京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】
京都嵐山の料亭旅館『渡月亭』の主人が、不定期に渡月亭はもちろんのこと京都・嵐山の情報を御贈りいたします。京都・嵐山観光やご宿泊、結婚披露宴などのお祝い事や、ご法事などのご会食に最適な料亭旅館 【KYOTO RYOKAN ONSEN】
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
化野念仏寺 千灯供養
8月の23日と24日に化野念仏寺におきまして、千灯供養が催されました。その様子を報告させていただきます。
当日は夜風も涼しく、地元の方も観光の方々も灯籠の明かりに誘われて散策なさっておられました。
000102
このような灯籠が辺り一帯を彩り、写真では上手く表現できておりませんが、風に揺れる蝋燭の火が、独特の雰囲気をかもし出していて、思わず写してしまいました。
0304
そうこうするうちに、石段にたどり着きました。
0506
境内に入ってすぐの様子です。庭には竹の灯籠があり、これも大変美しい色合いだったのですが、僕の写真技術では表現できませんでした・・・。
0708
そして庭をぐるっとに周ると石塔に囲まれた石像たちが蝋燭の温かい光の中に浮かび上がっておりました。この中は聖域らしく中での撮影は禁止になっておりましたので、あの幻想的な光景は撮れておりません。(まあ、どっちにしろ僕の技術では無理ですが・・・。)
091312
101114
帰り道にも様々な形の灯籠が目を楽しませてくれました。

小さい頃にはなんとも思わなかった、柚子や木の芽の香りがこの年になると心地よく思う味覚の変化と同じなのでしょうか?上手くは説明できませんが、千日参りでも、五山送り火でも、千灯供養でもそうなんですが、年を経るごとに感じ方がかわってきているのを実感します。

京都に生まれ、京都に生きることの意味を考える。
勉強不足の若主人でした。

スポンサーサイト

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。