京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】
京都嵐山の料亭旅館『渡月亭』の主人が、不定期に渡月亭はもちろんのこと京都・嵐山の情報を御贈りいたします。京都・嵐山観光やご宿泊、結婚披露宴などのお祝い事や、ご法事などのご会食に最適な料亭旅館 【KYOTO RYOKAN ONSEN】
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おいしいお茶の入れ方
先日、話が脱線してしまい本題に迫れなかった!?ので、本日ブログに書かせて頂きます。

タイトル通り『おいしいお茶の入れ方』を説明したいところですが、なにぶん予備知識がないと理解できないところもあるかと思われますので、少し説明をさせて頂きます。

まず、お茶の育て方には、おおいをして育てる覆下園(おおいしたえん)と、おおいをしないで育てる露天圜(ろてんえん)があります。
覆下園では、抹茶のもとである碾茶(てんちゃ)・玉露・かぶせ茶が、露天圜では煎茶・玉緑茶(たまりょくちゃ)・川柳(かわやなぎ)・ほうじ茶・玄米茶・番茶が作られます。

日光をたくさん浴びたお茶の方が美味しいそうに聞こえるのに、なぜ敢えておおいをして日光をあまり当てないようにするのか?

それは、お茶にはテアニンというお茶のうまみを出すアミノ酸が根で生成されるのですが、それが葉に移動し日光が当たると、渋み成分カテキンに変わってしまうからなのです。

ですので、手間暇かけて茶畑におおいをするのです!

ではでは、もったいぶっていた緑茶のおいしいお茶の入れ方!

急須に適量の茶葉を入れ、お湯を注ぐのですが、お湯の温度が高いと渋み成分だけが前面に出てしまい、お茶葉の力を出しきれません。

ですので、まず沸騰したお湯を魔法瓶にうつします。
お湯は移し替えるごとに約10℃下がると言われておりますので、この時点で魔法瓶のお湯は90℃になっているハズ。
さらに、急須に注ぐ前に魔法瓶から3回ほどお椀などに移し替え、約60℃のお湯を作ります。

そして、そのお湯を急須に注ぐのですが、ここからも大事なのです!
お茶葉の量にもよりますが、急須の半分以下のお湯を注ぎます。
この時、急須の蓋はせず1分ほど待ちます。
※お湯の温度が低いのでお茶の葉はすぐには開きませんが、そこがミソなのです!すぐ開くようではお湯の温度が高過ぎ、うま味成分より渋み成分の方が勝ってしまいます。

そして、1分待った後、濃さが均一になるように少しづつ少しづつ人数分の湯呑を行ったり来たり注いで行きます。
※急須の蓋は、注ぐときのみ使用します。

そして注ぎきったら、また急須に約60℃のお湯を茶葉がひたひたになるぐらい注ぎます。
もうお茶葉は開いているので15秒ほど待って、先ほどと同じように濃さが均一になるように行ったり来たり往復しながら注いで行き、これをもう一度繰り返します。
そしてお茶は最後の一滴まで注いで下さい!
そうすれば、お茶のうまみを最大限に引き出したお茶が飲めるのです!

また、水出しの冷たいお茶を作る時は、冷蔵庫にしまえる容器に適量のお茶葉を入れ、水と氷を入れます。
お茶の旨み成分『テアニン』は、20℃ぐらいが一番出るらしいので氷はそれを目安に調整をして下さい。
そして、数時間ほど冷蔵庫で寝かしておけば、冷たくて美味しいお茶の完成です!
コップに注ぐ前には、容器をくゆらせて味を均一にしてお召し上がりください!

他にも、先生からは興味深いお話をたくさん聞かせて頂きましたが、このブログが長々と終わりが見えないので、あと少しだけ・・・

最近産地偽装など多くの問題が発生している中で、誤解なきよう『宇治茶』の定義を書かせて頂きます。
宇治茶とは、歴史・文化・地理・気象等総合的な見地に鑑み、宇治茶として、ともに発展してきた当該産地である京都・奈良・滋賀・三重の4府県産茶で、京都府内業者が府内で仕上げ加工したものである。
(平成16年4月1日から施行された『緑茶の表示基準』の宇治茶の定義より抜粋)

参考および引用資料:京都府茶協同組合発行の『宇治茶大好き』

私自身、普段は決して高いとはいえないお茶を愛飲しておりますが、たとえそんなお茶でも最大限に力を引き出してやればいつもより美味しくお茶が頂けることを教えて頂きました!

なにやら、今文章を読み返してみますと、良く理解できない部分もあるかもしれないと感じましたので、詳しくはこちらをご覧下さい!⇒ 京都府茶共同組合HP

あと一点、お茶の旨み成分は『テアニン』なので、『カテキン』が悪者に聞こえてしまっているかもしれませんが、『カテキン』は渋み成分ではありますが、それ自体の味わいもまた良い物で、特にガンの予防やアンチエイジングなど体に良い効果がたくさんあり、海外でも日本のお茶が注目されつつあります!

コーヒーや紅茶を飲む機会が増えてはきましたが、もともと日本茶が大好きなので、これからもガブガブお茶を飲んでいこうと思っている若主人でした。

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
バナー にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

スポンサーサイト

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
明石さまへ
お返事遅くなり申し訳ございません。

そして、ご宿泊頂き本当にありがとうございました!

アンケートにもご満足頂けたようなコメントを頂いており、安心いたしました。

また次回、おこし頂けますことを楽しみにお待ち致しております!
2008/11/12 (水) 14:41:25 | URL | 渡月亭 若主人 #9/yqn3T.[ 編集]
お茶♪
いえいえ…(*^-^)
画像も見てみたいので、次はPCから来てみます♪舞妓さんのとか…♪
言われるとおり、日本人にお茶って体にいいかもo(^-^)o
明石は普段コーヒーですが、風邪が長引いた時は無性に日本茶が飲みたくなります。
2008/10/23 (木) 22:05:57 | URL | 明石 #-[ 編集]
明石さまへ
応援ぽちっ!ありがとうございました!

携帯では機種により、無理なようですが、お気持ちだけ頂きます!

日本人の長寿の秘密は、美味しく、体にも良いお茶にもあるのではないでしょうか?
2008/10/23 (木) 16:51:27 | URL | 渡月亭 若主人 #9/yqn3T.[ 編集]
ぽちっ…?
画像をぽちっとしてみたけれど画像は出ませんでしたf(^ー^;
携帯で見ているからかな?
ちょっと手間が多いけど、ちゃんとしたお茶の入れ方がわかってなんだか素敵な気分です♪
2008/10/22 (水) 13:53:27 | URL | 明石 #j3cv9KLc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。