいとの張り紙がありましたので、撮影はひかえましたが、まわりはパチパチ写真撮りまくりでした。
あれだけたくさんの方が撮っていると私も写真を撮りたくてウズウズしてしまいましたが、なんとか堪えました!?

仏事であるにも関わらず、年配の方もパチパチ・・・せめてフラッシュくらいは気を使って欲しいと思ってしまう若主人でした。
気にし過ぎなんでしょうか・・・。

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

お食事処 渡月亭・松風閣 HP

若主人の個人的なツイッター

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

ビバ農業!! ビバ稲刈り!! その④
私、最近ツイッターも始めましたので、この日は『京丹波なう』『稲刈りコンバインなう』等々投稿しようと考えておりましたが、そんな暇も無くあっという間の一日でした。

ブログに書こうと思うとなかなかボリュームがあり連続投稿で4日もかかりましたが今日で最終回です。

稲刈り講習から稲刈り実習、そして収穫、本日は撤収です。

コンバインのタンクに詰まった新米を軽トラに積み終えましたが、田んぼにはまだ稲穂が残っており私はその刈り取りを任され、先生はまた軽トラで倉庫へ・・・責任重大です!

しかし、なんとか要領も掴み、自分なりに工夫もしながらバリバリ収穫!
慣れてくると収穫スピードも上がりますが、こういう時にミスをしてしまうものなので、もう一度気を引き締めバリバリバリバリ。
緊張しながらもなかなか気持ちの良いものです!
稲穂の周りから刈り取り、後もう少しというところで先生も軽トラで駆けつけてくれました。

①刈り取り
↑やはり段差の走破は先生にお願いしました。
あまりのタイミングの良さに段取り良くいけたと自己満足!

②刈り取り ③刈り取り
↑なかなかきれいに刈れてるでしょ?
この田んぼの半分くらいは私が収穫したんですよ。

④積車 ⑤積車
↑きれいに丸刈り(こんな表現はしないと思いますが・・・)にした田んぼに見とれている間に先生は着々と撤収準備。
青いトラクターのリヤカーに積込です。
これがなかなか厄介のようです。

⑥積車 ⑦積車
↑農業に携わっておられる方の多くが高齢者と呼ばれる年齢になりつつあり、農業を続けるには機械化は不可欠でしょうが、機械の扱いは慎重に行わないと大きな事故につながりかねません。
慎重に・・・。

⑧運搬 ⑨運搬
↑無事コンバインをリヤカーに積込、倉庫へ向います。
この青いトラクターは爆音を響かせております。
私は新米を積んだ軽トラに乗り込み出発!
久々の重ステとマニュアルミッション、一度エンストしました・・・。

⑩運搬 ⑪運搬
↑もう終わりがけにアレですが、今回のほとんど全ての写真は私ではなく、軽トラの助手席に座っている助手!?が撮ってくれました。
助手の割にカメラマン(私)より上手に撮れております・・・。

⑫田園風景 ⑬田園風景
↑収穫は始まったばかりでこの一帯はまだまだ稲の海が続いております。
西日に揺れるこの美しい光景は目に焼き付いて離れません。

まあ、そんなこんなで私の仕事は終了しましたが、先生はこの後も日がとっぷり暮れるまで倉庫の乾燥機と悪戦苦闘していたようです。

ここで豆知識です。
買ってきたお米に茶色や白く濁った米粒が混ざっていることがあるのをご覧になられたことがあろうかと思いますが、あれはカメムシ等の害虫にやられた証拠なのだそうです。
カメムシは米粒が硬くなる前に米に針のような口を刺し込み米の養分を吸い取るのだそうです。
そして吸い取られた米粒がそのようになるのだそうです。
ですから、茶色い米粒がまざっているお米なら、農薬はほとんど使っていない証拠とも言えるのだそうです。
しかし、先生にはこだわりがあり、旅館や料理屋にお米を卸すのに、そんなのを混ぜるわけにはいかないと色彩選別なる工程をもうけるそうです。
このようなこだわりがより良い製品を生み出すのだろうと感心しながら話を聞いておりました。

そんなこだわりを持って育てられた【京丹波産コシヒカリ】はもうすぐ弊亭のもとに届きます!
また日にちが決まれば報告させて頂きますが、ぜひご賞味頂きたく思っております!

※この【京丹波産コシヒカリ】は、これから弊亭のお客さまにご賞味頂きたいと思っておりますが、年間の使用料が多い為、ひょっとすると一年通して(来年の9月まで)の量は少し足りないかも知れません。
その時は、京丹波産キヌヒカリが残っていればそれを採用して、美味しいお米を食べて頂きたいと考えております!

農家の皆さんにとってはこれからが収穫の本番なのでしょう。
まだまだ昼間の日差しはキビシイものですから、くれぐれも気を付けて仕事に励んで下さい!

【京丹波産のコシヒカリ】の新米をモリモリ頬張りたいと思っている若主人でした!
この日も案の定、かかえきれない程のお土産を頂き恐縮しきりの帰り道でした。

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

お食事処 渡月亭・松風閣 HP

若主人の個人的なツイッター

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

ビバ農業!!ビバ稲刈り!! その③
連続投稿3日目。

コンバインの収納タンクにいっぱいに詰まった新米を運搬用の軽トラに積替えます。

田んぼから農道へコンバインを移動しなければ積み替えられないのですが、田んぼから農道に上がる為には結構な角度がつき素人が運転するには少し危険と判断し、そこは先生任せで・・・。

①積替え
↑先生、段差を越え軽トラに突進中。

②積替え
↑コンバインの前に飛び出した大砲のような代物は、もちろん大砲ではなく!?オーガと呼ばれる排出機構なのだそうです。
これも教えて頂いております。
写真の下の方に先生の頭と説明を受ける私の頭がちょこっと写っております。

③積替え
↑説明通りの操作で大空を舞うオーガです!?

④積替え
↑セット完了です!
あとはオーガクラッチ(だったかな?)をオンにしますと排出開始です。

⑤積替え RIMG0848 ⑥積替え
↑ちゃんと出来ているようです。

⑦積替え
↑たんまりつまってきました。

⑧積替え
↑無事排出完了。

⑨積替え
↑乾燥機で数日寝かせて、精米すれば【京丹波産こしひかり】の出来あがり!

明日は最終回です。
また見て下さいね。

小さい頃に良く小林旭さんがCMで歌っていた『赤いトラクタ~』に乗れるとは夢にも思っておりませんでした!
あのCMはクボタかヤンマーかイセキか、はたまた三菱か・・・まったく思い出せない若主人でした。

しかし、私の小さい頃は農業に使う大型機械のCMが流れていたように思いますが、今はHONDAのガスボンベで動く耕作機ぐらいでしょうか・・・。
農家の高齢化にともなう農業就業人口の減少や減反等さまざまな要因が重なっているのでしょうね・・・。
このへんの知識はまったくありませんので、また先生一家に教えて頂こうと思っております!

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

お食事処 渡月亭・松風閣 HP

若主人の個人的なツイッター

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

ビバ農業!!ビバ稲刈り!! その②
昨日の続き、連続投稿2日目です。

イロイロと話を聞かせて頂き、彼の作業を見ておりましたら・・・『ちょっと・・・』と呼ばれてコンバインのステップへ・・・。

なんと横から見ているだけではなく、実際の運転中のコンバインの上から刈り取る様子を見せてもらいました!

①レクチャー
↑コンバインは大きな音がするので身振り手振りをまじえながら詳しく教えて下さっています。
フムフムと頷きながら聞いております。
ちなみに赤い帽子に黄色いTシャツ、そして短パンの”おっさん”が私です・・・。

②レクチャー
↑運転している彼のコンバインにしがみついております!?
まだまだ暑い日中でしたが、写真左上のトンボが秋を感じさせてくれます。

③レクチャー
↑彼の講義と実演を見聞きしながら、しがみついております。

④レクチャー
↑これまでの知っている彼とはまた違った一面を見て、素直にすごいなぁ~と感じました。

⑤レクチャー
↑感心しているのも束の間・・・お気付きでしょうか?
なんと私、運転席に!?
うれしはずかし初運転です!!!
何か収穫のお手伝いをとは思っておりましたが、まさか運転をさせて頂けるとはっ!?
驚きと感謝でいっぱいです!!!
しかし、相手はこんなに大きな機械・・・一歩間違えたら大きな事故、運が悪ければ命を落とすこともある・・・充分に注意して運転するようにと教えて頂きました。
ここからは先生と生徒の関係に!

⑥レクチャー
↑すがすがしい空の下、ミスの無いように慎重に、慎重に運転しております。

⑦レクチャー
↑事故はもちろんのこと、コンバインを壊さないように緊張しながらの運転です。

⑧レクチャー ⑨レクチャー
↑実はこの時、先生は刈り取った新米を倉庫へ運びに行っており、本当に一人での運転です。
慎重に、慎重に・・・。

⑩レクチャー
↑手前を刈って、奥へ向ってひた走り。

⑪レクチャー
↑今度は手前に向ってきております。
写真では全くわかりませんが、稲穂を刈り取りながら進んでおりますと、ビックリするくらいの数のカエルとバッタやカメムシなどが飛び出てきます。
踏みつぶさないように気をつけながら運転しておりますが、それを気にしていたら仕事にならないほどの数です。

⑫レクチャー
↑大量の小さな生き物が飛び出してきますが、良く考えたらここは彼らのお家でもあるので仕方ないですねぇ~。
カメムシの大量発生もあるでしょうが、虫が多いのは農薬を出来うる限り使用しないという彼の信念に基づいた仕事を証明しているのかなとも感じました。
コンバインの左に軽トラが見えますが、新米を倉庫に運びに行っていた先生が帰ってきてホッと一息です。

⑬レクチャー
↑しかもタイミングの良いことにコンバインの収納タンクもいっぱいになりました!
タンクがいっぱいになるとピーピーと警告音が鳴り、結構ウルサイ・・・。
これの消し方は聞いていなかったので・・・先生ぇ~早く来てぇ~!

ということで、今日は終了。
また明日、続きを書かせて頂きます。

ツイッターで実況しようと考えておりましたが、あまりに楽しい時間にすっかり忘れて収穫に没頭していた若主人でした!

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

お食事処 渡月亭・松風閣 HP

若主人の個人的なツイッター

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

ビバ農業!! ビバ稲刈り!!
実は、この秋より懇意にして頂いている農家さんからお米を頂けるようにお願いをしております。

前回もお知らせしておりましたが、収穫時期を迎えましたので、お休みを頂き京丹波まで偵察に行って参りました!

この懇意にして頂いている農家さんというのは、元弊亭の板前さんと元弊亭の接客係さんのご夫婦とご両親で、元スタッフだった2人のことは良く良く知っておりますし、人柄の良い2人とその人柄に育て上げたご両親が作るお米にとても興味があり、試食をさせて頂いたり、育成過程を見せて頂いたりしながらこの日を迎えました。

初めての稲の収穫の偵察ということでワクワクしながら、『明日、何時に行ったらええの?』と聞くと、『お昼頃に・・・』とのこと・・・、てっきり朝から作業が始まるのかと思いきや、稲の収穫は朝露の関係でお昼頃から行われるのだそうです。

そのように言われてはおりましたが、高ぶる気持ちを抑えきれず!?11時前には近くまできてしまい観光がてら近くの滝を見て涼んで過ごしておりました。

そうこうするうちに良い時間になり、2人のお宅に伺いますと旦那さんはもうすでに田んぼへ行って準備をしておられるようで、奥さんと娘さんが迎えてくれました。

稲刈り自体は昼からでも、やはりそれに関わる何かしらの作業はありますよね・・・。
早く来ても良かったのかな・・・。

まあまあ、そんなこんなで懐かしい顔に話がはずんでしゃべっているうちに、旦那さんも戻ってこられ、まずは【腹ごしらえ】と近くのお蕎麦屋さんに出掛けました。

みんなで美味しいお蕎麦を頂き、自宅へ戻ると『まだちょっと準備が・・・』と旦那さんだけ田んぼに向かわれ、私は奥さんと娘さんと午後のお茶タイム!?

そんな気ままな時間を楽しんでいると汗だくの旦那さんが戻ってきて『ではっ』と田んぼへ向います。

稲穂①
↑田んぼに到着しますと、前回伺った時にはまだ青かった稲穂も今ではすっかり黄金色になり、美しい波を描きながら収穫を待ちわび風になびいておりました。

稲穂② 稲穂③
↑実っております。

④収穫 ⑤収穫
↑写真が撮りやすいように色々準備をしてくれていたようで、すごく撮りやすく、真剣な顔つきを男前に撮れました!

⑥収穫 ⑦収穫
↑直近でみるコンバイン(?)はこんな仕組みになっていたのですね!

⑧収穫
↑気持ち良くまっすぐに刈り取って行きます。

⑨収穫 ⑩収穫
⑪収穫 ⑫収穫
↑この真剣な眼差し、農業にかける情熱をご覧下さい!
左手薬指の指輪も光っておりますが、情熱の汗も光っております!

⑬収穫 ⑭収穫
↑車に帽子を置き忘れて、汗だくで頑張っています!

⑮収穫 ⑯収穫
⑰収穫 ⑱収穫
↑数年前まで割烹着を着て包丁を握っていたとは誰も思わない貫禄です。

⑲収穫 ⑳収穫
↑端からぐるっと刈って行きます。
きれいに刈れてるでしょ?

まだまだ、報告は続くのですが、今日はここまで・・・。
続きは、明日書かせて頂きます!

30数年生きておりますが、今まで農業に関わることが無く、今回イロイロと新しい感動を味あわせて頂き、家庭菜園でも始めそうな勢いの若主人でした!
でも家庭菜園を始める前に庭のある家に住まないと・・・(;;)

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

お食事処 渡月亭・松風閣 HP

若主人の個人的なツイッター

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

大番頭のひとり言 その五十八 身辺雑記
先月1日から独り立ちした接客係さん達はまだまだ不充分なところもあるはずなのにお客様の評価がとても高いことに驚いています。
不慣れだけど額に汗してお客様に尽くす姿やご満足して頂きたいと一生懸命に働く姿を認めて下さるのだと思います。
でもお客様にご満足していただくだけではまだ半人前、『感動を与えるおもてなし』ができて接客のプロ。
辛いこともたくさんあると思うが接客のプロを目指してがんばって欲しい。



タバコをやめて1年半になりますが体重が6㌔程増えてしまいました。
お菓子類を良く食べるようになり、ご飯もおいしいので量が多くなったことが原因です。
このままだとスーツなど着る物が合わなくなるのでダイエット中です。
家にはお菓子を置かない、ご飯の量を減らす、ウォーキングの距離を伸ばすなど努力をしていますが、結果が出ずに困っています。



しばらく前の新聞に人間は血管から老いる、定期的に適度な運動を続けると動脈が太くなったり血管の弾力性が高まり血管が強くなり若さを保つことができる。特に血圧は若さの元で、わざわざの運動でなくても歩いたり階段の上り下り、床の掃除、車の洗車、自転車に乗るなどは血圧を下げるのに効果的とか。
見た目にも若さは大切ですが、気持ちの若さはもっと大事。
年齢を重ねても遊び心やおしゃれは続けたいものです。

渡月亭 大番頭

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

お食事処 渡月亭・松風閣 HP

若主人の個人的なツイッター

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

copyright © 2005 京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.