京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】
京都嵐山の料亭旅館『渡月亭』の主人が、不定期に渡月亭はもちろんのこと京都・嵐山の情報を御贈りいたします。京都・嵐山観光やご宿泊、結婚披露宴などのお祝い事や、ご法事などのご会食に最適な料亭旅館 【KYOTO RYOKAN ONSEN】
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キツネの嫁入り
今日は小雨そぼ降る嵐山からお贈りいたします。

今はどんより曇っておりますが、朝は晴天でした。
急に風が吹いてきたり、大粒の雨が降り出したり、観光のお客さまにはとんだ1日になってしまいました。

昔は、晴天なのに雨が降ってくることを『キツネの嫁入り』などと言っておりましたが、今の若い人たちもいうのでしょうか?
年々若い人とのギャップを感じてしまう今日この頃・・・

そんなことはさておきっ!
昨日、嵐山では恒例の『もみじ祭』が開催されました。

お昼のピークを乗り越えホッと一息がてら、ブログネタを探しにフラフラと・・・

もみじ祭① もみじ祭②
↑ずいぶん遠くからの写真ですが・・・。

それよりも、何か気配を感じ!?後を振り向くとっ!?

凧揚げ① 凧揚げ②
↑んっ何だこれは!?

見上げて① 見上げて②
↑視線を走らせていくと、延々と空につながる凧たち
私の写真技術では伝えきれないのが残念です・・・。

吸い寄せられるように近づいて行きました。

見上げて③ 見上げて④
↑真下から見上げております。

渡月橋の下で① 渡月橋の下で②
↑渡月橋の下ではたくさんの人たちがっ!

渡月橋下流① 渡月橋下流②
↑渡月大橋の下流では、韓国?の民族衣装を着た人たちが舞を舞っておられました。

いったい何のイベントなのか?
地元の人間でありながら、何も知らず恥ずかしい限りではありましたが、スタッフと思わしき方に声をかけお聞きしたところ『日韓交流のイベント』なのだそうです。

そして、パンフレットを頂きました。
パンフレット① パンフレット② パンフレット③
↑日韓交流だけに凧は両国の国旗になっているようです。

2002年に開催された日韓共催のサッカーワールドカップ以降、冷え切っていた日韓両国国民も少しづつ暖まってきて、このようなイベントにつながっているのでしょう。

私自身ワールドカップ共催っ!?どっちかでやればいいのにっと思っておりましたが、その後の両国関係を見ておりますと、共催を英断された方達の先見の明を尊敬せずにはいられません!

まだまだ両国間には問題をはらんではおりますが、映画や音楽、そして食文化はすでに日本にも浸透し、ここ京都でも焼肉店・韓国料理店があまたにあり、草の根の部分では少なくとも、日本は韓国の文化を受け入れているはずです。

近くて遠い国が本当の隣国になる日も近いと感じております。

見上げて⑤
↑本当に迫力ある凧揚げでした。
観光の方々も空を見上げ足を止めておられました。

最後に・・・私が『何のイベントですか?』と伺った、かわいいスタッフの女性・・・ふと目を落とすとそこにはっ力強く!?募金箱が握られておりました!
些少ではありますが、協力させていただきました。

かわいかったから協力したのではないっ!言い訳まじりの若主人でした!?

↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
  渡月亭HP
スポンサーサイト

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
ninaさんへ

台湾から京都へお越し頂けたのですね!

遠いところをありがとうございます。

近年は、嵐山にも台湾・中国・韓国からたくさんのお客さまに来て頂いております。

観光都市京都を実感しております。

是非また嵐山に来てください!
お待ちいたしておりますので・・・。
2007/11/19 (月) 16:27:45 | URL | 渡月亭 若主人 #9/yqn3T.[ 編集]
i like 嵐山…
very beautiful place !!
i come from 台灣
this year , i have been to 京都…
very nice place for me ....
i wanna go to again
2007/11/16 (金) 11:59:16 | URL | nina #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。