京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】
京都嵐山の料亭旅館『渡月亭』の主人が、不定期に渡月亭はもちろんのこと京都・嵐山の情報を御贈りいたします。京都・嵐山観光やご宿泊、結婚披露宴などのお祝い事や、ご法事などのご会食に最適な料亭旅館 【KYOTO RYOKAN ONSEN】
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大番頭のひとり言 その七十七 講演とウォーキング
講演とウォーキング

過日地元警察署の依頼で『 一期一会 ~おもてなしの心~ 』という演題で話しをさせていただきました。
署では常々親切で真心のこもった行政サービスを心掛けておられますが一層の向上を計るためと伺いました。
笑顔の大切さやお客様の立場に立って思いやりのある親切な応接をすることが接客業では大切というような話しをさせていただきました。
署長をはじめ刑事さんなど大勢の方々がおられましたので緊張しましたが無事に終了しました。



週3~4回は30分~1時間程度歩いています。
先日、27日(日)はお休みだったので少し遠出をしました。
8時頃に家を出てまず金閣寺へ、金閣寺から御室仁和寺まで通称『きぬかけの路』と呼ばれている道を歩きました。
この『きぬかけの路』は作家の井上靖氏が愛した道で小説の中で主人公を歩かせていると何かで読んだ記憶があります。またこの道近辺には『等持院』『龍安寺』『仁和寺』など有名なお寺が多いことでも知られています。
仁和寺から大沢の池に出て大覚寺の門前を通り釈迦堂清涼寺から自宅へ、約16キロ3時間20分の道程でした。
シャワーを浴び少し休んで家内にたのまれていた宇多野の福王子神社にほど近いところに位置する『陽明文庫』に行きました。
国宝や重要文化財それに匹敵する多くの品々が収蔵されているとのこと。
行ってみると20名以上で予約制だったので見学できませんでした。
重厚感のある収蔵庫や入口の扉を見て収蔵されている品々を想像し歴史の深さと重みを感じました。

渡月亭 大番頭
スポンサーサイト

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

copyright © 2005 京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。