京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】
京都嵐山の料亭旅館『渡月亭』の主人が、不定期に渡月亭はもちろんのこと京都・嵐山の情報を御贈りいたします。京都・嵐山観光やご宿泊、結婚披露宴などのお祝い事や、ご法事などのご会食に最適な料亭旅館 【KYOTO RYOKAN ONSEN】
大番頭のひとり言 その九十五 お陰さまで再開できました。
お陰さまで再開できました。

台風18号の水害で三つの建物のなかで一番大きな被害を受けた別館『松風閣』が本日再開しました。

床上まで浸水した為、全面的な修復工事が必要となり、工期も1ヶ月半と長くかかってしまいました。

これで宿泊の館『碧川閣』『秀山閣』とすべての建物が通常通りの営業をすることができるようになりました。

見晴らしの良い『松風閣』の人気は高く早期の再開を望まれる方々が多くほっとしています。

今日の日に営業再開できるよう毎日遅くまでお仕事をして下さった工事関係者の皆さんに心から感謝しています。



過日、70歳の誕生日を迎えました。
会社から『Kindle』をプレゼントしてもらいました。
僕が本が好きなのとボケ防止の為に選んでくれたのでしょうね。
まだ使い方が分からないのですが、これから頑張って覚えます。

渡月亭 大番頭

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

大番頭のひとり言 その九十四 渡月亭は元気です
渡月亭は元気です!

皆々様にご心配とご不便をお掛け致しておりますが、渡月亭の『碧川閣』と『秀山閣』は今月10日に営業を再開できることとなりました。

ご存知の通り台風18号のもたらした被害は大きく、営業をするにあたっての不可欠な機械類が全滅するという事態となりましたが、皆様の励ましの言葉に支えられながらボランティアの方々や従業員が一丸となって再開の準備をすすめておりましたが、設備業者さんの協力のお陰もあってやっと再開の日を迎えることができ感謝の気持でいっぱいです。

中ノ島公園内にある食事処『松風閣』は11月1日の再開に向け準備を進めており、何とか秋の風情を楽しんで頂けるように頑張っております。

予想もしない台風の襲来でしたがあの状況の中でご宿泊のお客さまを全員無事に避難誘導できたことと、従業員も皆無事であったことが何よりありがたいとことでした。

多くの方々の温かいお気持ちにこの場を借りて暑く御礼申し上げます。

渡月亭 大番頭

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

大番頭のひとり言 その九十三 秋風に赤とんぼ舞う
秋風に赤とんぼ舞う

川辺のすすきと庭先の萩が名月を背に小さな秋を語り合っているような今日この頃の嵐山です。

嵐山・嵯峨野の地は月が良く似合うと言った人がいる。
大堰川を渡る月、竹林越しに見る月や大覚寺の大沢の池に映る月。
遠く平安の大宮人達もまんまるに輝いている月を見上げ詩歌を詠み風雅を楽しんだのだろうか。
月の美しさに出会うと気持がほんのりほころぶ気がします。
2013.9.1『月』



スマホにしてから1ヶ月程になります。
少しづつ慣れて便利さや楽しさが分かり始めてきました。
過日もプランターで育てた激辛唐辛子が赤い実をたくさんつけているし、葉も青々としているのでレシピをスマホで調べてみました。
葉は豚肉かベーコンと一緒に油で炒めると美味しい。
唐辛子の実はスパイス作り方や辛味噌の作り方などを知ることができました。
早速、葉と豚肉の油炒めを家内に作ってもらいました。
少し苦味があって美味しかったです。
まだ、使いこなすには時間がかかりそうですがスマホに夢中になりそうな自分に驚いています。

渡月亭 大番頭

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

大番頭のひとり言 その九十二
朝夕に涼しさを覚える頃

祇園祭が終わってこの月16日は『大文字五山送り火』と嵐山の『万灯流し』が行われます。
ふたたび冥府にかえる精霊を送る行事です。
送り火は渡月橋付近からは『鳥居形』と遠くに『大』の字を見ることが出来ます。
万灯流しは渡月橋から下流へ流されます。

京の夏の行事が終わる頃から風に揺れる葉音や虫の声が小さな秋の訪れを知らせてくれます。



先月の下旬の日曜日、長男夫婦に誘われ滋賀県の竜王町にある『アグリパーク竜王』に行ってきました。
暑かったけどバーベキューはとても美味しかったです。
また、地元でとれた野菜は新鮮で安かったのでたくさん買って帰りました。



一昨年までたくさん実をつけるレモンの木が枯れてしまったので昨年また小さな苗木を植えました。
今年の春、たくさんの花が咲きましたが、実をつけるとは思いませんでした。
それが何と実が2個ついているのを過日発見。
このまま育ってくれればと毎日楽しみに見ています。



小生も遅蒔きながら『スマホ』にしました。
家内に毎日使い方を教わっていますが苦戦しています。
でもとてもおもしろく楽しいです。

渡月亭 大番頭

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

大番頭のひとり言 その九十一 暑中お見舞申し上げます
暑中お見舞申し上げます


嵐山の鵜飼が今日からはじまります。

時の流れが昼から夜へと移ろうころ、ひぐらしの『カナカナ』と鳴く声が涼風にのって聞こえてくる。
鵜舟の篝火は川面を赤く染め船頭の舟べりをたたく櫂の音が嵐峡にこだまする。
鵜匠の巧みな手綱さばきで鵜が操られ水中で魚を捕らえる妙技に見惚れてしまう。
平安の大宮人達も夏の風物詩を楽しみ喝采したことでありましょう。


新入社員の接客係さん達は3ヶ月の研修期間を終えて、今日から独り立ちしてお客様の接客にあたります。
まだ充分ではありませんが今まで先輩のうしろについて学んだことを真心こめて一生懸命に熱心に『おもてなし』すればきっとお客様にご満足して頂けると思っております。


先月、予定通り新潟県の長岡まで往復1200キロの一人旅に行ってきました。
さすがに疲れました。
北陸自動車道は比較的交通量が少なく前方に一台の車両も見えず、後方にも一台も見えない時が何度となくありました。
そんな時は嬉しくなって思わずアクセルを踏み込んでしまいました。
ただ、富山県から新潟県へ差し掛かる辺りで長短含め26本のトンネルがあり走りづらかったです。
帰りは休憩が多くなり京都まで8時間程かかりました。
道中、無事であったことに感謝。

渡月亭 大番頭

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

copyright © 2005 京都嵐山温泉 渡月亭 公式ブログ 【RYOKAN】 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.