京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】
京都嵐山の料亭旅館『渡月亭』の主人が、不定期に渡月亭はもちろんのこと京都・嵐山の情報を御贈りいたします。京都・嵐山観光やご宿泊、結婚披露宴などのお祝い事や、ご法事などのご会食に最適な料亭旅館 【KYOTO RYOKAN ONSEN】
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都の温泉
今日は京都の温泉について少し・・・
数年前から京都には嵐山温泉をはじめ大原や市内などにも続々と温泉が掘削され、増えてまいりました。

京都新聞の記事によりますと京都の温泉は濃度の濃い薄いはあれど、いずれも塩分を含んでいるとのことです。
その理由は京都には地下に塩分を含んだ岩盤があり、温泉水はその岩盤を通る為、塩泉または微量ながらも塩分を含んだ温泉になるそうです。

弊亭の嵐山温泉は低張性弱アルカリ性温泉ですし飲泉でもありませんので味は確認しておりませんが、記事の内容からしますと塩分が含まれていると思います。
ちなみに弊亭から10キロほどの所にある『仁左衛門の湯』さんの泉質はまさしく記事の通り、ナトリウム炭酸水素塩泉です。

京都新聞の記事では塩泉は湯冷めしにくい特性があるそうで、底冷えする京都の冬には最適とありました。

年明けからは冷え込みも厳しくなり、温泉が恋しくなる時期になってまいりました。

昔は温泉に興味などなかったのに、年と共に気になりだした若主人改め・・・若年寄!?でした。

↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
渡月亭HP
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。