京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】
京都嵐山の料亭旅館『渡月亭』の主人が、不定期に渡月亭はもちろんのこと京都・嵐山の情報を御贈りいたします。京都・嵐山観光やご宿泊、結婚披露宴などのお祝い事や、ご法事などのご会食に最適な料亭旅館 【KYOTO RYOKAN ONSEN】
救援物資 フロム 京都
東北関東大震災にて被災されました皆様に、心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り致しております。

私どもも阪神淡路大震災をまじかに体験した者として、他人事とは思えません。

今も記憶に残る神戸の惨状・・・しかし今では10数年前に、あのようなことがあったとは思えないほどの街に復興しているのを肌で感じておりますので、少し時が経てば東北各県も以前よりも災害に強い街として復興することは間違いないと確信をしております!

その復興の前には、今の窮状をどうにかしなくてはということで、この京都からも救援物資が届けられます!
私が加盟している団体ではありませんが、『京都青年会議所(通称・京都JC)』の皆さんの活動のお知らせをさせて頂きます。

今回、広く市民から救援物資を収集し、独自のルートで被災地にご迷惑をかけることなく物資を届けられるそうです。

詳しくは ⇒ コチラ



また、我々の町『嵐山』からも活動を報告させて頂きます。

嵐山には、『嵯峨嵐山おもてなし推進協議会』という集まりがあり、その中の商店が各お店で義援金を募っております。
もちろん弊亭もそのひとつ。

震災後、二日ほどして募金箱を注文しましたが、1週間しても届かず、電話にて確認しますと『停電と材料不足に重ねて注文が殺到しております。もうしばらくお待ちください』とのこと・・・さらに数日待って、今日届きました!

旧募金箱
↑こちら届くまでに待ち切れず設置しました仮設の手作り募金箱です。

届いた募金箱 届いた募金箱アップ
↑こちらは、本日届きました募金箱です!
お客さまの善意が、被災地の一助になることを強く願っております。
もちろん私共も些少ではありますが、寄付させて頂きました。



深く大きな傷跡に悲しみを禁じえませんが、被災地ではない地域においては、経済活動を活発にしていかなければならないと切実に感じております。

もちろん不謹慎との声も覚悟の上での発言ですが、哀悼の意は表しながらも、経済もまわしていかないと日本が沈んでしまうかもしれません。
ただでさえ冷え込んでいた景気に立ち行かなくなる地域や企業も出てくるでしょう(弊亭も例外ではなく・・・)
今は、被災地の分も頑張って、またそうしてしっかりと税を納めて行かないと、次の復興支援策も打てなくなってしまいます。

中止になった東山花灯路をはじめ、数々のイベントが中止に追い込まれており、これはさまざまなことをお考えの上とは思いますが、如何なものかと感じてしまいます。
イベントの内容がそぐわない場合には多少の変更も必要でしょうし、被災地域においての電力の過剰使用などは考えものですが、多くの人が集まるイベントは中止せずに工夫して行い、その中で義援金の声かけなどを積極的にして行くべきだと考えております。

過去においては、オリックス・ブルーウェーブのイチロー選手が中心となって『がんばろう神戸』とのかけ声とともにみんなを勇気付けてくれました。

東北楽天・イーグルスの中からも、次のイチロー選手が出てきて、東北の皆さんを勇気づけてくれることを強く願っております。

希望があれば、どんなに苦しくても悲しくても頑張れます。
希望がないことが何よりもつらいことです。

被災された方々が、少しでも希望を感じられるように、日本人の一人として何ができるのかを考えている若主人でした。


↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

お食事処 渡月亭・松風閣 HP

若主人の個人的なツイッター

スポンサーサイト

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

北野天満宮の梅の開花状況 2011
今日の嵐山は暖かく、昨日までの小雪舞う寒の戻りは何だったのかと思ってしまいます。
暖かくなったのは、嬉しいことなのですが、それと比例し花粉の飛散も多くなり、目をこすり、鼻をかみ、のどや耳の奥の痒さに悶えております。

本日、ご紹介する『北野天満宮』の梅の様子は、2日前のものですが、どうぞご覧下さいませ!

1
↑大鳥居の前に到着ですが、前にはタクシーがたむろしていて景観的には・・・。

2
↑大鳥居をくぐり、すぐ目に入るのはこの赤松です。
影向松と呼ばれ、初雪の日に御祭神がこの松におりてきて、歌を詠まれるとか?
この日も小雪舞う一日でしたが、今年は良く降ります。

3
↑参道には3つの鳥居があるのですが、これは2つ目の鳥居です。
黒い狛犬が気になり写真に収めました。

4
↑参道や境内にはたくさんの牛の像があるのですが、これは御祭神である菅原道真公と牛の逸話がたくさんあり、お使いであるとして信者さんが寄進なさったとか?
道真公と牛の逸話・・・気になります。

5
↑先ほどの牛はカワイイ小牛でしたが、こちらは迫力ある牛さんです。

6
↑ようやく桜門に到着です!
・・・あっ、3つ目の鳥居を写真に撮るのを忘れました・・・。

7
↑気を取り直して、桜門をくぐりますと、そこにはまたまた牛さんがっ!しかもおじさんにナデナデしてもらっております。

8
↑さてこちらはなんでしょうか?
正解は『手水舎』(てみずしゃ)です。
やはり、神社神聖なところですので、身を清めなければなりません。
左手を清め、右手を清め、口をゆすぎ、柄杓を立てるようにし、柄の部分も清めます。
言葉で書いても、さっぱり解りませんね・・・。
動画を導入しないといけないな・・・。

9
↑ではいよいよ、お待ちかねの梅の写真です。
まずは白梅です。

10 12
↑こんな感じで咲いております。

11
↑紅梅です。

13
↑いちばんご覧頂きたいのは、こちらだったのですが、写真技術がなくこのていたらく・・・じつはこの桜、白く白梅のようなのですが、うっすらと黄緑色がかって、とても上品で風情ある梅なのです。

14
↑さて、梅のご案内は一休みして、中門のご紹介です。
三光門と呼ばれるこの門は、なんと重要文化財なのです!

15
↑そして三光門をくぐり社殿へ向います。
こちらは、重要文化財ではなく国宝に指定されております!
せっかく来ましたので、お参りしていこうと思っておりましたが、たくさんの方が並んでおられましたので、帰りにお参りしよ~と計画変更です。

16
↑社殿を脇から抜けて、いったん退きます。
またあとで・・・。

17 18
↑ぐるっと社殿をまわっておりますと良い写真ポイントがありました!

19
↑そして梅の紹介に戻ります。
違う種類の梅が並んでいるのを見るもの一興です。

20 21
↑この日は平日で、しかも小雪舞う条件にも関わらず、たくさんの人出で、カメラを持っている人だけでなく、携帯やスマートフォンで、あちこちで撮影会が開催されておりました!?

22
↑境内の桜門脇にある絵馬所に掲げてあるものですが、風化が進んではおりますが、こういうものも歴史を感じることができ良いですね。
額の部分には、さりげなく梅があしらわれているのも良いですね。

ということで、大満足で帰路につきましたが・・・あっ!お参りするの忘れてたっ!
うっかり続きの若主人がおおくりしました。

皆さんはぜひお参りして下さいね・・・トホホ。

北野天満宮HP ⇒ コチラ
拝観は自由で受付は9時~17時まで

今回は、ご紹介できておりませんが、併設の梅苑は、入場料大人600円・小人300円(お茶菓子付き)
入場時間は10時~16時までです。
期間は2月初旬から3月中旬くらいまでとなっております。

昨年の梅苑のブログ記事 ⇒ コチラ
我ながら昨年の梅の写真はキレイに撮れてたなと自己満足に浸っております!?

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

お食事処 渡月亭・松風閣 HP

若主人の個人的なツイッター

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

小雪舞う嵐山
昨日、今日と嵐山は小雪がチラつく寒の戻りで、体がちじこまりそうです。
しかし、積もるような雪ではなく、風情ある小雪ですのでご心配無く!

愛宕山
↑肉眼では愛宕山がうっすらと白く彩られているのですが、この写真ではわかりづらいですね。

愛宕山アップ
↑写真をアップにしてみました!
これでお分かり頂けるかな?

今期の冬は、ここ数年の暖冬とは正反対の本当に冬らしい冬です。
地球温暖化はどこへやらという感じですが、やはり四季のある日本ではこういったメリハリのある季節感が良いと感じており個人的には寒い冬は好きです!

最後に一枚!
渡月橋東側
↑渡月橋から東側を見た光景です。
橋の上から空が広がっております。
とても雲の多い日(小雪が舞っているので当然ですが・・・)でしたが、こんな空も大好きです!
観光には少し不向きなお天気ではありますが、ゆっくり物思いに耽りながら嵐山を楽しむのには最適かと思われます!

様々な表情を見せる嵐山の色々な楽しみ方を見つけて頂ければ、京都旅行の幅がぐっと広がるのでは?と思っている若主人でした。

明日か、明後日には北野天満宮の梅の開花状況をお知らせ致します!

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

お食事処 渡月亭・松風閣 HP

若主人の個人的なツイッター

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

大番頭のひとり言 その六十三
感謝の夕べと青畳

今日は、私共渡月亭がお取引をお願いしている業者さんをお招きして日頃お世話になっていることに感謝の気持ちをこめて懇親会を開催します。
『渡月亭感謝の夕べ』と名付けて毎年実施をしており今年で21年目になります。

弊亭からは主人・女将をはじめ幹部の者達も出席してホスト役を務めます。
今回は若女将を皆さんに紹介する年でもあります。
今後も業者さんとは相互の信頼関係を大切にお付き合いをして行きたいと思っています。

弊亭の別館『松風閣』は嵐山のシンボル渡月橋の南詰にあるお食事処で季節のお弁当や豆腐料理、湯葉料理を商いしています。
お座敷は二面ガラス張りで四季の移ろいを楽しみながら、お食事ができます。

過日、お座敷(70畳)の畳の表替えが完了。
真青な畳になってお座敷が見違えるようになり建物が新しくなったような感じさえします。

日本文化は伝来ものが多いなかで畳は日本固有の敷物と聞きますが、近年マンションは当然ながら一般の日本家屋でも板張り(フローリング)の部屋が多くなってきています。
畳や障子、襖など日本の文化が失われていくようで寂しい気がします。

私共旅館は、日本の伝統や文化を大切にして旅館を選んで下さるお客様にご満足していただけるようにしなければならないと、青畳になったお座敷を見ながら感じました。

渡月亭 大番頭

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

お食事処 渡月亭・松風閣 HP

若主人の個人的なツイッター

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

copyright © 2005 京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.