京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】
京都嵐山の料亭旅館『渡月亭』の主人が、不定期に渡月亭はもちろんのこと京都・嵐山の情報を御贈りいたします。京都・嵐山観光やご宿泊、結婚披露宴などのお祝い事や、ご法事などのご会食に最適な料亭旅館 【KYOTO RYOKAN ONSEN】
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
待ちわびる・・・
全国的な豪雨は例外なく嵐山にも影を落とし、大堰川は大幅に増水し、普段の川を知っているものには恐怖すら覚えるほどです。

今朝は、驚くほどの晴天ですが、このまま梅雨明けしてくれないかと待ちわびております。

そんな今日の嵐山の様子です。

小橋
↑渡月小橋の上から小倉山を臨んでおります。
いつもと違い濁流です。

突端① 突端②
↑これは渡月亭別館・松風閣がある中ノ島公園の突端です。
切り株などが散乱しておりますが、2日前の夜半にはここも水につかり左から右へ流れが出来ておりました。

突端③ 突端④
↑流れ着いたものは流木だけではなく、橋も流れ着いております。
困ってはるでしょうね・・・。
右の写真は、流木の大きさを解って頂く為に置いたのではありません・・・見つけた時は『えっ!?』ってビックリしました。

突端⑤
↑川の堰には大きな木も引っ掛かっております。

波① 波②
↑渡月橋の方を見ると場所によっては大きなうねりが発生しているところがあります。
普段の川を知っているだけに、こういうのを見るとちょっと怖いです。

鵜飼船① 鵜飼船②
↑増水の為、普段は浮かべてある鵜飼船も岸へ退避させております。
なかなか見れない光景です。

青空
↑空に向って突き上がっている流木以外は美しい光景ですので、普段の澄んだ大堰川を知らない方にとっては『こんなものかな?』って思われるのでしょうか?

梅雨前線が落ち着いたとしても水量が普段通りに戻るにはさらに数日かかるでしょうし、それまでは鵜飼も保津川下りも出来ません。
これらに関わって生計を立ておられる方はもちろんのこと、我々も打撃を受けておりますが、自然が相手のことなのでどうしようもありません。

なにはともあれ、今のところ甚大な被害は出ておりませんので、一日も早く平和な日常を取り戻せるように願っている若主人でした。

↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

お食事処 渡月亭・松風閣 HP

スポンサーサイト

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。