京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】
京都嵐山の料亭旅館『渡月亭』の主人が、不定期に渡月亭はもちろんのこと京都・嵐山の情報を御贈りいたします。京都・嵐山観光やご宿泊、結婚披露宴などのお祝い事や、ご法事などのご会食に最適な料亭旅館 【KYOTO RYOKAN ONSEN】
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
食育
私が所属させていただいております『日本料理アカデミー』の事業の中に『食育』事業がございます。
昨日は私の母校でもある『嵐山東小学校』に食育の授業に協力させていただけるということで伺いました。
私自身は技術・経験・知識において、まだまだ未熟ですので、子供たちに何が伝えられるだろうと、内心心配しておりましたが、今回は日本料理アカデミーの頼りになる大先輩お二人【万亀楼のご主人・嵐山熊彦のご主人】の補佐ということでしたので、緊張しながらも大船に乗ったつもりで伺いました。
午前の授業は11時からということでしたので10時前に伺い準備に取り掛かりました。下準備は授業を仕切っていただく万亀楼のご主人がしていただき、お店から材料などを持ってきていただきましたので、準備といっても児童が座るテーブルに物を並べたりするだけでした。
あとは戦闘開始!?(授業開始)を待つのみ・・・。
授業の内容はといいますと・・・今回は『みそ汁』がテーマになっておりまして児童は事前学習で『みそ汁』について調べてきており、担当の先生がそれをまとめておられ、その内容と日本料理アカデミーの講師の話と実習でした。

私は昨年も食育事業に関わらせて頂いておりましたので、他の小学校にも伺わせていただいておりましたが、今回は5年生が対象ということで今までの最年長クラスでしたので児童の反応が気になりましたが、いざ始まってみると年齢は関係なく他の小学校の児童達と同じように興味を持って授業を受けてくれていたのでホッとしました。
また、この日の食育の授業は公開授業でしたので他校の先生方などもお越しになり大変にぎやかな授業風景でした。

その後お昼に給食を頂き、たいへん懐かしく感じいっていると校長先生がお見えになり、校長室でいろいろとお話をさせていただきました。
そうこうするうちに、午後の授業の時間が迫ってきましたので、急いで教室に戻り準備を整えました。
午後の授業も盛況のうちにおわりを向かえ、後片付けの時には少しグッタリしました。
当日は本当に良いお天気で春のような日差しに給食を頂いた後は少し眠気が襲ってくるほどでした。
食育の授業で小学校に伺うたびに感じるのですが、先生方の指導の賜物でしょうが、児童がみんな元気良くあいさつをかえしてくれるのでこちらも元気になり、本当に楽しい時間を過ごさせていただきました。

最後に少しお坊さんの話のようになってしまいますが、僕は子供たちに『いただきます』という言葉の意味を知ってほしいと思っています。
この『いただきます』という言葉には食材から命を頂くという意味があると聞いております。私たちが毎日健康でいられるのは動物や植物から命を頂いているから、ということ。またこれを理解し『食べ物を粗末に扱わない』→『食べ物を大切にする=命を大切にする』と考えるようになってくれないかと願っております。
昨今学校におきましてもいろいろな問題が起こっておりますが、根本にこのような信念があれば解決に向かう糸口が発見できるのではないかと期待をしております。

力不足ながら少しでも地域に貢献できればと考えている若主人でした。

↓ 更新の励みになります! ↓
バナー
渡月亭HP
スポンサーサイト

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
昨年、食育基本法が制定されたこともあり、小学校の先生方と話し合いながら試行錯誤を繰り返しております。

ここまで来るまでも仕事終わりに21:00から集まって話をしていたことなどが徐々に形になり始めていることを、とてもうれしく感じています。

※私自身は本文でも書きました通り、未熟者ですが、週3日市場に行き調理場に入ることを目標としています。昨年末からは事務仕事に追いかけられ、ここ数ヶ月包丁を握っておりませんが落ち着き次第また勉強したく思っております。
2007/02/03 (土) 09:42:41 | URL | 渡月亭 若主人 #9/yqn3T.[ 編集]
日本の将来に関わると言ってもよい、とても大切な問題です。
新門荘さんのおっしゃるように、我々旅館・ホテルも一つ責任を負っていると思います。
昨年の献立講習会では、成り行きで私が食育を説明する文章を制作しました。その際多少調べた程度ですが、事の重大さを感じました。

食育は日本の大切な文化を伝えると言うことが集約されているように感じます。

京都での修学旅行ではまだまだ寺社仏閣の見学がメインかと思いますが、体験型の学習も増えており、今後食育の面からのニーズも増えてくるのではないでしょうか?京都は料理の文化も高いレベルにあるはずで、果たすべき役割は大きいと思います。

ところで若主人は調理もされているんですか?
2007/02/01 (木) 14:54:52 | URL | こうろ #/KLTfG6.[ 編集]
食育。
学校はもっと力を入れてほしい。
そして、手間えども修学旅行を受け入れる旅館にとっても、一つの課題であります。

出来合いのものばかり食べている今の子供さんに本当の食の美味しさを堪能してほしい。ごはんに味噌汁の朝食よりもマクドナルドの朝食を出すほうが人気であるとの話も聞きました。

また、「いただきます」を言いましょうと先生が指導するとそんな事を強要するなと烈火のごとく怒る保護者が世の中にはいるようです。本当に情けない。

若主人が仰るように「感謝の心」をもっと持ってもらうためにも当たり前の「食」にあらゆる角度から攻めていくべきですね。
2007/01/31 (水) 22:39:32 | URL | 新門荘 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
食育食育(しょくいく)とは、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることである。食育基本法においては、生きるための基本的な知識であり、知識の教育、道徳教育、体育教育の基礎となるべきも
2007/02/07(水) 21:43:26 | 知ってる?
copyright © 2005 京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。