京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】
京都嵐山の料亭旅館『渡月亭』の主人が、不定期に渡月亭はもちろんのこと京都・嵐山の情報を御贈りいたします。京都・嵐山観光やご宿泊、結婚披露宴などのお祝い事や、ご法事などのご会食に最適な料亭旅館 【KYOTO RYOKAN ONSEN】
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都嵐山紅葉情報2010 その③
いよいよ嵐山の紅葉も美しく色付き、絵画のような光景が広がっております。
私の写真技術では、あの美しさは捉えきれませんが、とりあえず嵐山の状況をご覧頂きたく撮ってみました。
実際の情景は、これには比べられない美しさですので、少し想像力を持ってご覧頂けると幸いです!?

ではでは早速・・・

嵐山①
↑今朝の様子です。9時前ですが、結構な人出です!?

嵐山②
↑写真では少し白っぽくなってしまいました。

渡月橋と嵐山
↑橋の欄干を入れて写してみました。

ご夫婦
↑イイ感じの熟年カップルがおられましたので、こちらもパチリ!?

小倉山とうろこ雲
↑小倉山の上にはウロコ雲です。

秋の空
↑山も、もちろん美しいのですが、空も秋の衣をまとっております。
まさにこのことを山紫水明と言うのでしょう。
山と川と空が織りなす嵐山の情景は、古代より日本人のDNAを揺り動かす力を秘めているのでしょう。

四季の美しさを知る日本人の特権を、ぜひ嵐山で御体感下さい!



11月もすでに後半に入り、物思いに耽りたくなる今日この頃・・・。
ゆっくりと嵐山の自然と風を堪能したい若主人でした。
でも、ゆっくりは出来ないなぁ~シクシク。

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

お食事処 渡月亭・松風閣 HP

若主人の個人的なツイッター

スポンサーサイト

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

京都嵐山紅葉情報2010 その②
前回の紅葉情報から一週間が過ぎ、このようになっております!

嵐山の色付き
↑今朝はあまり天気が良くなくて曇りでしたが、嵐山はご覧のように色付いてきております!
ピークまであと一歩といったところでしょうか。

写真①
↑朝早い時間帯にもかかわらず、人出もそこそこあり、皆さん必ずと言っていいほど、小脇にカメラを抱えておられ、ちょっと歩いたらパチパチ、ちょっと歩いたらパチパチと楽しそうに写真を撮っておられます。
写真を撮るにはやはり人に邪魔されることのない早朝に限ります!

写真②
↑そうこうしているうちに、別の方もパチリパチリ!

写真を撮るなら渡月橋の上からより、阪急の松尾駅で降りて、堤防沿いの罧原堤(ふしはらづつみ)を歩きますと山と川と渡月橋が美しく調和した素晴らしい写真をお撮り頂けるはずです!
しかも今なら、その山が色付き最高の写真ポイントだと思いますよ。
写真好きの方なら、ぜひこのポイントからのアングルを!!!

下手の横好き、手ブレ写真専門の若主人でした。
高いカメラなら、うまく撮れるのだろうか・・・。
センス無いしな・・・(;;)

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

お食事処 渡月亭・松風閣 HP

若主人の個人的なツイッター

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

嵐山の現状
先日、天龍寺さんのお手伝いといいましょうか?嵐山の中にある蔵王権現なる祠(???失礼があったらお許し下さい)のお掃除に行って参りました。

その昔、嵐山は天龍寺さんが管理をしておられたそうで、その頃は山にも人の手が入りバランスの調和が保たれていたそうですが、後に嵐山は国有林となり入山禁止になってしまいました。
※嵐山とは地名だけではなく、実際の山も存在しております。

このお掃除の時など、特別に許可を頂いた時にだけ入ることができ、私も初めて入山させて頂きました。

山道をしばらく進み、険しい坂を登って行きますと、そこには・・・
蔵王権現
↑これが蔵王権現です。
お掃除はあらかたお坊さんたちが済まされ、私たちはほんとにお手伝い程度でした・・・。



お掃除が済んだ後は、大学の先生方をむかえて嵐山の現状を伺いながら、嵐山の中をウロウロ。
まずは蔵王権現の少し上に向います。
ヘキサチューブ① ヘキサチューブ②
↑ここは何年か前に桜を植樹した所だそうです。
その当時は、苗木を守るのにヘキサチューブなる半透明の白っぽい代物が良いとされていたようです。
立地に桜が合わなかったのもあるのでしょうが、このありさまです。
おそらく鹿の食害にもあっているのでしょう。
1・2本だけは大きく育っておりました。
先生方がおっしゃるには、見るだけの山では無く、見て美しく、入って楽しめる山にするのなら、あえてこういうところには木を植えないで、また育ちすぎた木々を間引きし、山から大堰川を楽しめるポイントにする手もある。とのアドバイスを伺い、なるほど!っと頷きまくっておりました!?



そしてまた別の場所へ。
砂防ダム?
↑砂防ダムでしょうか?
昔から嵐山は崩れやすい山で、記録にも残っているようです。その為、このような対策が取られているようなのですが、そのダムの中に木が凛と育ってしまっております。
これではいざ土砂が滑り落ちてきた時には、これらの木々もなぎ倒し山裾の被害が大きくなってしまいます。
ちなみに私、小さい頃には松尾のあたりから山に入り嵐山モンキーパークにたどり着き、さらにこの辺もウロチョロしていたように思います。
もう時効と思い告白しました!?



そしてさらに進みます。
以前
↑写真ではわかりにくいのですが絶壁です。
右の立派な木の裾に見えている緑のネット(名前は失念してしまいました)も昔は崩落防止に効果的とされていた工法だそうです。

現在
↑しかし現在は崩落の防止と木々の育成には、この方が良いと写真の様に変わってきているのと事でした。



さらにさらに進みまして、
鹿よけ柵外
↑写真をご覧頂ければ一目瞭然ですが、下草が全くと言っていいほどありません。
これは、木々の間引きをしないことにより地表に日光があたらず育たないのと、育っても鹿などの食害にあい、鹿が好まない草しか見ることが出来ないのです。

鹿よけ柵内
↑こちらは防御柵を張り、木々も間引きをして日光が当たるようにした場所です。
ご覧のようにこれだけ違います。
斜面の保持も考慮に入れながら、常緑樹を中心に間引きをされているのですが、この中に調査区画として2メートル×2メートルの区画を2つ並べて作ってあり、1つの区画には約50種の植物が確認され、その横の区画にも同じように約50種、それも隣の区画とは違う種類の植物が多く育っているとのことでした。
2メートル×2メートルの2区画だけで約100種もの植物が確認され、嵐山の植物の多様性を実感しました。
適度に間引くことにより、木の根で斜面の保持をし、地表は下草やコケなどで覆い、落石などを防止できるのだそうです。



またまた移動です。
眺望ポイント
↑ここは自然と開けていてこのような素晴らしい眺望が望めます。
でも携帯の写真では10分の1も伝わらないです・・・残念。


最後に、
赤松
↑全く捉えられていなくて残念なのですが、このあかりの向こうに立派な赤松がそびえております。
少し前の松枯れの大発生時に多くの松が被害に遭い、松自体が見られなくなってしまった嵐山ですが、この赤松は『松食い虫』に強い遺伝子を持っているようで先生方も研究をされているとか!?
頑張れ赤松!



今回は地元民に嵐山の現状を知って欲しいとのことで、先生方の協力のもとご案内とご説明を頂き、本当に勉強になりました。
また、考えることもたくさんありました。

また次回は、年明けに行われ、今度はナラ枯れと鹿の食害を中心にレクチャーを頂けるとのことです。
もちろん参加させて頂くつもりでおります!



当たり前ではなく、守らなければ保つことの出来ないこと、この日まで『山を守る=木を切らないこと』と思い込んでいたことが違うと知らされ、多くのことを教えて頂いた一日でした。

私も徐々に数年前から、美しいこの嵐山を守る為に少しでも何か出来ればと考えるようになってきており、心も体もきたるべき時にそなえ準備を重ねております。

いろいろ同時進行で色々なことに関わり始めているので、ときどき頭がこんがらがる若主人でした。

※予備知識なく、専門的なお話を伺って書いておりますので、間違った表現があるかもしれませんが、それは私の間違いであって先生方の間違いではありませんので・・・念の為・・・。
間違っている所は、ご指摘頂けると勉強になりますので、(やさしく?)ご指導頂けると助かります。

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

お食事処 渡月亭・松風閣 HP

若主人の個人的なツイッター

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

京都嵐山紅葉情報 2010 番外編!?
先日、嵐山の紅葉の状況を報告させて頂きましたが、まだ少し早いといったところでございますので、嵐山から車で30分程のところにある高雄の紅葉ライトアップを紹介させて頂きます。
本年で6年目となるイベントです。

まずは、地名の説明から・・・
高雄地域は、嵐山に優るとも劣らない風光明媚な場所で、三尾(さんび)と称され昔から親しまれてきました。

三尾とは地名の高雄(尾)タカオ・槙尾マキノオ・栂尾トガノオの地名の愛称 で、それぞれに三尾の名刹と呼ばれるお寺があります。

まず高雄には、紅葉の名所として有名な神護寺・槙尾には神護寺の別院として建立したと伝えられていて、これまた紅葉の名所でもある西明寺・そして栂尾には、誰しも教科書で目にしたことがある『鳥獣人物戯画』を有し、また日本最古の茶園もあり、世界遺産に登録もされている高山寺があります。

特に神護寺の紅葉は美しく色付いていると聞いております。
実際に私が確かめたわけではございませんが、高雄で商売をされている信頼のおける先輩からの情報ですので大丈夫です。
ただ、高雄自体は、かなり標高差がございますので、場所によって色付きは様々なようです。

この幻想的な紅葉ライトアップは15日(月)までです。

1 2
↑左のチラシの右上に嵐山・高雄パークウェイの割引半券がついておりますが、これはコピーでは無効だそうですので、もしご入用の方は渡月亭までお越し下さいませ。先着で無くなるまではチラシをお渡し致します

高雄のライトアップの詳しい内容は ⇒ コチラをクリック

高雄も自然あふれる素晴らしい場所ですので、ぜひ訪れてみて下さい!
嵐山・高雄パークウェイが大好きな若主人でした!!!

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

お食事処 渡月亭・松風閣 HP

若主人の個人的なツイッター

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

京都嵐山紅葉情報 2010 その①
朝夕はグッと冷え込みますが、日が昇ると、日差しはやわらかくそして暖かい今日この頃です。
この気候なら行楽にも最適です!
行楽のお客さまだけではなく、モミジの紅葉にも最適な状況になって参りましたので、嵐山の木々たちも秋本番に向け、衣替えをはじめております。

今日は、そんな嵐山の紅葉の状況をお伝えするべく、写真を撮ってまいりました。
ぜひともご覧頂き、ご旅行の参考にでもして頂ければと思っております。
では、

小倉山 小倉山アップ
↑まずは、渡月小橋のうえから小倉山を真正面にとらえてみました。

小倉山と嵐山
↑こちらは渡月橋のうえから嵐山と小倉山をとらえてみました。
嵐山に来られたことのある方は当然ご存知でしょうが、渡月橋のうえから見渡しますと、ぐるりを山々に囲まれた景観は日々見慣れている者でも『いいなぁ~』と思ってしまうほどです。

昨日、学者さんのお話を伺っておりましたら、京都の三山は、他の山と違い庭園的性格を持っており、その中でも嵐山は特に庭園的な部分が強いとのことを初めて伺いました。
言われてみると『あ~なるほど!』と得心致しました。

見るだけでも充分に美しいのですが、その歴史や文化を知ると、より深く心に沁み入り楽しむことが出来ると感じております。
表面だけでは無い京都・嵐山を存分に堪能して下さい。

花灯路の準備
↑紅葉とは関係ありませんが、12月10日から19日まで行われる京都嵐山花灯路2010の準備も着々と進んでおります。
この秋は、ご都合で京都に来ることができない方も、花灯路なら・・・どうでしょうか?
ぜひ来て下さいね!

もう今年も残すところ2ヶ月となり、月日の早さに自分自身がついて行けていないと感じてしまう若主人でした。
一年が早すぎるぅ~(;;)

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

お食事処 渡月亭・松風閣 HP

若主人の個人的なツイッター

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

フナの放流 2010
本日、大堰川にフナを放流しました。
これは、もうずいぶん昔から続けている行事のようで、毎年この時期に魚を大堰川に放流しております。
5年ほど前まではコイを放流していたのですが、コイヘルペスの大騒ぎがあった以降はフナに変更されたとのことです。

バケツ① バケツ②
↑たくさんのバケツにフナがいっぱいです!

11時きっかりに京都府知事も駆け付けて下さり、ご挨拶を頂いた後、たくさんのフナ達は園児達によって大堰川に放流されました。

動植物ともに外来種が猛威をふるっておりますので、こういった地道な活動が大切だと感じます。

今日は川の活動ですが、明日は朝から山の活動があります。
嵐山の自然を守る為に何ができるのかを考えている若主人でした。

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

お食事処 渡月亭・松風閣 HP

若主人の個人的なツイッター

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

大番頭のひとり言 その六十 嵐山の紅葉と誕生日
嵐山の紅葉と誕生日

秋色にほんのり染まり始めた今日この頃の嵐山ですが日ごとに色合いが増してきています。
錦織なす紅葉の見頃は今月の中旬から来月の中旬位まで。
嵐山の紅葉の美しさは格別と平安時代の貴族達も挙って訪れたようです。



10月下旬から販売を始めました迎春のおせち料理が順調に伸びており嬉しいかぎりです。



過日10月29日に満67歳の誕生日を迎えました。
子供達や妻からもプレゼントをもらって感謝しています。
特に会社からプレゼントにもらったデジタルオーディオ『ipod nano』は格別に嬉しかったです。
僕がウォーキング用に『欲しい』とか『買う』とか言っていたので選んでくれたのだと思います。
早速『TSUTAYA』に行ってCDを借りてきました。
好きなジャンルは『ジャズ』渡辺貞夫さん・日野皓正さんが特に好きです。
お陰さまでウォーキングが一層楽しくなりました。

妻から『年齢に合っていないことを時々する』と注意されることがある。
以前も自転車に乗る時用に赤のヨットパーカーを買うと言ったが『もう無理、似合わない。少しは自分の年齢も考えないと・・・』と言われやめました。
普段から年齢の事をあまり意識したことがないので気持ちは若いままで止まってしまっているようだ。
この度の誕生日を機に自分の年齢とちゃんと向き合わねばと少し反省しています。
と言いながら世界に一台のマイ自転車をとパーツの取替などして楽しんでいますが、過日もタイヤを赤にするべく自転車屋に頼んだところです。

渡月亭 大番頭

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

お食事処 渡月亭・松風閣 HP

若主人の個人的なツイッター

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

copyright © 2005 京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。