京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】
京都嵐山の料亭旅館『渡月亭』の主人が、不定期に渡月亭はもちろんのこと京都・嵐山の情報を御贈りいたします。京都・嵐山観光やご宿泊、結婚披露宴などのお祝い事や、ご法事などのご会食に最適な料亭旅館 【KYOTO RYOKAN ONSEN】
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大番頭のひとり言 その三十七 大番頭の夢物語
大番頭の夢物語

人の命を一日つなぐのに一坪(畳2枚分)の農地が要る。
一年は365日だから一人が365坪必要で、これを一反と呼ぶ。

田の畔は坪数に入らないが枝豆などを栽培していた。
そのことに石田光成が気付き豊臣秀吉に言上し、一反を360坪に改めた。

食物がなく起こる悲劇も多く、『楢山節考』や『ああ野麦峠』など典型的な小説だと思う。
『口べらし』や『飼い殺し』などという言葉や長男以外の二男三男に嫁を持たさなかった家々もたくさんあった。
採れる食物と食べる人数の調整の為である。

今、飽食の時代などと言って食べ物を粗末に扱う人もいるが長い歴史の中からみれば、そう遠くない昔のできごとである。

命がけで守った田や畑が今荒れている。
時代の流れという言葉でかたづけるには淋しすぎる。

そんな休耕田を借り受けて土の香りのいっぱいについた季節の野菜などを作り料理の一品にしてお客様におだししたいと僕だけ真剣に思っている。

何時か渡月亭に農業生産部を新たな部門として誕生させたいと思っている。

渡月亭 大番頭

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
バナー にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

スポンサーサイト

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。