京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】
京都嵐山の料亭旅館『渡月亭』の主人が、不定期に渡月亭はもちろんのこと京都・嵐山の情報を御贈りいたします。京都・嵐山観光やご宿泊、結婚披露宴などのお祝い事や、ご法事などのご会食に最適な料亭旅館 【KYOTO RYOKAN ONSEN】
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大番頭のひとり言 その三十八 名残りのもみじと嵐山
名残りのもみじと嵐山

過日、NHKの番組で嵐山の紅葉は12月上旬まで楽しめると放送されたようです。
名残りのもみじの美しさは格別でどう表現すれば良いのか言葉も浮かばないほどです。

特に社寺の境内で青苔生やした蹲(つくばい)に赤いもみじ葉が舞い落ちる様子は才があるなら一句詠みたいところです。

題名も記憶にない昔読んだ本の一文に京都の紅葉の美しさは平安時代『あの山のあの辺りに黄色が欲しゅうおじゃるな』とか、『あの山裾に赤い色がもっと多い方が美しゅうおじゃる』などと言って樹木を植えさせたとあった。

平安の大宮人達は好んで嵐山を訪れ四季の移ろいを楽しみ和歌を詠んだり数々の物語の舞台にもなった。

昨年(11月30日)京都新聞の一面に『嵐山人気、清水寺に迫る』と大きく報じられていた。
清水寺は21年間トップの座を占めているようです。

嵐山に天然温泉が湧出して4年、今年3年目を迎える『嵐山花灯路』がすっかり定着してきた感がある。
昨年期日中の10日間で70万人を突破したと報じられていました。
※今年は12月12日~21日まで
今年はさらに多いだろうと関係者は話しています。

また地下鉄と嵐電の接続で嵐山へのアクセスが良くなったことも要因のひとつであろう。

歴史とロマンの地で長き年月商いをさせていただけることに深く感謝しております。

渡月亭 大番頭

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
バナー にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

スポンサーサイト

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。