京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】
京都嵐山の料亭旅館『渡月亭』の主人が、不定期に渡月亭はもちろんのこと京都・嵐山の情報を御贈りいたします。京都・嵐山観光やご宿泊、結婚披露宴などのお祝い事や、ご法事などのご会食に最適な料亭旅館 【KYOTO RYOKAN ONSEN】
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大覚寺と茂山狂言のコラボレーション!
何度も何度も、このブログやメールマガジン、雑誌媒体で告知をしさせて頂いておりました『旧嵯峨御所大覚寺夜間特別拝観と茂山千五郎家狂言の夕べ』を先日開催させて頂きました!

3月の平日の夕方からというなんとも難しい設定にもかかわらず、90名ほどのお客さまにお集まり頂くことができました!
ありがとうございます!

弊亭大番頭をはじめ私共は、少し前から会場入りし準備を進めて準備万端でお客さまのお越しをお待ち致しておりました。

大覚寺① 大覚寺②
↑大本山大覚寺。     ↑お客さまはここから入られました。

大覚寺③ 大覚寺④
↑風情ある境内です。   ↑心経前殿にてご法話をお聞き頂きました。

ご法話
↑会場の後ろからご法話の様子をパチリ。
今回は教務部長さまにご法話頂きました。

大覚寺⑤
↑ご法話のあと、お客さまは貸し切りの特別拝観!
その間、この朱塗りの建物からは読経が響いて、とてもいい雰囲気を醸し出しておりました。

会場①
↑お客さまが拝観中の間、我々は最終チェック!
狂言会場の準備も万端です。

会場②
↑特別拝観が終わり、ぞくぞくとお客さまが会場へと入ってこられました!
そして弊亭大番頭が挨拶をさせて頂き、いよいよです!

狂言① 狂言②
↑いつものごとく手ブレ・ピンぼけ写真です・・・
茂山千五郎家『二人大名』開演です!
左側に茂山七五三さん、右側が茂山正邦さんです!

狂言③
↑そして最後に茂山宗彦さんの登場です!(一番左)
狂言好きの方には説明不要ですが、茂山七五三さん・茂山正邦さん・茂山宗彦さんがご出演頂けるとは、本当に豪華な顔ぶれです!!!

狂言④ 狂言⑤
↑ここは見せ場!太刀を振り振り立場が逆転!?

狂言⑥ 狂言⑦
↑クライマックスで会場からは笑いが絶えません!
そして、笑いのうちに閉幕となり弊亭へと向かう予定でしたが、日もとっぷりと暮れ、境内のライトアップの美しさが素晴しかったので、大覚寺さんのご厚意によりお客さまにはもうしばらく夜間拝観を楽しんで頂きました。

この後、弊亭へと移動して頂き、京会席を楽しんで頂きました!

大本山大覚寺の風情と、茂山千五郎家狂言の懐の深さと弊亭の京会席をお楽しみ頂き、京都の夜をご堪能頂けたことと思います!

今回、ご協力頂きました『旧嵯峨御所大覚寺』・『茂山千五郎家』の皆さま、また取り上げて頂きました各メディアの関係者の皆さま、そして各地でお客さまを手配して下さった皆さま、本当にありがとうございました!

皆さまのご協力なくしては、決して行うことが出来ないイベントでした。
手前味噌ではありますが、なかなか良いイベントだと考えております。
来年も少し練り直し催行したいと考えておりますので、次回もご支援賜りたく思っております。
宜しくお願い致します。

最後に、各方面からお集まり頂きましたお客さま!
本当にありがとうございました!
また、次回も文化性のあるイベントをと考えておりますので、機会がありましたら宜しくお願い致します。

狂言の面白さを1人でも多くの人に体験してもらいたく開催をして3年目・・・
4年目も各方面のご協力を得て、催行することができるならもっともっと多くの人に体感してもらいたい若主人でした!

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
バナー にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

お食事処 渡月亭・松風閣 HP

スポンサーサイト

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。