京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】
京都嵐山の料亭旅館『渡月亭』の主人が、不定期に渡月亭はもちろんのこと京都・嵐山の情報を御贈りいたします。京都・嵐山観光やご宿泊、結婚披露宴などのお祝い事や、ご法事などのご会食に最適な料亭旅館 【KYOTO RYOKAN ONSEN】
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嵐山花灯路 2007
8日から始まりました、嵐山花灯路
週末はなかなか会社から出ることが出来ませんでしたが、月曜日の昨日は花灯路にトラブルがないかの巡回をお手伝いさせて頂きました。

平日であるにもかかわらずたくさんの人出で、いったい週末はどれだけの人出があったのだろうと思わずにはいられませんでした。

まずは、1人で巡回出発です。
中ノ島公園の本部から阪急嵐山駅へ・・・。

先日、ブログでお伝えいたしました通り阪急嵐山駅には、児童が作成してくれた灯篭と絵を展示しております。
自分たちで設置しておいて変な言い方ですが、点灯しているのを見るのは初めてなのでウキウキしながら駅に向かいました。

ところが目に飛び込んできたのはなにやらおかしな感じ!?

阪急嵐山駅前①
↑あれっ点いていない!?

早速スタッフリーダーに電話をし報告・・・
リーダーもこちらに向かっておられるらしく『ちょっと待ってて』とのことでした。

どうやら他の方からも連絡が入っていたのか、別のスタッフが駆けつけ点検。

原因はタイマーにあったらしく、すぐに点灯して一安心です。

阪急嵐山駅前②
↑あ~よかった!

回復直後にリーダーも嵐山駅に到着され、ここからはリーダーとお二人と私の4人で巡回再開です。

この後、弊亭脇の法輪寺さんへ向かいます。

3名の先輩方にいろいろなお話を伺っているうちに法輪寺さんに到着。
法輪寺① 表参道 法輪寺② 表参道
↑少し坂を上ります。   ↑立派な門構えです。

法輪寺③ 表参道 法輪寺④ 表参道
↑門をくぐるとっ!!   ↑こちらは石段の一番上からの写真です。

そして石段を登りきり、お堂を見てびっくり!
法輪寺⑤ ホログラム 法輪寺⑥ ホログラム
↑ホントに驚きました・・・。

去年から行われているらしいのですが、去年はこの時期仕事から離れられなくて全く知りませんでした。
お恥ずかしい・・・。

なんでも芸術家の方と法輪寺さんの協力で可能になったとのこと。
お寺さんが、こういったことにも協力をしていただけるとは本当に驚きと感謝でいっぱいになった瞬間でした。
この光景とお坊さんたちの読経が響き渡り、幻想的な1シーンでした。

法輪寺⑦ 塔 法輪寺⑧ 山
↑塔もこの通り       ↑大変わかりずらい写真ですが、山にも映っております。

しかし、美しいのはこれだけではありません!
法輪寺⑨ 境内 法輪寺⑩ 境内
↑これもなかなかいい感じでした。灯篭に囲まれた真ん中の物は水槽です。

法輪寺⑪ 境内 法輪寺⑫ 境内から
↑この写真なら、金魚が見れますね。 ↑この境内から渡月橋を見下ろしております。

普段は開放されていない、この場所も花灯路期間は特別に開放してくださっております。
本当に眺めがよく、いつもながら見とれてしまいました。

法輪寺⑬ 裏参道 法輪寺⑭ 裏参道
法輪寺さんの巡回も終わり、弊亭脇に出る裏参道から帰ります。写真は石段を下りながら上を向き撮っております。

法輪寺⑮ 裏参道 法輪寺⑯ 裏参道
↑裏参道ではありますが、とても雰囲気がよくいい感じです。

この後渡月橋を渡り、野宮神社・大河内山荘・常寂光寺・落柿舎・二尊院(いずれも敬称略で失礼しております)手前まで行き、折り返してまいりました。

最後のほうは、巡回というより一観光客になりきっていたような気がします!?
(他のスタッフに怒られそうですが・・・)

竹林のライトアップも素敵でしたが、こちらはご自分の目で確かめて頂きたく敢えて写真は撮っておりません!?

嵐山花灯路は17日(月曜日)まで開催しております。
週末は大変込み合いますので平日をお勧めいたします!

観光地に住み、観光地で働いてはおりますが、仕事に追われ観光の一番いい時期の嵐山はあまり知らない若主人でした!?

↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
  渡月亭HP
スポンサーサイト

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。