京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】
京都嵐山の料亭旅館『渡月亭』の主人が、不定期に渡月亭はもちろんのこと京都・嵐山の情報を御贈りいたします。京都・嵐山観光やご宿泊、結婚披露宴などのお祝い事や、ご法事などのご会食に最適な料亭旅館 【KYOTO RYOKAN ONSEN】
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大番頭のひとり言 その九
大本山大覚寺 大沢池の古代蓮

水緩む頃、心もほんのりほころんで思わず出掛けてみたくなるようなことがある。
一昨日はそんな暖かい日だった。

京の洛西随一の名刹、旧嵯峨御所大覚寺の大沢池に昨年の夏『古代蓮』の花が咲き参拝の観光客の人々を楽しませてと聞いて大覚寺へ。

『古代蓮』がよみがえった大覚寺の大沢池は嵯峨天皇が中国の洞庭湖を模して造った日本最古の人造湖である。

池には天神島・菊が島と庭湖があり、この『二島一石』の配置は華道『嵯峨御流』の基本形となっているのだそうです。

昔、大沢池には『古代蓮』が沢山あったようですが、生態系のバランスが崩れたのか『古代蓮』は絶滅したと思われていた。
大沢池に中国から移植された草魚が増えて、古代蓮が土より芽を出すと草魚が食べてしまうのも原因の一つであったようです。

大沢池の整備が研究家を交えて本格的に行われ草魚も間引かれた結果、『古代蓮』の球根は残っていて芽を出し花を咲かせた。

長き年月、土の中でじっと耐えてきた『古代蓮』にたまらないほど愛しさを感じる。
今年の夏は、その花が見られると待ち遠しくてワクワクしてしまうのは私だけでしょうか。

大番頭

↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
渡月亭HP
スポンサーサイト

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。