京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】
京都嵐山の料亭旅館『渡月亭』の主人が、不定期に渡月亭はもちろんのこと京都・嵐山の情報を御贈りいたします。京都・嵐山観光やご宿泊、結婚披露宴などのお祝い事や、ご法事などのご会食に最適な料亭旅館 【KYOTO RYOKAN ONSEN】
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時代祭
本日盛大に時代祭が行われました。
時代祭京都の三大祭のひとつで、平安建都1100年(明治28年)に平安神宮が創建され、それを祝う為にはじまったと聞いております。
それが少しずつかたちを変え今のようなものになりました。
お祭は時代時代の衣装を身にまとった人達の行列が京都御所から市内を練り歩き平安神宮へと参りますが、まず、お祭は神饌講社の儀式からお祭は始まります

去年は私も神饌講社の一員として時代祭の行列に加えて頂きました。
神饌講社とは神様にお供えする供物を扱う人のことで、その長である御饌長(ミケチョウ)にはNHKにも出演された「吉兆」のご主人、副御饌長(フクミケチョウ)には天婦羅で有名な「天き」のご主人、そしてその取り巻きである水干の3名は有名なたん熊の嵐山のお店である「嵐山熊彦」のご主人、精進料理を極められている「矢尾治」のご主人と弊亭「渡月亭」の若主人であります私が参列させて頂きました。
履きなれない草履と平安衣裳・烏帽子をかぶり肌寒い京都の町を練り歩きました。
めったに体験できることでは有りませんので感激しておりましたが、去年はうす曇りで肌寒く祭の後は風邪をひいてしまいました。
思えばもう一年が経ってしまいました。
年を経るごとに一年が、一ヶ月が、一日が早く感じる若主人でした。


バナー

スポンサーサイト

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。