京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】
京都嵐山の料亭旅館『渡月亭』の主人が、不定期に渡月亭はもちろんのこと京都・嵐山の情報を御贈りいたします。京都・嵐山観光やご宿泊、結婚披露宴などのお祝い事や、ご法事などのご会食に最適な料亭旅館 【KYOTO RYOKAN ONSEN】
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
救援物資 フロム 京都
東北関東大震災にて被災されました皆様に、心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り致しております。

私どもも阪神淡路大震災をまじかに体験した者として、他人事とは思えません。

今も記憶に残る神戸の惨状・・・しかし今では10数年前に、あのようなことがあったとは思えないほどの街に復興しているのを肌で感じておりますので、少し時が経てば東北各県も以前よりも災害に強い街として復興することは間違いないと確信をしております!

その復興の前には、今の窮状をどうにかしなくてはということで、この京都からも救援物資が届けられます!
私が加盟している団体ではありませんが、『京都青年会議所(通称・京都JC)』の皆さんの活動のお知らせをさせて頂きます。

今回、広く市民から救援物資を収集し、独自のルートで被災地にご迷惑をかけることなく物資を届けられるそうです。

詳しくは ⇒ コチラ



また、我々の町『嵐山』からも活動を報告させて頂きます。

嵐山には、『嵯峨嵐山おもてなし推進協議会』という集まりがあり、その中の商店が各お店で義援金を募っております。
もちろん弊亭もそのひとつ。

震災後、二日ほどして募金箱を注文しましたが、1週間しても届かず、電話にて確認しますと『停電と材料不足に重ねて注文が殺到しております。もうしばらくお待ちください』とのこと・・・さらに数日待って、今日届きました!

旧募金箱
↑こちら届くまでに待ち切れず設置しました仮設の手作り募金箱です。

届いた募金箱 届いた募金箱アップ
↑こちらは、本日届きました募金箱です!
お客さまの善意が、被災地の一助になることを強く願っております。
もちろん私共も些少ではありますが、寄付させて頂きました。



深く大きな傷跡に悲しみを禁じえませんが、被災地ではない地域においては、経済活動を活発にしていかなければならないと切実に感じております。

もちろん不謹慎との声も覚悟の上での発言ですが、哀悼の意は表しながらも、経済もまわしていかないと日本が沈んでしまうかもしれません。
ただでさえ冷え込んでいた景気に立ち行かなくなる地域や企業も出てくるでしょう(弊亭も例外ではなく・・・)
今は、被災地の分も頑張って、またそうしてしっかりと税を納めて行かないと、次の復興支援策も打てなくなってしまいます。

中止になった東山花灯路をはじめ、数々のイベントが中止に追い込まれており、これはさまざまなことをお考えの上とは思いますが、如何なものかと感じてしまいます。
イベントの内容がそぐわない場合には多少の変更も必要でしょうし、被災地域においての電力の過剰使用などは考えものですが、多くの人が集まるイベントは中止せずに工夫して行い、その中で義援金の声かけなどを積極的にして行くべきだと考えております。

過去においては、オリックス・ブルーウェーブのイチロー選手が中心となって『がんばろう神戸』とのかけ声とともにみんなを勇気付けてくれました。

東北楽天・イーグルスの中からも、次のイチロー選手が出てきて、東北の皆さんを勇気づけてくれることを強く願っております。

希望があれば、どんなに苦しくても悲しくても頑張れます。
希望がないことが何よりもつらいことです。

被災された方々が、少しでも希望を感じられるように、日本人の一人として何ができるのかを考えている若主人でした。


↓ 更新の励みになります!ポチっと ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ

ARASHIYAMA KYOTO RYOKAN
TOGETSUTEI ENGLISH PAGE


渡月亭 モバイルHP

京都嵐山温泉 渡月亭 HP

お食事処 渡月亭・松風閣 HP

若主人の個人的なツイッター

スポンサーサイト

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。