京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】
京都嵐山の料亭旅館『渡月亭』の主人が、不定期に渡月亭はもちろんのこと京都・嵐山の情報を御贈りいたします。京都・嵐山観光やご宿泊、結婚披露宴などのお祝い事や、ご法事などのご会食に最適な料亭旅館 【KYOTO RYOKAN ONSEN】
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宇治にて・・・。
本日、私が所属させて頂いている京都の料理の組合の勉強会があり、宇治へ行ってまいりました。

今日は、お茶の鑑定士の先生を講師に迎え、お茶についての基本的な知識を教えて頂きました。
普段何気なく飲んでいるお茶にはいろいろな種類があり、なんと9種類・・・知らない名前が半分あり恥ずかしい限りでした。

また、京都より東では渋いお茶が、京都より西では甘いお茶が、生産されているとか。
全国シェアの大部分を占める静岡産のお茶は、諸事情あり味が落ちていて値が付かず大変であるとか、裏話を含めたくさんの興味深いお話を聞かせて頂きました。
もちろん美味しいお茶の入れ方も!

この話は、長くなりそうなので次回にさせて頂きます!?

この話とは違うのですが、今日私の右隣りには宇治の、左隣りには長岡京の料理屋のご主人がお座りになられていて、色々なお話を伺っていたところ、宇治では茶畑の跡継ぎが無く、長岡京では竹林の跡継ぎが無く、その土地が次々と住宅地に変わっていっていると伺いました。
農家や旅館だけが無くなっていくわけではなく、宇治の美味しいお茶や、長岡京の美味しい筍も食べられなくなっていくのかと思うとさびしい気持ちでいっぱいになりました。

海外からは評価を受ける日本の文化もバブル期を境に日本人が大切に思わなくなってきているように感じてなりません。
私自身、旅館に生まれなければ京都についてや日本の文化についてなど考えもしなかったかもしれませんのでエラそうなことは言えませんが、本当に寂しくなります。

今の若い人たちの中にも必ず、そんなことに興味を抱きながら生きている人たちがいるはずですので、そんな人たちが、こんなひとつひとつの文化の一端を担うお仕事をしてくれはったらと願わずにはいられません。

物質的に満ち足りた今の日本で、幸福感やハングリー精神を持つことはとても難しく、生きる意味を見つけられない人も多いのではないでしょうか?
社会を動かすサラリーマンも、もちろん必要ですが、日本の何かを守って生きていくのは(経済的にはしんどい部分が大きいでしょうが)、それらよりも幸福感を多く感じられるような気もします。

人それぞれの人生ですが、それぞれの土地にそんな考えの方々が増えていくと、日本にも幸福感が増していくような気がしております。

時代時代にそぐわないものは、消え行くのもサダメなのかもしれませんが、できれば脈々と続いてほしいと思っている若主人でした。
はじめのお題から、かけ離れた内容になってしまいました・・・スイマセン。

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
バナー にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

スポンサーサイト

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
サトシさまへ
度々のご訪問ありがとうございます!

また読んで頂けるような内容のブログが書けるように頑張りますので、これからも宜しくお願いいたします!
2008/10/18 (土) 20:50:32 | URL | 渡月亭 若主人 #9/yqn3T.[ 編集]
また見させていただきました!
応援ポチッ!!!
2008/10/17 (金) 08:19:53 | URL | サトシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。